熱中症予防」タグアーカイブ

酸蝕症にご用心

いよいよ暑ーい夏がやってきます。

今年も猛暑日になる日が多そうなので、色々気をつけて過ごしたいところですが

気温が高くなってくるとまず気になるのが熱中症です。

暑さ対策・熱中症対策として、こまめな水分補給は必要不可欠!

汗をかくと体内のミネラルも一緒に放出されるため、脱水防止・夏バテ防止、

そして汗で失われた体内のミネラルバランスを適正に保つためにスポーツドリンクを

意識的に飲むように心がけている方も多いのではないでしょうか?

 

では飲む時間やタイミングはどうしていますか?

水分やエネルギー補給に優れているスポーツドリンクですが、

飲み方の習慣が歯へのリスクを高めている可能性があるのを知っていますか?

こまめな水分補給は大切ですが、スポーツドリンクや疲労回復ドリンク、お酢飲料などを

「チビチビ飲み」していると、ドリンクに含まれている砂糖や酸が口の中に残り、

歯が溶ける原因になります。

 

■歯が溶けてしまう「酸蝕症(さんしょくしょう)」

意外と知られていないのですが、むし歯、歯周病に次いで3番目に多いのが酸蝕症と

言われています。酸性の飲み物や食べ物、そして胃液などに繰り返し歯が触れることで、

徐々に歯の表面のエナメル質が広範囲に溶けて歯の先が薄く透明になっていく現象です。

この時点では歯が透けてるような気がするかもしれませんが、気づかないことも多いです。

それが進行すると歯のエナメル質が溶けて部分的に白く変色し始めてきて、ご自身でも

気づくかと思います。この状態になるとすでに酸蝕歯の初期の状態と言えるでしょう。

さらに進行すると象牙質がむき出しの状態になり、むし歯や知覚過敏へと進行していきます。

 

■チビチビ飲みからメリハリ飲みへ!

酸蝕症を防ぐポイントとして、チビチビ飲みをしそうな環境下ではミネラルウォーターか

お茶飲料をチョイスしてほしいと思います。砂糖や酸などが含まれているスポーツドリンクを

飲む場合には飲む時間を決めること、そして飲んだ後には必ず水やお茶を口の中に含むこと

(歯の表面に糖質や酸になる成分を残さない!)よう意識し、お口の中を酸性に傾けないよう

心掛けることが大切です。

外出先などでは難しそうだ…と、最初はハードルが高いと感じるかもしれません。

しかし日々の生活習慣の積み重ねを振り返っていただきながらメリハリ飲みを実践し、

夏の水分補給を心がけていただけたらと思います。

 

チビチビ飲みが知覚過敏リスクに?!熱中症予防の落とし穴

今年の夏も猛暑日が続いていますが、夏の水分補給でなにを飲んでいますか?

お水、お茶、スポーツドリンク、ビタミンドリンク、イオン飲料、etc、etc。

こまめな水分補給がとっても大切なのは皆さんよくわかってて、

意識的に水分補給をしている方も多いかと思います。

しかし知らずに知らずに続けている生活習慣のなかには、知覚過敏のリスクがあるものも…。

 

スポーツドリンクやビタミンドリンク、イオン飲料などは、あまり知られていませんが

意外と酸性度が高く、一日を通して飲む「チビチビ飲み」や「ながら飲み」を毎日していると

歯の表面を覆うエナメル質を少しずつ溶かしている可能性があります。

 

えっ、どうして??と驚かれる方も多いでしょう。

 

でも大丈夫!飲み方を工夫すればなんてことはありません。

完全に飲んではいけない!ということではもちろんなく、酸性度の高いドリンクは

飲み物自体に含まれている酸がお口の中に長時間とどまることのないよう

「チビチビ飲み」や「ながら飲み」はせずに短時間で飲み終えるよう工夫したり、

飲み終わったら必ずうがいをするなどの予防をしていくと良いと思います。

それと同時に、なるべく水やお茶などを中心に水分補給をしていくと安心です。

 

また夏バテ予防に良いとされている柑橘類や酢の物、梅干しなど酸味の強い食品も

摂りすぎると歯のエナメル質を溶かす要因となる可能性もあるのでご注意くださいね。

 

水分補給はたっぷりと、でもお口の健康にも気遣いつつ

今年の猛暑も乗り切りましょう~!