さてと困りました。

さてと困りました。
分院時代からなので、かれこれ14~15年ぐらいのお付き合いになる患者さんからのご相談です。
お母様とお子様が、通院していらっしゃいます。
お母様は、先日、2回目のインプラントの手術をお受けになりました。お疲れ様でした。
出会った頃は、お子様はまだ、幼稚園の頃だったと思います。今ではりっばな体格の高校生になっています。
そのお子が、僕のブログを読んで、「先生は甘い物好きだから、歯医者の先生が甘いものを食べているのだから、ボクも甘いものを食べてもいいんだ。」と言って、当院の帰りにコンビニに寄って、お菓子を買って帰えって来るので困っているとのご相談です。
残念なことに、その子には、それなりにむし歯があります。
さてと困りました。
僕が甘いものが好きなのは、本当です。だから中年になってから、このように太ってしまいました。若い頃は、もっとスマートでした。ちゃんと証人もいます。
甘いものだけでなく、ほとんどの食べ物が大好きです。僕が食べられないのは、インゲンと松茸だけです。あとは、何でも残さず食べられます。と言うより、食べ物を残すのが大嫌いです。
インゲンだけは、どうしても食べられません。あの味だけは、許せません。1億円いただけるのだったら食べてもいいかもしれません。イヤ、1万円ぐらいでも食べるかもしれません。
松茸は嫌いなのではなくて、アレルギーが出るからです。食べてから15分ぐらいで、蕁麻疹が出て、鼻炎の症状が出て、最後は気道に浮腫が出て喘息様の呼吸困難になります。典型的なアナフィラキシー型ショックに陥ります。
知らずに食べた料理に松茸が入っていて、アレルギーが出現して、救急車のお世話に乗ったことがあります。救急車に乗ったのは、あの時1度だけです。
友達から安上がりなヤツだと言われています。
インゲンと松茸以外の食べ物のほとんどは、僕の好物です。ただの食いしん坊だと表現する人もいます。だからグルメではありません。星が付いたレストランで食事をしたいとは、露ほども思いません。
その好物の中に「甘いもの」が入っているに過ぎません。
お酒も、少しばかり飲みます。
僕はあまり賢くはありませんが、馬鹿でもありません。いつも甘いものばかり食べていたらどうなってしまうか、少しばかり知っています。
そこで、1日のうちで僕が甘いものを食べるのは、夕食後のデザートの時だけです。そのときだけ、人より少し多めに甘いものを食べます。
しばらくしたら、歯みがきタイムが待っています。そのあとに口さみしくなったら、家には売るほどあるキシリトールガムを噛みます。今も、ガムを噛みながらタイプしています。
分かったかな?k.A君。