入れ歯

シッカリ噛める・外れにくい入れ歯をつくる

シッカリ噛める・外れにくい入れ歯をつくる

失った歯の機能を補う方法の一つに入れ歯があります。残っている歯に負担をかけることがなく、手術などを伴わないことから、入れ歯を第一選択肢にする方も多いことでしょう。

しかし固定させるために金属バネを使ったり、装着するとズレてしまったり、あるいは痛みが出たりと、目立ってしまったりと、何かと不便を感じている人がいることも事実です。

当院では目立たないタイプの入れ歯から、しっかり噛める入れ歯など、患者さまの要望に合わせた入れ歯をお作りしています。

このページでは、当院の入れ歯についてご説明します。

ノンクラスプデンチャー/ 目立たない義歯
生体シリコン義歯/ 痛くない入れ歯
マグネットデンチャー/ 噛める入れ歯
コーヌスクローネ義歯/自然な装着感が自慢の入れ歯

 

ノンクラスプデンチャー/ 目立たない義歯

従来の入れ歯は金属バネを歯にひっかけて固定していました。安定性が高い反面、金属が目立ち、審美性に欠けるため患者さまの中には見た目を気にされ、敬遠する方もいらっしゃいました。

この問題を解決したのがノンクラスプデンチャーです。金属バネを使っていないため、違和感が少なく、審美性にも優れています。軽くて弾力性があり、ソフトな装着感で違和感がありません。さらに匂いや汚れがつきにくく、お手入れも簡単です。

なお、金属を使用していませんので、金属アレルギーがある方でも安心して使用できます。
「痛い、噛めない、外れやすい」などの悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください。
 

生体シリコン義歯/ 痛くない入れ歯

生体シリコン義歯

入れ歯を入れると痛くて嫌という方もいらっしゃると思います。そんな患者さまのために、当院では痛くない入れ歯をお勧めしています。

この入れ歯は歯肉裏(入れ歯の裏面)を生体シリコンで覆ったソフトな入れ歯で、軟らかな素材を使っています。あごにぴったりとフィットし、物を食べたときの痛みや、ぎゅっと噛みしめたときの歯肉への負担がありません。

耐久性に優れ、お手入れも簡単ですので、どなたでも安心してお使いいただけます。
 

マグネットデンチャー/ 噛める入れ歯

入れ歯を作る時、噛み心地を重視する方が増えています。そんな方にオススメするのがマグネットデンチャーで、最新の高度歯科医療として、注目を集めています。

これはマグネットを使った入れ歯で、歯根が残っている歯に金属のアタッチメントを入れ、入れ歯を固定させるもの。小型磁石とはいえその吸着力は強く、歯ぐきにピッタリと密着し、ガタツキのない安定感が得られます。

しかも取り付けおよび取外しが容易にでき、お手入れも簡単。さらにも審美性に優れているので見た目が気になりません。
 

コーヌスクローネ義歯/自然な装着感が自慢の入れ歯

欧米で最も安全で信頼性の高いといわれる入れ歯に『コーヌスクローネ義歯』があります。バネを一切使っていないので、自然な装着感と噛み心地があり、痛みなどもありません。

この入れ歯はバネをかける歯に土台(クラウン)を入れ、その上から義歯を入れます。義歯には土台に被せる冠がついていますので、茶筒のようにフィットします。

従来のようなガタツキがなく安定していますので、物を食べたときの痛みや喋りづらいといったこともありません。取外しができ、お手入れも簡単ですので、どなたでもお使いいただけます。