立春とは・・・

こんにちは!スタッフの石橋です。
最近は雪の予報が出るほど冷え込んできましたね。体調管理・路面凍結による事故など十分お気をつけください!
ビバ歯科でもインフルエンザや風邪によるキャンセルが目立っています(>_<;)

「暦の上では春なのに最近寒すぎる!」なんて思いませんか?
私は昔から「立春は過ぎているのに今って全然春じゃないな~」と思っていました。

・・・結局立春ってなんなの?ということで軽く調べてみました。節分イメージ写真

立春は、冬至と春分の間の2月4日頃に当たります。また、この日から雨水(2月19日頃)までの期間を立春と呼ぶこともあります。立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。
(日本文化いろは事典/立春 から引用)

やっぱり春になる時期を示す日・期間を立春と呼ぶようなのですが、2月中は到底寒さがあけているようには思えません・・・

そもそも立春は大寒にも近く、結局のところ立春の時期はかなり寒いのです。

これから暖かくなるから春の初めだとされているだけで、立春なのにまだ寒い!という私の不満はお門違いだということでした。

夜明け前が一番暗いというのと同じように春の前は寒さが厳しくなるんだと考えて、はやく暖かくなってくれることを祈ります。