カリエスリスクテストの内容

トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 予防歯科 » カリエスリスクテストの内容

カリエスリスクテストの内容

唾液の流出量

無味のガムを噛んでいただいて、5分間に出で来る唾液の量を測ります。
唾液には、その流動性で口腔内の細菌や食べかすなどを洗い流す力があります。また、唾液に含まれるリンやカルシウムにより、ごく初期のむし歯などを再石灰化する力があります。当然、唾液の量が多い程むし歯リスクが低く、少ないほどむし歯リスクは高くなります。

この検査により、隠れていたドライマウス(お口の乾燥状態)やシェーグレン症候群などの口腔乾燥を伴う病気の発見にも役立ちます。


唾液のph

ph測定器唾液に酸性の試薬を混和し、その後歯科用専用のph測定器で、唾液のphを測ります。これは、飲食した後などでは、口腔内が一時的に酸性になり、むし歯リスクの高い状態になります。その後、唾液の持つ中和力で中性に近い状態に回復していきます。この中和力のことを唾液の緩衝能と言います。いわば、唾液の酸に対する抵抗力を測っているわけです。

通常、中性から弱アルカリ性です。慢性疲労時などで、弱酸性になるとむし歯リスクは上昇します。


フッ素の利用度

日常の生活習慣で、フッ素を利用しているかどうか、また、定期的に歯科医院などでフッ素塗布などを行っているか等を調べます。

最近は市販されている歯磨き粉の多くに、フッ素が含有されるようになりました。それはそれでむし歯予防にとってはありがたいことなのですが、歯科医院専用で販売されている、日常のフッ素利用を目的としたジェルやペーストは、フッ素の含有量も高く、一層高い効果が期待できます。


これまでにむし歯で治療した歯や現在むし歯にかかっている歯の数

文字通りその人がこれまでにかかってきたむし歯の数は、顕著にその人のむし歯へのなりやすさ・なりにくさを表していますので、むし歯リスクを判定する際の、重要な検査項目になります。


食習慣や飲食物の嗜好

この検査項目も、むし歯リスクを判定するのには、欠かせないものの一つです。やはりむし歯菌の好きな甘い物好きの人のほうが、むし歯リスクは向上します。たとえば同じコーヒーが好きな人でも、砂糖を入れて飲まれる方と、入れないで飲まれる方では、むし歯リスクは変わってきます。
間食が多かったり、だらだら食いの多い方は、そのつど、お口の中が酸性になってしまうので、むし歯リスクはずっと高くなります。


歯磨き習慣や歯磨きの成功度

歯磨きがうまくいっているかいないかです。まず、歯磨きが成功するには歯磨きの習慣が、毎日の生活に定着していなければなりません。お酒を飲んで疲れて帰った夜は、歯磨きなどしないで寝てしまうというようなことが度々あれば、かなりのむし歯リスクの高いグループに属してしまいます。

実は、歯磨きの技術というのは、皆様が思っているよりかなり難しいものです。私達、歯科医院のスタッフでも、そこそこのレベルでの歯磨き習慣は身につけていても、完璧な歯磨きはなかなかできないものです。

是非、歯科医院での歯磨き指導をお受けになって、正しい歯磨きの技術を身につけていただきたいと思います。また、一度、身につけたと思った歯磨き習慣でも、いつの間にか我流に落ちこみ、いい加減なものになってしまっていることがよくあります。定期検診の時に、ご自身の歯磨き術をチェックしてもらうことをお勧めします。


むし歯菌の数

ph測定器むし歯を作る代表的な細菌です。ごく簡単にミュータンス菌はむし歯を作る菌、ラクトバチルス菌はむし歯を進行させる菌とご理解下さい。

これらの細菌のテストは、患者様から採取させていただいた歯垢・舌苔・唾液などを培地にまぶし、24~48時間、細菌培養器により培養することにより判定します。

私達はこの細菌検査をむし歯リスクテストの中で、最も重要な検査と位置づけています。というのも、年間何百という方達のむし歯リスクテストを行っていますが、臨床実感として、その方のむし歯リスクを如実に表しているのが、この検査だという感触を得ているからです。


以上簡単に、むし歯リスクテストの概要をお話して来ました。ビバ歯科・矯正小児歯科では、これまでにお話したむし歯リスクを左右する要素を、ケースバイケースで取捨選択して、その人その人に合ったむし歯リスクテストを行っています。


トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 予防歯科 » カリエスリスクテストの内容