インビザライン導入コース

スタッフの石橋です。logo_color_cmyk_large
前回はランパの勉強に行ってきましたが、今度は衛生士の嶺井さんと一緒に透明マウスピース矯正「インビザライン」の公式な導入セミナー(初心者向け)に行ってきました!

もうすでに当院ではインビザラインを取り扱ってますし、何症セミナー資料例も実際に確認してますので初心者とも言えない状態でしたが・・・ 復習、再確認ということで勉強してきました。

セミナーでは基本的な治療の流れやアライナー(マウスピース)がアメリカのどんな施設で作られているのかなどの説明がありました。
インビザラインで1000件以上の症例をもつ銀座の松岡先生による講演だったのですが、先生がこういう場合はこうすると良い!などちょっとしたコツも交えてお話しして下さるので、気を抜くことができず(笑)

インビザラインは世界的に知られる歯列矯正システムですが、まだまだ日本での認知は甘いのではないかと思います。
インビザラインは多くの症例をもとに日々進化していて、例えば最近ですと2013年にアライナーの素材が一新され、より歯にフィットし、コントロールも向上させた「SmartTrack」が導入されていますし、過蓋咬合(噛み合わせが深い・上の前歯で下の前歯が隠れてしまう)用にアライナー機能を追加できるシステムなども開発されました。
それによって対応できる症例は増え、「マウスピース矯正は簡単な矯正しかできない」といった考えはもう古いと言えます。

近いうちに、私もインビザラインで矯正をしようと考えています。流れをお伝えし、実際に歯がどう変化するのかサイトやブログで公開する予定ですので、歯並び矯正に興味をお持ちの方は必見です。

しかも私の歯並びは出っ歯で過蓋咬合で歯が重なって生えていて・・・となかなか難易度の高そうな状態です。正直、人にお見せするのはかなり躊躇われます(笑)

でも同じように歯並びで悩んで調べている人も居るでしょうし、せっかく矯正をするならそういう人たちに向けて情報発信していきたいなと思いました。
参考にしていただけるようなコンテンツになるよう、頑張ります!!AlignerPair

当院のインビザラインについてはこちら