歯科医師と注射

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

 

先日「歯科医師、いざ出陣!?」というブログの中で、新型コロナウイルスのワクチン接種における人材不足のため、歯科医師にもワクチンを注射することを特例で認められる方針だ、ということを紹介しました。当院にご通院中の患者様もニュースをご覧になってビバ歯科のことを思い出してくださったようで以下のようなご質問をいただきました。

 

『関本先生も注射をやるの??』

 

~歯科医師と注射~

関本先生というのは当院の院長で歯科医師です。先の患者様とは長年のお付き合いなのですが、「関本先生もワクチン接種のお手伝いをするんですか?でもお口の中の注射もやることあるし、注射する場所が腕になるだけですよね?」というような内容でした。確かにその通りです。歯科医師も注射をすることはあるのです

 

昨今の報道のされ方から、稀に「歯科医師は注射自体をすることができない」と誤解をされることがあるのですが、そんなことはございません。歯科治療上必要な注射は歯科医師でも法的に認められています。わかりやすい例をあげますと口腔がんの治療です。その際必要な抗がん剤注射は歯科医師が打ちます。

 

もちろん新型コロナウイルスについては内科つまり医師の領域のため、通常は歯科医師による注射は認められておりません。そのため先述のように「特例で認める」といった報道になります。しかし、口腔内におけるすなわち歯科治療の領域であれば歯科医師も日常的に注射をおこなっておりますので、そこは世間に正しくお伝えできればとおもい、一筆とらせていただきました。

 

******

ところで、みなさんはダブルライセンスという言葉をご存じでしょうか。これは異なった複数の資格を有することを指します。例えば、「弁護士×医師」、「行政書士×ファイナンシャルプランナー」等の組み合わせです。なんかちょっとカッコイイですよね。

実はその昔日本でも医師不足への対策として、このダブルライセンスの考えを導入した時期があったようです。すなわち、歯科医師を医学専門学校に編入させ、二年間の医学教育を経て医師免許を与える編入科というのが設けられたとのことでした。ただこの編入科の制度は2期生までで終了・廃止になったそうで長くは続かなかったようです。

 

少し話は逸れましたが、このブログを通じて歯科医師に関する間違った認識や誤解がないようにお伝えできればと思います。ただしもちろん専門領域は異なりますので、もし本当にワクチン接種に動員されることになったなら自治体の指示・指導に従い事前の研修を受け参加させていただくつもりです。いずれにしてもワクチンを受ける方々がご不安のないように最善を尽くしてまいります。