レントゲン室

トップへ » 院長あいさつ » 院内ツアー » レントゲン室

レントゲン室

レントゲン室

デジタルレントゲン
被爆量が通常のレントゲンの1/10程度で済み、またデジタルレントゲンシステムでもCCDカメラ方式を採用しているので、画像処理時間がほとんどかかりません。このことは手術中の撮影などには、威力を発揮します。

3DCT
従来の平面的な撮影ではなく、立体的な撮影が可能となりました。アゴの骨の形態・神経の位置・骨密度などが 詳しく検査できるため、抜歯やインプラント治療、歯列矯正、歯周病の診断など多岐にわたって活躍します。

セファログラムレントゲン
矯正治療や噛み合わせ治療の際に、骨格や下顎の位置を診査したり、頚椎の湾曲状態を診査したりするのに利用します。


トップへ » 院長あいさつ » 院内ツアー » レントゲン室