歯医者さんにもお薬手帳持ってきましょう

 

こんにちは、歯科助手の神明です。

この時期は空気も乾燥して風邪やインフルエンザが流行ってくる季節ですね。

風邪、予防、持病などでお薬を飲む方も多いと思います。服用しているお薬があるなら歯医者にもお薬手帳をお持ちください!

 

歯科の治療に薬の確認は必要なのかと思う方もいらっしゃるかと思いますがこれらの情報は患者さんの治療を安全に行う為に必要な確認事項なのです。特に抜歯やインプラント手術では血液をサラサラにする抗凝固薬《 ワーファリン等 》や骨粗鬆症の薬《 ビスフォスフォネート系製剤 》は注意が必要です。

 

抗凝固薬は血が止まらなくなってしまったり飲み合わせので注意の必要があり、骨粗鬆症の薬を使用経験のある方が抜歯などの顎骨に刺激が加わる治療を受けると顎骨壊死が発生する場合があることがあるなど、服用している薬によってはリスクを伴う場合があります。

 

服用しているお薬、病気、アレルギーのある方は事前にご報告頂ければ安心して治療ができますのでご協力をお願い致します。

 

 

 

◇◆ ビバ歯科・矯正小児歯科 ◆◇

〒273-0002
千葉県船橋市東船橋1-37-10

TEL/FAX 047-421-0118

当院ホームページ ⇒ http://www.viva-dc.com/