床矯正のセミナーに行ってきました!

こんにちは!歯科衛生士の嶺井と稲井です。

7月26日、私たちは飯田橋で行われた可搬式床矯正のセミナーを受講しました。

セミナーでは数多くの症例が紹介されていて、とても勉強になりました。

矯正装置を用いて歯並びを治すだけでなく、きちんと噛むトレーニングをして顎を発育させること、悪習癖(口ぽかん、指しゃぶり、頬づえ etc…)を直すことがとても大切だということを学びました。

また、矯正治療は年齢が最も大切な診断の項目になるのです!糸切り歯(前から3番目)が生えてしまっては遅いスタートになります。(個人差がありますが、9~10歳頃です。)

何事も早期発見、早期治療ですね♪

午後はブラケットをつける練習もしましたよ(^u^)

ブラケット

噛むことによって顔貌が大きく変化している症例もあり、歯だけでなく顎顔面を育成するのが私たちの仕事なんだなと思いました。

検診ではむし歯の有無はもちろん、噛み合わせの問題等もしっかり確認していこうと思います!!