ブログ」カテゴリーアーカイブ

姿勢、気にしていますか?

なにかの拍子に自分の歩き姿が目に入ってきたことはありませんか?

私事ですが、先日ビルのガラスに反射して映る自分の歩き姿が目に入った瞬間に、

猫背で歩く自分の姿にショックを受けてしまいました。

自分の意志で鏡を見るのとは違い、無防備な素の自分の姿を見ることは滅多にないので

他人から見られている自分の姿がこれじゃあマズイ!!!と気づき、

最近は猫背にならないように意識をするようにしています。が………

へんなチカラが入ってしまい、姿勢良く歩くってむずかしいと感じる今日この頃です。

 

姿勢イメージイラスト

 

自分の姿勢を意識するようなってから街中を見渡してみると猫背で歩く人が案外多く、

ゲームやスマートフォンなどに日常的に触れている時間が長いことも関係しているのか

猫背になっている人を見かけることがけっこうあります。

姿勢が悪いのは見た目の印象が良くないだけでなく、身体の不調の兆候に関わっているのは

想像がつくかと思います。また歯科領域においても、実は姿勢と歯のかみ合わせが密接に

関係していることがわかっています。

 

たとえば猫背で胸が縮こまっていると深い呼吸がしずらくなり、日常的に口が開くように

なってきます。口が開いていると舌と下あごが徐々に前に出て口呼吸の兆候が出てきます。

そうするとお口の中を守ってくれていた唾液が蒸発し免疫力が低下し、口腔内の雑菌が

繁殖しやすくなりますし、それが口臭の原因にもなります。

 

また胸が縮こまった姿勢をとっているうちに、だんだん首が前のめりになっていき

下あごが前に突き出てきます。そうすると上あごと下あごの噛み合わせが少しずつ

ずれて合わなくなってくることも。正しい噛み合わせでなくなると、全身のバランスも

崩れてきて、肩こりや頭痛、顎関節症などの兆候が表れる場合もあります。

噛み合わせを正しい位置に修正することで肩こりなどの不調は改善していくと思いますので、

日常的に姿勢や歩き姿をチェックする習慣をつけて健やかに過ごしましょう!

 

不調がなかなか改善しない場合は、かかりつけの歯科医院に相談してみてください。

噛み合わせ治療として当院では、自分の歯型に合わせたマウスピースや矯正装置、

咬筋へのボツリヌス菌注射による緩和などを行っておりますので、気になることがあれば

ご相談くださいね。

 

東船橋のビバ歯科・矯正小児歯科 TEL:047-421-0118

 

寝ている時に意外と口は乾いている

睡眠時の口の渇き「夜間口腔乾燥症」について読売新聞に掲載されていましたのでご紹介します。

 

口を開けて寝ている、歯ぎしりしている、大きなイビキ、無呼吸の時がある…など

寝ている時に多くの方が経験している行為ですが、自分では自覚がないため身体からのサインに

なかなか気づけません。ですので、普段から一緒に生活しているご家族やパートナーに

少しだけ気に留めてもらうことで、お口の健康をはじめ全身の健康状態に気づけるヒントが

見つかることも。たかが口の乾燥…と気に留めないでいたら実は身体からのサインだった

ということもありますので、ぜひご家族にチェックしてもらうように習慣をつけて欲しいです。

 

 

例えば睡眠時の口呼吸

唾液が渇いて蒸発することで雑菌が繁殖し、口臭として表れることもあります。

そして口呼吸にはドライマウスのリスクがあります。

特にご年配の方の場合は筋肉の低下だけでなく、ストレス性のものや飲んでいる薬が関係

していることもありますので、複数の薬を服用していてあきらかに薬の副作用だとわかったら、

かかりつけの医療機関に相談してみてください。

またお子さんの場合は、普段からやわらかいものばかりを食べているとアゴや舌の筋肉が衰え

唾液が出にくくなります。唾液量が少ないと口腔内で細菌が繁殖しやすくなり、免疫力も低下

していきます。普段の食事で唾液がしっかり分泌されるように噛む習慣をつけていきましょう。

 

歯ぎしりに関しては、自分の体重以上の力で上下の歯を噛んでいるため少しずつ歯が

擦り減って削れていきます。弱くなった歯はある日突然割れるリスクがあり、激痛を伴うことも。

痛みを感じなくとも割れたりヒビの入った歯をそのまま放っておくと、むし歯や知覚過敏へと

移行していきます。そして口腔内のみならず頭痛や腰痛などの全身に症状が出る場合もあります。

こちらもマウスピースで軽減できますので、気になっている方はご相談ください。

 

大きなイビキは無呼吸を伴うことが多く、無呼吸になる回数が多ければ多いほど、心臓、脳、血管

などに負担をかけています。またイビキは「睡眠時無呼吸症候群」という病気が隠れていて、

前兆となっている可能性があります。

歯科医院では呼吸による空気の気道が物理的に狭くなり呼吸が止まってしまう無呼吸の症状

(閉塞性睡眠時無呼吸症候群など)に対しての歯科矯正やマウスピースなどで、歯や舌の位置や

下顎と上顎の位置関係などを正しく戻し、気道を広げて症状を改善していきます。

歯科領域外では、鼻づまりや耳が聞こえにくくなるなどの耳鼻咽喉に不調を感じることが

ありますので、症状に合わせて医療機関を受診することをおすすめします。

 

少しでも気になることがあったら身体からの小さなサインとおもってください。

そして医療機関などで相談するキッカケにしてくださいね。

2019年6月14日 読売新聞

2019年6月14日 読売新聞 からだの質問箱

 

酸蝕症にご用心

いよいよ暑ーい夏がやってきます。

今年も猛暑日になる日が多そうなので、色々気をつけて過ごしたいところですが

気温が高くなってくるとまず気になるのが熱中症です。

暑さ対策・熱中症対策として、こまめな水分補給は必要不可欠!

汗をかくと体内のミネラルも一緒に放出されるため、脱水防止・夏バテ防止、

そして汗で失われた体内のミネラルバランスを適正に保つためにスポーツドリンクを

意識的に飲むように心がけている方も多いのではないでしょうか?

 

では飲む時間やタイミングはどうしていますか?

水分やエネルギー補給に優れているスポーツドリンクですが、

飲み方の習慣が歯へのリスクを高めている可能性があるのを知っていますか?

こまめな水分補給は大切ですが、スポーツドリンクや疲労回復ドリンク、お酢飲料などを

「チビチビ飲み」していると、ドリンクに含まれている砂糖や酸が口の中に残り、

歯が溶ける原因になります。

 

■歯が溶けてしまう「酸蝕症(さんしょくしょう)」

意外と知られていないのですが、むし歯、歯周病に次いで3番目に多いのが酸蝕症と

言われています。酸性の飲み物や食べ物、そして胃液などに繰り返し歯が触れることで、

徐々に歯の表面のエナメル質が広範囲に溶けて歯の先が薄く透明になっていく現象です。

この時点では歯が透けてるような気がするかもしれませんが、気づかないことも多いです。

それが進行すると歯のエナメル質が溶けて部分的に白く変色し始めてきて、ご自身でも

気づくかと思います。この状態になるとすでに酸蝕歯の初期の状態と言えるでしょう。

さらに進行すると象牙質がむき出しの状態になり、むし歯や知覚過敏へと進行していきます。

 

■チビチビ飲みからメリハリ飲みへ!

酸蝕症を防ぐポイントとして、チビチビ飲みをしそうな環境下ではミネラルウォーターか

お茶飲料をチョイスしてほしいと思います。砂糖や酸などが含まれているスポーツドリンクを

飲む場合には飲む時間を決めること、そして飲んだ後には必ず水やお茶を口の中に含むこと

(歯の表面に糖質や酸になる成分を残さない!)よう意識し、お口の中を酸性に傾けないよう

心掛けることが大切です。

外出先などでは難しそうだ…と、最初はハードルが高いと感じるかもしれません。

しかし日々の生活習慣の積み重ねを振り返っていただきながらメリハリ飲みを実践し、

夏の水分補給を心がけていただけたらと思います。

 

顎関節症は日常習慣の見直しが大事!

つい先日の読売新聞「からだの質問箱」というコーナーで、顎関節症についてのQ&Aが

掲載されていましたのでご紹介します。(※画像をクリックすると別ウインドウで表示)

2019年4月5日 読売新聞 からだの質問箱

ひと昔の歯科医療では、顎関節症の大きな原因はかみ合わせの異常と考えられていた時期も

ありましたが、様々な研究が進むにつれ、原因はひとつではなく日常生活における習慣からの

要素が重なり合った多因子性であると見直されてきています。

 

そこで顎関節症の主な症状と、日常生活における顎関節症の要因を

下記にピックアップしてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

 

<顎関節症の主だった症状>

  • あごに痛みや違和感がある
  • 口が開かない(指3本を縦に入れようとしても開かない)
  • あごを動かすとカクカク・コキコキ・ゴリゴリなどの音が鳴る
  • 耳が詰まったような感覚がする
  • こめかみが痛む(偏頭痛)
  • 肩こり・首こり

進行していくと腕や指のしびれ、耳や鼻への違和感など、広範囲にわたり

不快感を覚えることもあります。症状に個人差が大きいのが特徴です。

 

<生活習慣からくる顎関節症の要因の一例>

  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 急激な精神的ストレス
  • 緊張が長く続く環境、長時間のスポーツなど
  • うつぶせで寝る
  • 頬づえをつく癖がある
  • 左右どちらか一方でばかりで食べ物を噛む
  • 猫背・姿勢が悪い
  • 入れ歯や被せものなどが本来の歯とかみ合っていない

 

無意識に食いしばってしまう癖がある方は、上下の歯を意識的に離すよう心掛けてください。

生活習慣の改善で症状が軽減されることも期待できますので、あきらめず根気よく

食いしばる習慣を改善していきましょう。

そしてもし少しでも自覚症状があれば、症状の軽いうちに医療機関にご相談くださいね!

ビバ歯科も微力ながらお役に立ちたいと思っています。

 

東船橋駅前のビバ歯科・矯正小児歯科  TEL:047-421-0118まで

口が開けにくいと感じたら

ふと気づくと歯を食いしばっていた…、という経験はありませんか?

人は日常生活において、上下の歯に2mm程度の隙間があるそうです。

しかし、歯を食いしばる癖がある人は案外多く、日常的に緊張が続いていたり、

食べ物を片方の歯で食べているなど、日常のちょっとしたことが要因となり

徐々に食いしばる癖がついていくことがあります。

 

やっかいなのは、寝ている間に無意識に食いしばっている癖がついてしまった時です。

睡眠中の歯ぎしりは食いしばりの要因のひとつになっていると言われていますが、

寝ている状態だと特に気づきにくいので、ご家族に歯ぎしりチェックをしてもらったり、

定期的に鏡で上下の歯の当たる面が水平にすり減っていないか確認してみてください。

 

無意識とはいえ、食いしばりは自分の体重の約3倍の強さの負荷をかけていることになり、

それが長期に及ぶと将来的に歯が割れる要因にもなりますし、あごの筋肉の緊張から

口が開きづらくなる【顎関節症】を引き起こす要因にもなり、治療が必要になる場合もあります。

 

口をあけようとしたときに、

あごが痛い・口が開かない(自分の指3本が縦に入らない)・あごが鳴る

などの症状を感じましたら顎関節症の主な症状になりますので

思い当たるようでしたら、いちど医療機関にご相談してみてください。

 

***

ご参考までに、読売新聞で顎関節症について掲載されていましたのでご紹介します。

5回シリーズの1回目になります。)

記事には

「上下の歯は本来、接触していてはいけないが、知らない人は多い。

顎関節症を見逃したまま他の治療をしても、顎関節症は治らないことが多い」

と書かれています。よかったらご参考までにお読みいただければと思います。

※クリックすると別ウインドウで開きます。

読売新聞 医療ルネサンス 顎関節症の治療(2019年4月17日)

 

 

 

 

 

happy☆

こんにちは!田畑です。

雪が降ったりもしましたが、ようやくTHE春!になってきましたね。

私はガサツな性格&見た目とは裏腹に草花が好きなので、

春から初夏にかけてのこの季節が大好きです☆

なんだかhappyが多い気がします🎶

中でも、最近ものすごくhappyなことがありました!

 

私ごとですが、去年結婚して堤から田畑に変わりました。恥ずかしいのでスタッフ以外には

あまり自らお伝えしてなかったのですが、長く担当させて頂いている患者さんが

名前が変わった事に気付いてくれました。

そしてとっても素敵なプレゼントをくださいました☆☆

私のことを気にかけてくれたことや、何気ない会話からお花が好きな事を

覚えててくださったことが本当に本当に嬉しかったです!!ありがとうございます🎶

 

忙しくてイライラしてキーってなる事も多々ありますが(笑)

気にかけてくださる方がいたり、笑ったり泣いたり怒ったりと

自然と喜怒哀楽が出せる職場で働けて最高にhappyだな〜と思います☆

人生の門出

こんにちは!

ビバ歯科の歯科衛生士として4年間、一緒に切磋琢磨してきた若手ホープの増田さんが

3月いっぱいで退社し、ビバ歯科は今までとは少し違った変化を感じる春を迎えています。

***

 

先日、ビバ歯科本院の歯科衛生士だった増田さんと、

市川市にある分院のビバファミリー歯科で8年間、歯科助手を務め

寿退社した田村さんの送別会が行われました。

 

院長先生お気に入りの船橋駅近くの焼肉 琉宮苑さんのコース料理♪

お肉がとろけるほど柔らかく、とっても美味しかったです!

増田さん、今までお疲れ様でした!

田村さん、ご結婚おめでとうございます!

送別会は焼肉~♪

増田さん、田村さんの人生の門出を祝って。これからのおふたりの人生に乾杯!

 

歯の健診・治療を先延ばししがちな日本人

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

2018年11月8日(いい歯の日ですね!)に日本歯科医師会が発表した

歯に関する調査が一般公開されていましたのでご紹介します!

 

15〜79歳の男女10,000人に聞く、「歯科医療に関する生活者調査」 Part2

※別ウインドウでPDFファイルが開きます。

 

  • 歯の健診・治療を先延ばししがちな日本人、4人に3人は後悔している
  • 歯の健診・治療をギリギリまで対応しない「先延ばし派」が6割と最も多い20代
  • 先延ばし派は歯の健康に自信がなく、歯のトラブルをあれこれ抱え、かかりつけ歯科医がいる率も低い

 

もっと早く歯医者に行っておけばよかった…と日本人の4人に3人が後悔しているようです。

ブログ担当者も他人事ではなく、この統計の結果と同様に後悔の気持ちでいっぱいです。(苦笑)

歯周病などの口腔トラブルは口腔内にとどまらず、全身のあらゆる病気のキッカケになったり

様々な疾患のリスクをより一層高めると言われています。

でもケアの大切さに気づいた今からでも遅くないハズ!今からがんばろう!と、

気持ちを新たにするのでした。

 

そしてこの調査が新聞記事でも取り上げられていましたので、それも一緒にご紹介しますね。

 

「先延ばし派」の方はそろそろ卒業して、痛みや違和感がなくても定期的に歯医者さんへ行きましょう!

 

東船橋駅前のビバ歯科・矯正小児歯科  TEL:047-421-0118

 

ご結婚おめでとう♪

この春、ビバ歯科の分院で市川市にありますビバファミリー歯科にて

歯科助手として長く勤めてくださっていた田村さんがご結婚され、

ご主人様の転勤に伴って退職することになりました。

 

元々は東船橋のビバ歯科の歯科助手として勤めてくださっていて、そして市川の

ファミリー歯科に勤務になった後もちょくちょく顔を見せてくれたりヘルプに来てくれたりで

本院・分院関係なくスタッフみんなが家族のような関係でした。

 

仲間になってくれてありがとう。

そして8年間本当にお疲れ様でした!

いつも笑顔でファミリー歯科を支えてくれ、感謝しかありません。

院長&スタッフで寄せ書きをプレゼント★

スタッフみんなでパチリ

ますますお幸せになってね。新しい土地で第二の人生も楽しみながら頑張って。

ずーっと応援しています。 ビバ歯科スタッフ一同より★

治りにくい口内炎、口腔癌の可能性も

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

2/19にタレントの堀ちえみさんが舌癌を患っていることをご自身のブログで公表しましたね。

歯科医療に携わる自分にとってはとても驚いたと同時に、舌癌を含む口腔癌の認知度は

まだまだ低く、一般的にはあまり知られていない病気であることを再認識しました。

皆さんの中でも今回の堀ちえみさんの舌癌の発表をキッカケに、初めて口腔癌について

見聞きした方も多いのではないでしょうか?

 

皆さんが歯科医院へ行く動機、すなわち口腔内の治療で最初に頭に浮かぶのは

「歯周病」や「むし歯」ではないでしょうか?

ここ数年で少しずつですが噛み合わせ治療なども関心が持たれはじめていますが、

歯医者さん=歯の治療をする場所、という認識がまだまだ圧倒的に多いです。

しかし本来の歯科医院での治療は歯の治療をするだけではありません。

もちろん歯の治療は大前提です。

が、口腔内の健康は全身の健康にも密接に関係していることから、口腔内だけでなく

顎関節症や無呼吸症候群などの骨格形成などに関連する治療、そしてビバ歯科においては

粘膜の細胞診検査なども積極的に行っています。

 

治りにくい口内炎、口腔癌の可能性も

 

口腔内の病気の発見は他の臓器とは異なり直視可能な環境にあるのが大きな特徴です。

わかりやすく例えれば2週間以上治らない口内炎。初期の口腔癌は痛みを感じることがなく

気づきにくいといわれていますが、日常的なセルフチェックをしていれば

ご自身でお口の中のデキモノを把握することにつながります。

違和感や口内炎などの異変に気づいてから2週間以上経っても治らない場合は

医療機関での受診をおすすめします。

 

ビバ歯科では歯科診療における日常の歯科診療の際には必ず口腔内の診察を

行っており、口腔癌の早期発見において効率的な手段になっております。

実際の口腔癌検査ではイテック社が開発したThin Prep液状細胞診システムを

用いており、精度の高い口腔癌検診が可能です。

 

当院の患者さんには気になる症状を見つけた際には粘膜の細胞診検査を勧めておりますが

目に見える症状がなくてもなにか違和感がある場合はお気軽にお申し出ください。

診療時に口腔内の状態を写真に撮って記録を残し、経過観察も継続しています。

 

治りにくい口内炎につきましてはビバ歯科のウェブサイトでも紹介していますので

ご興味がございましたら一読いただければと思います。

 

また抗がん剤治療や放射線治療で口腔内の自浄作用の低下による口腔粘膜の変化、

白血球減少による免疫力低下などにより出来てしまう口内炎や口腔内の痛みの緩和に用いる

エピシル口腔用液(医療機器)千葉県がん診療連携登録歯科医のビバ歯科で

保険適用で取り扱っております。口腔内の痛みにお悩みの方はご相談くださいね。

 

東船橋駅前のビバ歯科・矯正小児歯科  TEL:047-421-0118まで