作成者別アーカイブ: viva-dc.com

歯周病と糖尿病はなかよし

2ヶ月前にもビバ歯科ブログで「歯周病と糖尿病の密接な関係」というタイトルで

読売新聞の記事を紹介させていただきましたが、ここ数年の間に歯周病と糖尿病が

相互に影響しあう関係性だとわかってきました。

ここ最近ではテレビの健康番組などでも取り上げられる機会が増えてきましたので

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

糖尿病患者は平成26年度で316万6000人(厚生労働省・平成26年患者調査の概況より)

いると言われています。

糖尿病と診断されてない方でも血糖が高めの、いわゆる「糖尿病予備軍」にあたる方も

含めると1000万人(平成28年度国民健康・栄養調査より)の方が該当しています。

予備軍ならまだ大丈夫!ではなく、糖尿病予備軍の段階では症状が出ないので

気づきにくいだけで、多くの方が自覚のないままゆっくり時間をかけて糖尿病へ

移行していきます。

 

歯周病は糖尿病の第6番目の合併症

そして糖尿病の合併症といえば、代表的なのが「網膜症」「腎症」「神経障害」が

三大合併症といわれています。これらのほかにも「心筋梗塞」「脳梗塞」、

そしてなんと6番目の合併症として「歯周病」が認められています。

 

そこでビバ歯科では歯周病の治療と定期的な健診やケアを行うことで、

歯周病の改善はもとより血糖コントロールの改善を目指していきたいと考えています。

糖尿病の患者さんは血糖値を下げるお薬を飲んでいる場合も多く、お薬によってお口の中の

唾液量が減ってしまうことも。唾液量の低下はもちろん歯周病にも悪影響を及ぼします。

口腔内の乾燥が気になる等のお悩みを歯科衛生士にも共有していただき、

一緒に歯周病を改善していきましょう!

そして毎日行っている歯みがきも自分のクセが出やすいもの。

今さら歯みがきのやり方まで…?と思わずに、正しい磨き方やコツを聞いてみてくださいね。

 

何度も書きますが、歯周病が改善すれば相互に影響しあっている糖尿病も改善が期待できます。

それにはまずは治療を行うこと。そして継続的な口腔ケアがとても大切です。

疑問点や不明な点がありましたら診察の時に気軽に聞いてくださいね。

歯周病も糖尿病も改善するべく、一緒に頑張りましょう!

がん治療中の患者さんの口内炎の痛みを和らげる口腔保護剤が保険適用に!

がん治療中で口内炎にお悩みの患者さんに朗報です!

がん治療の化学療法や放射線療法にともなう口内炎で生じる口腔内の痛みの緩和に用いる

エピシル口腔用液(医療機器)をビバ歯科でも取り扱うことになりました。保険適用です。

 

エピシル口腔用液

エピシル口腔用液

 

抗がん剤治療や放射線治療などを受けている患者さんの中には口腔内の自浄作用の低下による

口腔粘膜の変化、また、白血球減少による免疫力低下などにより口内炎の違和感や痛みに

悩まれている方が多くいらしゃいます。

そのようながん治療時に発症する口内炎の保護剤が健康保険でも処方できるようになりました。

なお、調剤薬局では保険算定できませんのでご注意ください。

 

■エピシル口腔用液の特徴■

(1)化学療法や放射線療法に伴う口内炎で生じる口腔内疼痛の管理及び緩和を物理的作用により行う口腔粘膜保護材

(2)口腔内の水分を吸収してゲル状の保護膜を形成し、化学療法や放射線療法による口内炎の痛みを軽減

(3)適用5分後から効果を発揮し、8時間効果が持続

(4)薬理作用を示す成分を含まない創傷被覆・保護材に区分される製品

(5)持ち運び可能な携帯型

(6)本品の使用による有害事象:嘔吐、悪心、適用部位不快感など

 

その他の詳細情報はエピシル口腔用液のWebサイトからご確認ください。

 

 

化学療法による口内炎に悩まれている方は、千葉県がん診療連携登録歯科医の

ビバ歯科までご相談くださいね。

 

 

ひがふなフェスタ2018中止を受けまして

9/30(日)に開催を予定しておりました「ひがふなフェスタ」は

台風24号の影響により中止となりました。

 

運営事務局のスタッフさんたちもギリギリまで検討を重ねてくださいましたが、

自然が相手のことですから…なかなか判断がむずかしいなと痛感しました。

楽しみにしてくれていた地元の皆さんにはガッカリさせてしまいました。

そして準備を重ねていた出品者の地元の皆さんも、もちろん私たち

ビバ歯科スタッフも残念な気持ちでいっぱいです。

 

ひがふなフェスタは来年以降も継続して開催されますので、

よろしくお願いいたします。来年はお天気に恵まれますように!

素敵な演奏にうっとり・楽しいダンスにワクワク♪

皆さんこんにちは!歯科衛生士の田畑(堤)です。

先日9月14日に患者様のお姉さまが代表をされている「多摩アフリカセンター(NGO)」主催の

「アフリカを知るー音楽の交流と支援の輪 第16回チャリティーコンサート」に

院長先生の代理として(院長先生がその日インプラント学会で残念ながら参加できなかったので)

出席させていただきました。

私はクラシック音楽の生演奏を聴くことが初めてだったのでとても楽しみにしていました。

 

どうしよ~何着ていこう?一人だし席は空いてるかな、と前日から緊張していたのですが、

当日は会場に入ると患者さんがこっちこっち~と隣の席に案内してくれたので

とても安心して聴くことができました☆彡

 

初めに歌手の「カズン」の漆戸 啓さんのご挨拶がありました。

ウガンダ共和国の親善大使をされているということでとてもビックリしました!

最近はボランティアや支援が広がってきてはいるけれど、まだまだアフリカや

様々な国では勉強したくても貧しさから学校に通えない子供たちが沢山いるそうです。

このチャリティーコンサートの収益金はそのような貧しい子供たちを救うために

使われているとの事でした。

 

プログラムは一部がピアノやバイオリン・マリンバ等のクラシック中心の演奏で

二部がアフリカバンドでダンス音楽等のノリノリな演奏でした。

クラシック音楽の演奏はとても素晴らしくて曲に引き込まれる感覚を初めて体験しました!

お休みの日にまた行きたいなと思いました☆

アフリカバンドはガラッと雰囲気が180度変わってノリノリの踊りだしたくなるような

陽気な感じでした!踊っている方もたくさんいて「いいな~楽しそうだな~」と

思ったのですが照れが勝って踊れずでした。

次回は踊れるかな・・・

 

とってもとっても貴重で楽しく素敵な経験ができました♪

また来年もぜひチャリティーコンサートに参加させていただきたいなと思いました☆彡

 

ありがとうございました!!

今年もひがふなフェスタに参加します!

今年で4回目となる「ひがふなフェスタ」が9月30日(日)に開催されます。

 

ビバ歯科もひがふなSHOW店街(東船橋駅周辺の店舗が集まった商店会です)の一員として、

そして協賛企業として今年もブース出展をさせていただきます!

ビバ歯科ブースでは今年も歯科医院ならではの企画でお待ちしておりますので気軽にお越しくださいね。

 

今年のイベントメニューは…

 

  • キシリトール入りわたあめ
  • ヨーヨー釣り(1回100円)
  • スーパーボールすくい(1回100円)
  • 無料口臭測定
  • 院長先生によるお口の健康相談

 

などの項目を予定しています♪

 

医院の目の前の駐車場が私たちのブースとなります。

院長先生をはじめ、スタッフ全員でお待ちしております!

※当日は日曜日のため医院自体は休診日となります。

ビバ歯科ブース

昨年度のひがふなフェスタ ビバ歯科ブースより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は東船橋南口周辺が歩行者天国になりますので、小さいお子様連れでも安心して

お楽しみいただけると思います。2ヶ所ある特設ステージでのライブパフォーマンスへの参加や

たくさんの出店ブースをまわって出店グルメを堪能してみてはいかがでしょうか。

 

私たちビバ歯科も地域のみなさまと交流できる貴重な機会をとても楽しみしています!

当日は気軽にお声掛けくださいね。どうぞよろしくお願いいたします!

 

★第四回ひがふなフェスタ2018開催概要★
開催日時 平成30年9月30日(日) 午前10時~午後4時迄
開催場所 JR東船橋駅南口ロータリー

出店ブースやイベントのタイムスケジュールなどにつきましては、

ひがふなフェスタオフィシャルサイトでご確認ください。

 

院長休診のお知らせ

9/14(金)~9/15(土)は日本口腔インプラント学会学術大会へ出席のため

院長の診療は休診とさせていただきます。

なお、歯周病ケアおよび予防処置の診療につきましては通常通り診療いたします。

 

大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

歯周病と糖尿病の密接な関係

7月6日の読売新聞に歯周病と糖尿病の関係について、気になる記事が掲載されていました。

新聞記事

2018.7.6 読売新聞 医療ルネサンス 歯周病治し糖尿病改善

記事を引用しますと、

『歯ぐきで起きた炎症から有害物質が血管内に放出され、ブドウ糖を分解するインスリンの

機能を妨害するのではないか、と考えられている。日本糖尿病学会や日本歯周病学会の

治療指針でも糖尿病患者への歯周病治療の推奨が盛り込まれている。』

と書かれており、歯周病菌がさまざまな病気の要因と密接に関係していると

着目され始めています。やはり口腔環境を整えることは健康への第一歩!なんですね。