歯周病とからだの病気の密接な関係

歯周病はお口の中だけの病気ではありません

歯周病は現在日本の成人のおよそ8割がかかっていると言われ、痛みなどの自覚症状が少ないためか放置されがちな病気です。しかし、歯周病菌は血液によって全身へ運ばれ、様々な悪影響を及ぼすことがわかっています。
あなたも気付かないうちに、様々な病気のリスクを抱えているかもしれません。
早めの歯周病対策で、全身の健康を守りましょう!

歯周病対策で健康力アップ

歯の病気とからだの病気

脳…脳梗塞・認知症

歯周病原因菌などの細菌感染で血管の内部で炎症が起こると、動脈硬化が促進されます。
動脈硬化は脳梗塞を引き起こす大きな因子となります。
また、動脈硬化により血流が悪くなったり、歯周病により歯を支えている歯ぐきや骨が弱り噛む力が衰えて脳への刺激が少なくなったりすることで、認知症のリスクも高まります。

心臓…狭心症・心筋梗塞

脳と同じく、歯周病原因菌などの細菌感染によって動脈硬化が促進されると血管が狭まり、狭心症、心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。

肺…肺炎

お口の中の細菌が食べ物や唾液と一緒に誤って肺に流れ込むことでおこる肺炎を“誤嚥性肺炎”といいます。
歯周病になるとお口の中の細菌が非常に多くなるため、肺炎になりやすくなります。
飲み込む力が衰えた高齢者・寝たきりの人や、細菌の溜まりやすい入れ歯などを普段使用している人に多く発生します。

すい臓…糖尿病

歯周病と糖尿病には相互関係があり、お互いを悪化させる要因となることが明らかになりました。
歯周病によって発生した炎症性物質が血液にのって全身にめぐり、血糖をコントロールするインスリンの働きを妨げることで糖尿病を悪化させます。
また、糖尿病によって高血糖状態になると免疫機能が低下し感染症にかかりやすくなると言われており、細菌感染症である歯周病にかかるリスクが高まるうえ、歯ぐきの血管が痛むことで歯周病を進行させてしまいます。

おなか…肥満・メタボリックシンドローム

糖尿病と同様、歯周病と肥満についてもお互いを悪化させるメカニズムが研究されています。
ちなみに、一口30回噛むことは肥満予防法としてよく知られており、厚生労働省でも取り上げられています。

子宮…早産・低体重児出産

歯周病菌によって炎症物質であるサイトカインが増加すると、子宮収縮作用のある物質が分泌され、その結果出産時期が早まり、早産や低体重児出産に繋がるとされています。
アメリカの研究結果では歯周病の人はそうでない人と比べて早産・低体重児出産のリスクは7.5倍にもなると発表されました。

骨…骨粗しょう症

歯周病は歯ぐきだけではなく、歯を支える骨の病気でもあります。
骨粗しょう症で骨の密度が減ると骨折しやすくなりますが、歯を支える骨でも同様のことが起こり、骨が急激に痩せることで歯を失ってしまうリスクも大きく高まります。