ランパセット2回目

スタッフの石橋です。
日曜日に、院長と一緒に吉祥寺にあるランパ専門のクリニックへ見学に行きました。

今までも数回見学させていただいているのですが、その日は当院でランパ・バイオブロック療法を受けている患者さんのランパ装置セット2回目でした。
見学といっても当院の患者さんですので、院長が診ます。ランパ・バイオブロック療法の開発者である先生からアドバイスをいただきながら、装置をセットしました。

※ランパ2回目って??
ランパ・バイオブロック療法では、患者さんによって様々な装置を使いながら治療します。
メインとなる装置が「ランパ装置」で、期間をあけて2,3回以上使用することになります。
ランパ装置をお休みしている間も、他の矯正装置を使用しながら治療は続きます。

ランパって大変?

この患者さんは、これから2、3か月ほど1日12時間以上を目標にヘッドギアの装着をすることになります。2回目ですのでご本人も保護者の方もだいぶ慣れているように見えました。
ですが装置を付けて生活することが大変なことには変わりありません・・・
患者さんの中にはランパ装置を付けている間もけろっとしている子もいるのですが、繊細なお子さんはセットしたばかりで慣れないうちはお食事しづらかったり眠りにくかったりするようです。

そういう子は続けられるかな、歯医者が嫌にならないかなとものすごく心配になって励ますように声をかけるのですが、今のところみんな順調に進んでいて、元気に通院してくれています!
心配しすぎだったかな?と少しほっとしました。

吉祥寺へ見学に行くと毎回同じように見学に来ているドクターが数名いますが、
そんなドクターたちとお話しすると、やはり保護者の方の治療への理解・本人の矯正への意欲に関して悩まれることは多いようです。

こればっかりはどんな治療でも起こる問題だと思いますので、同じ悩みをもつドクター、保護者様たちのご意見を聞き、工夫しながらやっていきたいと思います。

今回ランパ2回目に入った患者さんはすごく頑張って治療に臨んでくれているので非常に順調で、このランパが終わったらもうかなり良くなっているだろうと先生から太鼓判をいただきました!
みんなで頑張って、はやく良くなろうね!