投稿者「viva-dc.com」のアーカイブ

マスク生活と口腔内環境

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。
新型コロナウイルスの感染予防の為、日常生活において必要不可欠になったマスク。歯科医療に従事している当院スタッフたちは以前から業務中にマスク着用が習慣的になっているのですが、ウィズ・コロナ後からマスクを着用するようになった大半の方にとって、長期間かつ長時間のマスク生活はナーバスになるときもありますよね。
マスク着用時に口腔内トラブルのきっかけになったり、今まで自覚していなかった口腔内環境への関心の変化をもたらしていることが分かってきました。

そこでマスク生活になって気をつけたいことをいくつかご紹介します。

 

1.以前より口臭が気になる

マスク生活でまず気づくのは口臭ではないでしょうか。口臭にも一時的なものから慢性的なものまでありますが、多くは歯周病菌やむし歯菌によるものが関係しています。特に歯周病菌が放出する口臭は「病的口臭」と呼ばれるほど深刻です。この臭いの元は揮発性硫化合物というガスで硫黄のような臭いを伴います。うがいや歯みがきだけでは歯周病菌の臭いをなくすことはできません。歯周病は痛みもなく長い期間をかけて静かに進行していくため、歯科医や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで歯周ポケットに潜む細菌を根こそぎ取り除き、細菌の繁殖を抑えることが必要不可欠になります。

 

2.マスク着用による口呼吸の習慣

鼻呼吸には埃や花粉、ウイルスなどの異物を通さないフィルターの役割があり、同時に気道を乾燥から守って加温・加湿して肺に空気を送ります。しかし長時間のマスク着用で無意識のうちに口呼吸が習慣になっていくと口腔内は乾燥していきます。乾燥すると唾液の分泌量も減ってしまうため、唾液による口腔内の自浄作用も期待できなくなります。すると歯周病の悪化や睡眠時無呼吸症候群、誤嚥性肺炎、口腔機能低下症、慢性の扁桃炎…etc.etc。口呼吸は口腔内にとどまらず、身体の様々な疾患を悪化させる原因にもなります。

 

3、水分不足

マスクをしていると水分を摂るのを忘れがち。水分は喉を潤すだけでなく、唾液の分泌も促します。唾液は天然の抗菌薬とも天然の口臭抑制薬とも呼ばれることもあるほど、自浄作用に優れています。口の中の殺菌、抗菌、洗浄、粘膜の保護、食べ物を飲み込みやすくする働き、むし歯や歯周病や口臭予防の働きがあり、1日に約1.5ℓの大量の唾液を分泌します。
特に年齢を重ねていくと加齢などで唾液量がだんだん少なくなっていくので、意識的に水分を摂取するよう心掛けてください。また顎の下あたりにある唾液腺を指でマッサージすると刺激になり唾液が出やすくなります。ぜひお試しください。

 

4、表情に出さなくなる表情筋の衰え

マスクを着用していると笑顔などの感情を出すことが極端に減っていくため、表情筋が衰え、顔がたるんでいきます。お口のまわりの筋肉がたるんでくると口や舌の筋肉も緩みやすくなり、より一層お口を開くようになります。そして舌の位置が少しずつ沈下していきます。舌の位置が下がると睡眠中にも口呼吸になりやすく、イビキをかいたり呼吸が浅くなっていき、睡眠時無呼吸症候群に進行していきます。表情筋を衰えさせないよう、常日頃からマスク着用している時も舌を歯の表面をなぞるようグルグルまわしたり、左右にゆっくり回転させる運動などを行って口呼吸を予防するとよいかと思います。

 

口呼吸にならないよう意識的に気を付けて、マスクと付き合っていきたいですね!

非接触体温計スタンド導入しました!

こんにちは。スタッフの後藤です。

ビバ歯科では今月から待合スペースに瞬間検知できる非接触体温計スタンドを設置しています。

 

見た目はスタンドタイプの鏡のようですが、この四角い鏡のような部分にオデコを

近づけていただくと、赤外線センサーがピピッと察知して2秒ほどで正確に体温を測定します。

 

今までは受付スタッフが患者さんのオデコに非接触タイプの体温計を近づけて

体温測定していましたが、ソーシャルディスタンスを優先するにはスタンドタイプのほうが

お互いの距離感を保てますので、患者様により安心して気持ちよく利用していただけるかな

と思っております。

来院の際にはぜひご利用くださいね!

 

8000万年前のワニの歯

こんにちは。スタッフの後藤です。

鹿児島県薩摩川内市の下甑島でおよそ8000万年前の白亜紀後期の海で見つかった

爬虫類の化石を調べたところ、海に生息していたワニ類の歯と海生トカゲ類

(モササウルス類)の歯であることが判明した、というニュースがありました。

 

下甑島で海生ワニの歯の化石発見 白亜紀8000万年前の地層から 国内で初報告

(9/17(木)の南日本新聞社ニュース記事へリンクします。)

 

南日本新聞社のサイト(リンク先)に写真も掲載されていますが、

長さ2・5cmの歯の化石はツヤツしていてとても立派!

写真で見た感じでは歯に欠けやヒビなどが見あたらないので若い個体なのかなぁ、

ワニの先祖にあたる恐竜はこの鋭い歯を使って海中で狩りをしていたのかなぁ、

モササウルスは日本にも生息していたのか!などなど、想像の翼が広がります。

海生ワニ類の化石発見が報告されるのは国内初で、北西太平洋にも生息していたことを示す

貴重なデータだそうです。いつか実物を見てみたい!と思います。

メタルコアの除去

こんにちは、スタッフの後藤です。

雨が続いていた頃は太陽が恋しかったのですが、梅雨が明けたら猛暑が厳しいですね。

外を歩くだけで、まるでアスファルトは熱した鉄板のようです。

今年の夏はマスク着用がエチケットとなっていますが、息苦しさを感じたらマスクを外して

深呼吸を!こまめな水分補給と塩分補給をして熱中症に気をつけてお過ごしくださいね。

 

 

さて、先月のことになります。

私事で恐縮ですが、以前から歯の内側に違和感があり、歯をコンコンと叩くと鈍く響くような

感触が気になっていたので、院長先生に上顎の第一大臼歯(正面から6番目の歯)の

根管治療をしていただきました。(現在も治療は続いています。)

 

根管治療とは

そもそも根管治療とは、歯の根っこ(=根管)がむし歯菌などで細菌感染した神経(=歯髄)と

細菌の酸で溶けて軟らかくなった周囲の歯(=感染歯質・感染象牙質)を完全に除去して

殺菌・防腐剤の充填を行って修復する治療のことです。修復した土台は最終的には被せ物

(=人工歯冠)を取り付け、自分の歯に近づけた成形に整えるのが治療のゴールになります。

 

再根管治療を繰り返すと破折するリスクも高まる

今回治療していただいた歯は実は20年近く前に他院にて根管治療を行った歯でしたので

「再根管治療」となります。通常であれば神経を抜いた歯は痛みを感じません。それなのに

違和感や痛みが出るのは、むし歯そのものの痛みではなく歯の根の先端が細菌によって炎症して

いる状態ということです。私の場合、治療に入るまで痛みがあったので痛み止めの薬を飲んで

いましたが、歯の内側をたたくと鈍く響くような感覚がずっとありました。

このとき歯の中の状態を確認するためにレントゲン写真を撮るのですが、金属の被せ物の場合

レントゲンには写らないので、実際に外してみないと状態が確認できません。

そのため実際の治療に入るまでの間はけっこう進行しているのではないかと不安でした。

根管治療を何度も繰り返すことで歯はどんどんもろくなっていきます。例えば、歯の根が膿んで

歯根端切除術を行う、とか、すでに深くまで歯を削って失っていたら残せる歯がないかも、とか。

歯を残せた場合でも、もろくなった歯が破折してしまったら抜歯、などなど。損傷の程度にも

よりますが再根管治療は歯を失うリスクが前回の治療時よりも格段に高くなるのです。

 

メタルコアの特徴

ちなみに20年前の治療時では、神経を抜いた歯の土台にはメタルコアポスト(=銀の土台)を

被せ物にはメタリッククラウン(=銀の被せ物)を入れていました。どちらも保険適用の素材で、

皆さんがイメージする「銀歯」と呼ばれているものです。

メタルなので非常に硬く頑丈ではあるものの、その硬すぎる性質ゆえに土台に使用すると

強い力がかかった時や食いしばりが強い方の場合、歯が割れてしまうこともあると言われます。

診療台に座るまでは抜歯になったらどうしよう抜歯したらインプラント?それともブリッジ?

など頭のなかをグルグル状態でしたが、ようやく治療開始です。

 

長くて太いメタルコア

レントゲン写真を見ていただくとわかるかと思いますが、私の歯に入っていたメタルコアは

根管の奥深くにまで入っています。しかも太くて長い!ちょっとやそっとじゃビクとも

しないであろう頑丈な土台を安全に除去するのは結構難しいかもしれません。

メタルコアポストを除去する場合、色々な方法があるかと思いますが、今回の私の治療では

わりとワイルドなやり方で、まるで土から大根をズボッと抜くように?!で除去しました。

(こんな例えでスミマセン 🙄 )おかげさまで本当に立派なメタルコアが抜けました。

このコアの写真を見て思うのは、複数根のある巨大なメタルコアを除去するのは困難!!

ですが接着面の歯をほとんど削らずに、そっくり除去していただけたのは長年の経験と技術を

もつ院長のおかげです。

 

メタルコアが深くまで埋まっていたということは残存歯質が少ない状態であるとも言えるのですが

リスクのある歯を出来るだけ削らず、最小限のダメージで済むように除去するのはとても技術が

要ること。加減が狂って強い力が加われば、クサビを打ち込むこととなり残された歯が割れます。

ですが接着面の歯をほとんど削らずにそっくり除去していただけたのは、無理な力が加わって

いないか細心の注意を払いながら行っていただけたからだと思います。長年の経験と技術をもつ

院長に感謝しつつ、失うリスクが歯の大切さを教えてくれたのでした。

 

こんなドキドキ&ヒヤヒヤ体験をしなくて済むように、これからは残された歯を大事にして

歯の寿命を延ばしていきたいです。

このコアを除去した後は時間をかけて再根管治療を行っていきます。

現在も次のステップへと進んでいて、治療していただいて本当に良かったと思いました!

神経を抜いた歯は痛みを感じにくいため、痛みが出た時にはかなり進行していることもあります

ので、皆さんも歯に違和感をもった時はかかりつけの歯科医院で早めに診てもらってくださいね。

生活歯と失活歯

こんにちは。スタッフの後藤です。

むし歯などで歯の治療をしたときに歯医者さんから「この歯は神経までむし歯が

進行しているから、神経を抜きましょう。」と言われたことはありませんか?

神経を抜くとは根管治療のことであり、歯の中にある歯髄という組織を失うことです。

根管治療を行うと一時的に痛みは和らぎ、ある程度の年数はさほどの違和感もなく

噛める場合が多いのと、歯の神経を失うと痛みや不具合にも気づきにくいため、

歯のことを気にかけずに日々を過ごしている方も多いかもしれません。

しかし歯の神経の有無で歯の寿命は大きく変わっていきます。

 

★歯の寿命を左右する歯髄

歯の神経=歯髄が生きている状態の歯は「生活歯(せいかつし)」と呼びます。

反対に歯髄を失った歯のことを「失活歯(しっかつし)」と呼びます。

歯を樹木に例えるなら神経のある生活歯は「樹」で神経を取った失活歯は「木」になります。

「樹」は生きた樹木に対して使う漢字ですが、切り落とされた場合この漢字は使われません。

樹は生きているので大地からの栄養と水分がいきわたり枝は強くしなやか。弾力があるため

簡単には折れないでしょう。

 

逆に伐採された木には、切られた時点で死んだ木となります。栄養も水分も失われて変色し、

枯れ木になっていきます。弾力を失った枝は非常にもろく簡単に折れてしまいます。

これと同じようなことが歯にも当てはまるのですが、神経を失うことで歯は弱く折れやすくなり

白の色調も徐々にグレーがかった茶色っぽい色に変わっていきます。

神経を失うと歯そのものの抵抗力も低下していき、むし歯菌がとどまりやすくなります。

神経がないということはむし歯や歯周病などの痛みを感じるという「歯が出すサイン」にも

気づきにくくなるため、違和感が出たときにはすでに重症化しているケースも少なくありません。

強い痛みを感じる頃には根尖病変(歯の根っこの先端部分が腫れたり、歯の根の部分が割れたり、

細菌が増殖して膿んでしまうなど)が起こっていることも…。

神経を失った歯の寿命は10年以上短くなるとも言われています。

 

ビバ歯科ではできるだけ歯の神経をとらずにご自身の歯を多く残す治療を心がけています。

また神経を失った歯であっても定期的な検診でメンテナンスをしていけば、将来的に

自分の歯を抜かずに長く使っていけるケースも多くあります。

あきらめずに頑張っていきましょう!

布マスク寄付のお礼

こんにちは。ビバ歯科スタッフの後藤です。

6月から政府支給の布製マスク寄付のお願いしておりましたが、このたび

7/30をもちまして終了とさせていたくことになりました。

期間中には本当にたくさんの方から善意のお気持ちを寄付していただき

感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました!

 

口腔がん検診をもっと身近に

こんにちは、ビバ歯科スタッフの後藤です。

突然ですが、日本における口腔・咽頭がんの死亡率が年々増え続けていることを

知っていますか?驚くべきことに現在の口腔・咽頭がんの患者数は30年前の3倍!

世界の先進国の中で日本は口腔がん・咽頭がんが著しく増加し続けています。

また近年、40歳以下の働き盛りの若い世代にもみられるようになってきています。

そして死亡率はアメリカの1.7倍にものぼります。

日本における口腔・咽頭がんの増加は、口腔外科医や歯科医療従事者には

以前から知られていましたが、一般的な認知度はまだまだだと思います。

とは言え、2019年2月にタレントの堀ちえみさんが口腔がんを公表したことが

きっかけとなり、少しずつですが日本国内でも認知されるようになってきました。

 

口腔がんについてもっと広く知っていただくために

口腔がんは日常的なセルフチェックで変化に気づける数少ないがんです。

早期がんの発見が最も重要で、かかりつけの歯科医院で早期発見できる仕組みや、

歯科医院で口腔がん検査を実施する仕組みが確立されることが望まれています。

自分のお口の中に関心を持ち、常日頃から口腔状態を把握しておくことが大切。

そのうえで口腔がん検査を行っている歯科医院で年に一度、定期的な口腔がん

検診をしていけば安心ですね。

 

ビバ歯科では市川歯科医師会と東京歯科大学市川総合病院が共同で作った仕組み

「OCDSIN」(※1)を用いた検査システムにより精度の高い口腔がん検診を行って

います。また、診断結果の内容に応じてより詳しい検査や治療などをお勧めする時は

東京歯科大学市川総合病院などの高次医療機関をご紹介いたします。

お口の中に異変を感じた方は当院までお気軽にご相談ください。

 

ビバ歯科・矯正小児歯科 TEL:047-421-0118

 

※1:Oral Cancer Detected System in Ichikawa city Network
1998年頃より市川市と市川歯科医師会、東京歯科大学 市川総合病院 口腔外科が共同で構築した
市川市口腔がん早期発見システムのこと。