作成者別アーカイブ: viva-dc.com

歯医者さんにもお薬手帳持ってきましょう

 

こんにちは、歯科助手の神明です。

この時期は空気も乾燥して風邪やインフルエンザが流行ってくる季節ですね。

風邪、予防、持病などでお薬を飲む方も多いと思います。服用しているお薬があるなら歯医者にもお薬手帳をお持ちください!

 

歯科の治療に薬の確認は必要なのかと思う方もいらっしゃるかと思いますがこれらの情報は患者さんの治療を安全に行う為に必要な確認事項なのです。特に抜歯やインプラント手術では血液をサラサラにする抗凝固薬《 ワーファリン等 》や骨粗鬆症の薬《 ビスフォスフォネート系製剤 》は注意が必要です。

 

抗凝固薬は血が止まらなくなってしまったり飲み合わせので注意の必要があり、骨粗鬆症の薬を使用経験のある方が抜歯などの顎骨に刺激が加わる治療を受けると顎骨壊死が発生する場合があることがあるなど、服用している薬によってはリスクを伴う場合があります。

 

服用しているお薬、病気、アレルギーのある方は事前にご報告頂ければ安心して治療ができますのでご協力をお願い致します。

 

 

 

◇◆ ビバ歯科・矯正小児歯科 ◆◇

〒273-0002
千葉県船橋市東船橋1-37-10

TEL/FAX 047-421-0118

当院ホームページ ⇒ http://www.viva-dc.com/

Xmas仕様になりました!

こんにちは!歯科助手の神明です。

寒さも本格的になってきましたね!当院ももうすぐくるクリスマスに向けて飾りつけをしまして、

Xmas仕様になりました(*^_^*)

医院に来院された際は他にもいろんな飾りつけをしてますので良かったら拝見してみて下さい♪

 

 

 

歯ぎしり・食いしばりの影響

こんにちは、歯科助手の神明です!

歯ぎしり、食いしばりについて掲載されていたのでブログにて紹介させて頂きます!

 

 

 

 

 

虫歯や予防に関心を持っている方は多くても、歯ぎしり関心をもっている方は少なく感じます。自分では気付かない方が多いのでそれも影響しているのかもしれませんね。

歯ぎしりをすると歯が擦り減ってしまい知覚過敏歯が欠けてしまう、詰め物が取れてしまうなどの症状がでてしまったり、あまり酷いと顎関節症になってしまったりします。

無意識に行っている歯ぎしりや食いしばりを予防する方法はマウスピースを使用して頂くことです。マウスピースをつける事によって自身の歯の代わりにマウスピースが変わりに削れてくれるという装置になっています。

 

家族からの指摘で気付いた方やもしくはご心配な方は一度歯医者さんにご相談頂いてみてはどうですか?

 

【画像出典:讀賣新聞 一部引用】

12月の診療日案内

  • 21日(木)の午前中、院内セミナーを実施するため休診となります。
  • 23日(土)は祝日で休診となるため、20日(水)に振替診療致します。
  • 28日(木)の午後から2018年1月4日(木)まで年末年始休診となります。

かわいいお菓子もらいました!

 

こんにちは!歯科衛生士の増田です。

昨日、患者さんからかわいいお菓子をもらいました!!

 

定期的にビバに通ってくれている女の子が

スタッフ全員にお菓子をくれました(^^♪(院長にも緊張しながら渡していました!)

もうすぐハロウィンなので、持ってきてくれたみたいです。

 

とても明るく元気な女の子なので、その子に会うと私も元気になれます(^▽^)/

 

 

ビバ歯科でもむし歯予防効果のある

チョコレートやグミの販売をしています。

ハロウィンパーティーにいかがでしょうか?