通院のしやすさ

東船橋駅から徒歩30秒、駐車場完備のアクセスの良さ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南口を降りてすぐ、駅前ロータリーに面した位置にありますので、遠方からでも迷わずご来院いただけるかと思います。

また、敷地内に最大5台止められる駐車場があり、お車でのご来院も便利です。

無痛治療を心がけています

治療中の痛みが怖くて歯医者さんに行かれないという方がいらっしゃいます。確かに治療中の痛みは誰でもいやなものですね。

当院では患者さんへ苦痛を与えない工夫を凝らし、なるべく嫌な思いをされないように気を付けて治療しています。

表面麻酔~麻酔前の麻酔で注射時の痛みを取り除く

麻酔時の痛みを和らげるために、麻酔前には表面麻酔を行います。

まず局所麻酔を行う皮膚や粘膜の表面に表面麻酔をし、しばらく置いたあと、麻酔注射を打ちます。表面麻酔を施すと神経の感覚がマヒしますので、針を刺したときのチクっとした痛みがほとんどなくなります。

電動麻酔器を使った痛みのない麻酔

麻酔注射をするときに痛みが生じるのは、麻酔液を注入するときの速度と針の太さが関係しています。

手動の麻酔注射器は、細い針を使うと麻酔液を注入したときに歯肉に圧力がかかるため、太い針を使っています。そのため歯肉に刺したとき、チクっとした痛みが伴うのです。

痛みを軽減するには注入する速度を一定にし、ゆっくり麻酔液を注入させます。しかし手動ではコントロールが難しいため、痛みや不快感を与えてしまうのです。

当院では必要に応じて電動麻酔器を使用しますので、麻酔注射時の痛みはほとんどありません。もちろん麻酔が完全に効いた状態で治療をしますので、治療時の痛みもありません。

笑気吸入鎮静法(笑気麻酔)

抜歯やインプラントなどの外科手術を行う際は、術前に緊張を和らげ、リラックスした状態になっていただくため笑気麻酔を使用します。

笑気とは麻酔ガスの一種です。酸素と混合し、低濃度で使用するため全身麻酔のように意識を失うことがなく、吸入を停止すればすぐに鎮静状態から回復するため、非常に安全です。

吸入してしばらくすると、まどろんでいるようなフワフワとした気分になります。このリラックスした状態で治療を始めることで、患者さんを不安や恐怖といった精神的なストレスから守ることができます。

ただし、恐怖心があまりに強く治療に協力的でないような場合にはこの精神鎮静法は効果が期待できないため、泣いたり暴れたりして治療を拒むようなお子さんに使用することはできません。