投稿者「viva-dc.com」のアーカイブ

年末年始休診のお知らせ

この1年も患者様に支えられた1年でした。ビバ歯科スタッフ一同より感謝申し上げます。

来年もよりよい歯科医療を提供できるように努めて参りたいと思っておりますので

2020年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

なお当院は12月28日(土)の午後から1月5日(日)まで休診となります。

2020年1月6日(月)は通常通り朝9時からの診療となります。

来年もよろしくよろしくお願いいたします。

 

■急に歯が痛くなったとき

この休診期間中に歯科の救急処置が必要になりましたら、

夜間や休日、年末年始における急病患者への応急的な診療を行う

かざぐるま休日急患・特殊歯科診療所までお問い合わせください。

住所:船橋市北本町1-16-55(保健福祉センター1階)

電話:047-423-2113(代表)

 

それでは皆様、よいお年をお迎えください!

待合室に新しい本を追加しました

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

 

待合室のブックコーナーに「舌がん」に関する本が仲間入りしました。

難しい用語などは使わずにイラストを用いているので視覚的にも

理解しやすく、舌がんについて理解が深まると思いますので

ぜひ手に取って読んでみてくださいね。

 

 

 

 

ちなみにこの本の内容は…

 

それって本当に口内炎?知っておきたい舌がん(扶桑社

2週間以上治らない口内炎はがんの疑いあり。急いで歯科へ

日本で口腔がんの罹患者数は30年で約4倍に増えています。また日本は、口腔がんの死亡者数が

増加し続けている国であり、その数は、人口が約2.5倍ある米国をいずれ上回ってしまうのでは

ないかと言われています。日本の喫煙率は減少しているのに、口腔がんは増加しています。

その口腔がんの約6割を占めるのが「舌がん」です。舌がんは、他のがんに比べると

馴染みのないがんですが、昨今、堀ちえみさんが舌がんステージⅣを公表したことにより、

一躍その注目度が高まりました。

また、堀さんは舌がんを、「口内炎だろう」との認識をしたため発見が遅れたといいます。

口内炎は、誰しもが日常的に罹ることの多い疾患。多くの人々が、いま、舌がんへの関心を高め、

病院や歯科への問い合わせも殺到しています。

(※扶桑社WEBサイトより抜粋)

***

 

こちらの本にも書かれているとおり、2週間以上治らない口内炎は“病気のサイン”かも

しれませんので、細胞検査ができる歯科医院で診てもらうことが本当に重要になってきます。

ビバ歯科の口腔がん検査ではイテック社が開発したThin Prep液状細胞診システムを用いて

病変部から細胞を採取し検査をしています。検査自体はあっという間にできますし、表面に

麻酔もしますので、痛みを感じることも少ないかと思います。

 

もし口内炎など口腔内で気になることがありましたら気軽にお問い合わせくださいね。

 

2020年1月の診療案内

  • 2019年12月29日(日)~2019年1月5日(日)まで年末年始休診となります。
  • 2020年1月6日(月)9:00より通常診療となります。
  • 13日(月)は祝日のため休診です。16日(木)に振替診療いたします。
  • 29日(水)午前は院内セミナーのため休診となります。午後は14時より診療いたします。

 

★年末年始に応急的な歯科診療が必要な場合

当院の休診中に歯科の救急処置が必要になりましたら、夜間・休日・年末年始に

急病患者への応急的な診療を行っている【かざぐるま休日急患・特殊歯科診療所まで

お問い合わせください。

住所:船橋市北本町1-16-55(保健福祉センター1階)

電話:日中:047(423)2113 / 夜間:047(424)2327

よろしくお願いいたします。

少しずつ、クリスマスらしく♪

こんにちは。ビバ歯科スタッフの後藤です。

当院の受付まわりや診療室も少しずつですがクリスマス仕様になってきております。

患者さまが来院するたびに変化に気づいていただけるよう、ちょっとずつですが日々

クリスマスアイテムが増えていますよ。

個人的な一番のお気に入りはスノードームです。ドームの中にクリスマス列車が

グルグルまわって、とってもかわいいんですよ♪

入口の靴置き場の棚に置いていますので、ドーム列車を走らせてみてくださいね!

 

これから寒くなってきますのでインフルエンザなど気を付けてお過ごしください。

 

見つかりました!←迷子のボルゾイを探しています!(大阪)

大阪で迷子になっていたボルゾイのローちゃん、11月17日に無事

見つかったようです!おうちに帰れて本当によかったです。ホッとしました。

 

***

歯科情報ではなく申し訳ありませんが、愛犬家の院長からお願いです。

 

11/12の午前中に大阪の牧方で迷子になったボルゾイの情報をTwitterで見て、

微力ながら情報シェアしたいと思い、ワンちゃんの飼い主さん(保護主さん)情報を

Twitterより転記させていただきます

もしお心当たりのある方や、写真に似たボルゾイを見かけた方は、保護主さん

または大阪・高槻警察まで情報をお寄せください。よろしくお願いいたします。

高槻警察TEL. 0726721234

 

(※捜索中の保護主さんのTwitter記事は削除しました)

 

12日(火)のお昼頃に尼崎市で産業道路を伊丹方面に走ってゆく姿を見たという情報が

最新情報のようです。無事に見つかるようビバ歯科の院長も祈っています!

 

Happy Birthday, 院長!

本日11/15日は院長の64回目のお誕生日です。

いつもお世話になっている感謝の気持ちを込めて、スタッフ一同より

シックなモンブランデコレーションケーキでお祝いです~♪♪

今年もシュガージャックさんのケーキです☆

ロウソクをフーッて消していただきましたよ☆

いつも精力的に患者さんに向き合っている姿にたくさんのことを学ばせていただいています。

益々のご活躍をお祈り申し上げるとともに、今後もご指導のほどよろしくお願いします!

ビバ歯科スタッフ一同より

スノーマンケーキも可愛い♪

歯科心身症とは?

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

私事ですが…姿勢が悪いこともあり20代の就職した頃から肩こりが酷かったのですが、

ここ最近は肩がこわばったりだるくなったり…。肩の違和感で憂うつになることが多く、

1年ほど前から不定期でマッサージを受けたり整形外科にも通っています。さらに

この夏からは月に3回ほど鍼灸診療所にも通って中医師に鍼を打ってもらっています。

鍼治療の際に必ずカウンセリングを行うのですが、症状に対して肩甲骨の機能などは

いたって問題がなく、かと言って四十肩や五十肩といった部類でもないらしく…。

原因が見つからずモヤモヤしていたところ、鍼の先生は更年期の症状なのかもしれないと。

 

更年期症状は、発汗、ほてりやのぼせ(いわゆるホットフラッシュ)、動悸、不安感、

めまい、イライラ感など、そういう症状を指すのだと思っていましたが、これらの症状は

代表的なものに過ぎず、更年期の症状はさまざまで個人差がかなりあると教わりました

中医師の先生の話を聞いているとフムフムなるほどなぁと感じることばかりで、

得体のしれない不安感が少し解消されました。

 

ところで歯科領域において更年期世代の女性が多く占める症状があるのをご存知ですか?

原因のわからない不定愁訴を「歯科心身症」と言い、歯科医療に携わる者には以前から

知られています。患者さんは歯の痛みや噛み合わせが合わないなどの症状を感じて

歯科医院に訪れるのに検査しても異常がないと診断される。治療して治したはずの歯に

違和感や不快感がある。歯だけでなく口腔内全体でも症状が出ることがある。など、

なにかしらの症状を訴えて来院されるのに原因がわからない症状が続くことがあります。

ほかにも、舌がピリピリする、口の中が乾く、口の中がネバネバして不快、食べ物の

味がわからなくなる、口臭が気になって会話ができない…などなど。患者さんによって

多様な症状がみられるのが心身症の特徴です。

 

歯科医院で原因をつきとめるまでに時間がかかることもあり、「気のせいでは?」や

「特に異常ありません」の一言で終わってしまうこともあります。

機能的な異常が見つからずに説明もつかない状態が続くと不安ですよね…。

しかし歯科心身症は歯科治療が引き金となって発症することも多く、歯科患者全体の

10%前後はいると言われています。

 

■歯科心身症は更年期世代の女性が8割。近年は男性も増加傾向にあり

患者さんの8割は女性で、30代後半~60歳代の、いわゆる「更年期世代」に多くみられます。

近頃は真面目で几帳面で神経をつかう仕事をしている男性の患者さんも増加傾向にあるようです。

歯科心身症の定義は時代とともに変わってきていますが、心理と身体のバランスに

脳が影響していると考えられており、心理療法や薬物療法による治療が行われます。

自分の症状はもしかして歯科心身症なのではないか?と不安があれば、まずはかかりつけの

歯科医院に相談していただき、ご自身の症状に合わせた専門医を紹介してもらいましょう。

歯科だけでなく他科との連携をしながら治療の効果を得るよう、焦らずにあきらめずに

じっくり治療に取り組んで解決の糸口を探していきましょう。

日本歯科医師会のウェブサイトでも歯が原因ではない痛み(歯科恐怖症)について

紹介されていますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

『第8回顎顔面口腔育成研究会 学術大会』に参加させていただきました

こんにちは、歯科衛生士の田畑です。

2019年11月3.4日の2日間[ランパ]の学術大会に参加させて頂きました。

今回のテーマは『顎顔面と全身の関わりについて』でした。

私も含め、現代人はどんどんスマホ姿勢になってきていると思います。

スマホ姿勢=前傾姿勢のことです。

私は昭和生まれなので途中からのスマホデビューなのですが、現代の子供たちは

産まれた時から傍らにスマホがある状況です。

前傾姿勢になる→頭が下がる→気道が狭くなる→舌が後ろに下がる→

さらに姿勢が悪くなる→顔にも変化(二重顎など)の悪いサイクルが起こります。

 

これを断ち切るのが「ランパ」なのですが、悪い姿勢等が続けばせっかく

頭・顔・口を治しても元に戻る可能性もあるし、治らない部分も出てくるかもしれません。

 

今まではどうしても歯科という専門分野で働いているので首から上だけに意識がいきがち

でしたが、体はひとつで全てつながっているのでひとつ治せば他に影響を与えるし逆もある。

全身の筋肉や筋膜のつながりを知って(アナトミートレインという考え方)今後に役立て

ましょうというテーマでした。

講師の先生方の講演は私には難しかったのですが、とても勉強になりました!

 

解らないなりにざっくり勝手にまとめてみると・・・

・頭を体の上に乗せるのが正しい姿勢。

・ランパはドクターが主に行う。バイオブロック(口腔内の装置)は患者さんが行う。

・口唇は閉じて舌は正しい位置に。正しい姿勢での3つが矯正を行う上でとても大事。

・歯科で頭・顔・顎・歯の並びやバランスを治したら、他の業種の人達とも連携して

  身体全体のバランスを整えるようにすると後戻りしにくくなり本当の意味で治ったと言える。

・人間は楽をしすぎてしまっている。ジムに行って運動するのもいいが、日常で工夫し

  トレーニングすることも出来る。それを考えるのも大事。(ドキッ・・・)

 

トーマスマイヤー先生が仰っていた「ランパはとてもいい装置だが、この先の世代でこの装置を

使わなくてよくなるにはどうしたらよいのかを考えていくのが大切。」という言葉がとても

心に響きました。

本当にそうだと思います。ランパはとても素晴らしい治療法だとは思いますが、1日12時間以上

顔の周りに大きな装置を着けなければならないし、大変なのも事実です。

いずれランパが必要なくなるようにするのが最終目標なんだな~と思いました。

 

 

1日目の講習会が終わった後、院長にディナーをご馳走していただきました。

上品なお店で料理もお酒もとてもおいしくてとっても嬉しかったのですが、1番うれしかったのは

院長とゆっくり色々な事が話せたことです。忙しい日々の中でゆっくり話すことができなかった

ので、仕事の事やプライベートの悩みなど話せて本当に良かったです!!

私はビバ歯科が好きです☆彡

少しでもビバ歯科に来られる患者さんの助けになれるようにこれからも頑張ります!

 

いい歯の日

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

 

11月8日は語呂合わせで「いい歯の日」です。

ところでいい歯っていったいどんな歯を思い浮かべますか?白くかがやく歯、

むし歯のない歯、歯並びの良い歯、噛み合わせの正しい歯。

いい歯の定義は一人ひとり違うかもしれませんが、どれも正解だと思います。

もっとざっくり大まかに考えると、いい歯の絶対条件には丈夫で健康な歯が必要不可欠で

それがいい歯になります。

なぜならいい歯は全身の健康を守ってくれる役割を担っていて、生涯自分の歯で硬いものや

歯ごたえのあるものなどの食べる喜びを与えてくれるからです。

そしてその延長線上には、口から食べたものが全身に栄養を運び、健康に導いてくれます。

健康でいること=生活の質を高める=QOLの向上につながると思うからです。

 

そもそも「いい歯の日」ができた発端は、1989年(平成元年)に日本歯科医師会と

厚生省(当時)が【80歳になっても20本の健康な歯を残そう!】をスローガンに始まった

「8020(はちまるにいまる)運動」にさかのぼります。この啓発活動も30年を過ぎ、

少しずつですが着実に成果が見てきていています。

 

毎日患者さんの歯と向き合っているので感覚的な部分でもそれは感じていますが、

ハッキリした数字では平成28年に厚生労働省が発表した歯科疾患実態調査の結果(概要版)

わかります。平成28年の調査では80歳で20本の歯がある8020を達成した方の割合が平成23年の

調査時よりも11%アップしており、8020達成者は2人に1人で”過去最高となっています。

20本以上の歯を有する者の割合の年次推移

厚生労働省WEBサイトより

1人平均現在歯数(本)

厚生労働省WEBサイト資料/報道発表資料より

 

現在歯の状況(8020達成者等)/平成28年

  • 60代: 60~64歳…85.2%  65~69歳…73.0% 
  • 70代: 70~74歳…63.4%   75~79歳…56.1%
  • 80代: 80~84歳…44.2%   85歳~ …25.7%

 1人平均の現在歯数/平成28年

  • 60代: 60~64歳…23.9本  65~69歳…21.6本
  • 70代: 70~74歳…19.7本   75~79歳…18.0本
  • 80代: 80~84歳…15.3本   85歳~ …10.7本

 

■8020達成者は年々増加

平成28年の調査では80歳で20本以上の歯が残っている人の割合は51.2%(75歳以上85歳

未満の数値から推計)。85歳以上の方も25.7%の方が20本以上の歯をキープしています。

またこの結果では、80~84歳の平均歯数は15本、85歳以上の平均歯数では10.7本と発表

されています。この結果を見て「歯がこれしか残っていない。少ない…」と捉えるか、

「20本達成までもうひと踏ん張り!!」と捉えるか。あなたはどう感じましたか?

 

8020達成者は「いい歯」を生まれ持っている人とは限りません。

乳歯から永久歯に生え変わった成人の歯は全て揃った状態で28本(親知らずを除く)です。

私たちの歯は持って生まれた歯の質、歯の強度、歯並び、口腔内の細菌などそれぞれ異なり、

一人として同じ口腔環境を持つ人はいません。さらに食習慣や生活習慣、歯みがきのクセ、

喫煙の有無、年齢など様々な要素が重なりあい、長い年月をかけて歯に影響を与えています。

元々持って生まれた歯の質よりも、その後の生活習慣や歯のメンテナンスの習慣などで

大きく変わっていきます。

 

■歯が失われ始めるのは40代頃から

調査結果にもあるように、40歳を過ぎた頃から歯周病やむし歯などで失う歯が少しずつ

増えていきます。将来の自分の歯を少しでも失わないために、かかりつけの歯医者さんを

「治療」をしに訪れる場所から、歯に不具合がなくても定期的なメンテナンスをする場所

として活用していただければと思います。

定期的なメンテナンスでは普段の歯みがきでは取りきれない歯の汚れをお掃除し、正しい

ブラッシングやデンタルフロスなどを学ぶプロケアを年に3~4回行います。

それと並行してご自宅では普段の歯みがきやデンタルフロスなどのセルフケアをしっかり

行っていただく。毎日のホームケアもプロケアと同じぐらい大切です。

ご自身の健康のために日々の積み重ねを続けていってほしいと思います。そしていずれは

1本も歯を失うことなくすべての歯を残す「80歳で28本」が本当の目標なりますように!