顎関節症は日常習慣の見直しが大事!

つい先日の読売新聞「からだの質問箱」というコーナーで、顎関節症についてのQ&Aが

掲載されていましたのでご紹介します。(※画像をクリックすると別ウインドウで表示)

2019年4月5日 読売新聞 からだの質問箱

ひと昔の歯科医療では、顎関節症の大きな原因はかみ合わせの異常と考えられていた時期も

ありましたが、様々な研究が進むにつれ、原因はひとつではなく日常生活における習慣からの

要素が重なり合った多因子性であると見直されてきています。

 

そこで顎関節症の主な症状と、日常生活における顎関節症の要因を

下記にピックアップしてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

 

<顎関節症の主だった症状>

  • あごに痛みや違和感がある
  • 口が開かない(指3本を縦に入れようとしても開かない)
  • あごを動かすとカクカク・コキコキ・ゴリゴリなどの音が鳴る
  • 耳が詰まったような感覚がする
  • こめかみが痛む(偏頭痛)
  • 肩こり・首こり

進行していくと腕や指のしびれ、耳や鼻への違和感など、広範囲にわたり

不快感を覚えることもあります。症状に個人差が大きいのが特徴です。

 

<生活習慣からくる顎関節症の要因の一例>

  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 急激な精神的ストレス
  • 緊張が長く続く環境、長時間のスポーツなど
  • うつぶせで寝る
  • 頬づえをつく癖がある
  • 左右どちらか一方でばかりで食べ物を噛む
  • 猫背・姿勢が悪い
  • 入れ歯や被せものなどが本来の歯とかみ合っていない

 

無意識に食いしばってしまう癖がある方は、上下の歯を意識的に離すよう心掛けてください。

生活習慣の改善で症状が軽減されることも期待できますので、あきらめず根気よく

食いしばる習慣を改善していきましょう。

そしてもし少しでも自覚症状があれば、症状の軽いうちに医療機関にご相談くださいね!

ビバ歯科も微力ながらお役に立ちたいと思っています。

 

東船橋駅前のビバ歯科・矯正小児歯科  TEL:047-421-0118まで