歯科医はすべての情熱を注げる仕事です

トップへ » 院長あいさつ » 歯科医はすべての情熱を注げる仕事です

歯科医はすべての情熱を注げる仕事です

歯科医はすべての情熱を注げる仕事です私には中学生の息子がいますが親離れが始まり、親子で過ごす機会がぐっと減ってしまいました。親としてはちょっぴり寂しい思いもあるんですよ (笑) 

今は生活のすべてが仕事ですね。少しでも患者さまにとって安心できる医療を提供したいんですね。ですから休日は学術的なセミナーや歯科関係のセミナーに、積極的に参加して常に新しい情報を勉強しています。

好きな小説家は三島由紀夫や村上春樹で、特に村上春樹の「羊をめぐる冒険」は、今までの小説の枠を超えた新しい小説で、強い衝撃を受けました。またSFも好きで、『2001年宇宙の旅』で知られるアーサーシークラークも夢中で読みましたね。

ところが本を読み始めると止まらなくなってしまうんですよ。気がついたら明け方になってしまい、翌日の仕事に影響が出てしまう、なんていうことにもなりかねません。これでは生活が狂ってしまうので、今は大好きな本も自粛しています(笑)

他にも、年に1度息子と2人で夏休みを利用してスキューバダイビングをしたり、冬にはスキーを楽しんでいます。

仕事=プライベートのような生活ですが、歯科医は私にとってすべての情熱を傾けるに値する仕事だと思っています。


トップへ » 院長あいさつ » 歯科医はすべての情熱を注げる仕事です