一次治療期(混合歯列期の治療)

大人の歯が生えてきて歯並びが気になったら

5~6歳で最初の永久歯が生えてきます。
そして最後の永久歯が生え、歯並びが完成するのは12~13歳頃です。
どんな歯並び、顔貌になるのか?とても大切な時期です。

治療期間について

歯の生え方やあごの成長に合わせて、大人の歯に生え変わるまでに行います。
治療期間中は、装置の種類にもよりますが2~3週間に一度程度の通院後に、1ヵ月に一度程度の経過観察を続けていきます。

子供の矯正は歯の生えかわりだけでなく、顔面骨格の成長も考慮に入れて将来の展望を見据えた診断が大切です。歯の生えかわりだけをみて、あごを拡げるだけでどんな症例でも歯を抜かずに治せるというわけではなく、予測を判断するのが難しい治療です。
当院では専門知識を持った医師が治療を担当いたしますので早期治療の必然性について、検査と正しい知識の下で詳しくご説明いたします。

子供の矯正治療の流れ

矯正装置について

小さな子に矯正装置を付けるのはかわいそうと思いがちですが、4~9歳の治療では大人のような固定式装置を長期間使うことは少ないです。12歳くらいまでに使用する主な矯正装置を紹介します。

床矯正

床矯正の装置には特殊なネジが組み込まれていて、そのネジを少しずつ回すことで床(プラスチックでできたピンク色の部分)を拡げ、あごを押し広げるようにして成長を促すことで歯の並ぶスペースを作ります。
入れ歯のように取り外しができるので、お食事や歯磨き、運動をする時などに邪魔になりません。

透明マウスピース矯正(インビザライン・ティーン)

成人矯正のインビザラインとほぼ同様のものですが、お子さまが使用することを考え、歯の交換期を想定したマウスピースの設計や、特殊なインジケーターによりおおよその装着時間が目に見えるようにするなどの工夫がされています。
どうしても目立ちにくい装置で矯正したい場合におすすめです。

banner_invisa

顎顔面口腔育成治療(ランパ・バイオブロック療法)

この治療法は、お口の中に装着した装置とヘッドギアをゴムで繋ぎ、上あご全体を上前方へとけん引するRAMPA(ランパ)装置と、バイオブロック療法を併せたもので、従来の矯正治療ではできなかった骨格性の不正咬合が改善できます。

骨格性の不正咬合はあごとその周囲の骨の歪み・過成長・劣成長などが原因ですから、歯を動かすだけでは十分に治らず、従来の矯正治療では外科手術を行うしかありませんでした。
しかし、このランパ・バイオブロック療法では原因となる骨格に働きかけ、正しい位置へと誘導するため、外科手術のリスクを負うことなく不正咬合を改善できます。

顎顔面口腔育成治療(ランパ・バイオブロック療法)
RAMPAヘッドギア 装着イメージ

<RAMPAヘッドギア 装着イメージ>
就寝時、その他のお時間を使って1日およそ12時間使用します。

また、上あご・下あご周囲の骨格の改善により、鼻疾患、気道の閉塞疾患の改善も多く報告されている治療法です。
お子さまの慢性鼻炎・副鼻腔炎、イビキ・無呼吸、ぜんそく、アトピーなどの慢性疾患にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

RAMPA口腔内装置例 RAMPA口腔内装置例

<RAMPA口腔内装置例>
取り外しのできる装置とできない装置があります。様々なタイプの装置を使い治療を進めていきます。

当院の矯正歯科について