口腔内を改善してウイルスに負けない身体になろう!

こんにちは。スタッフの後藤です。

国内の新型コロナウイルス感染者数が東京都を中心に千葉県内でも増えてきています。

世界経済へ及ぼした影響は計り知れませんが、医科・歯科においても地域のクリニック

では緊急事態宣言発令後から緊急処置以外の治療は自粛される患者様も多く存続の危機を

感じている医院も少なくないと想像できます。

当院でも多くの方から「世界中が大変な時に治療して大丈夫なの?」、「歯科医院だから

唾液や粉塵などがたくさん舞っていそうで治療するのが心配」といったお声を頂きました。

患者さんの不安なお気持ちや、新型コロナウイルス感染症が怖いから受診を控えようと

考えるお気持ちはとてもよくわかります。

しかし歯の治療を「受診控え」をすることは、あまりおすすめできません。なぜなら

お口の中を清潔に保っていないと口腔内の細菌環境のバランスを乱すことにもなるからです。

口腔内の細菌のバランスが崩れると、免疫力の低下や体のどこかで不調になったりもします。

受診控えが長引くと口腔内の状態は深刻になっていきます。

口腔状況=お口は全身の健康にも密接に関係していて、歯周病やむし歯が高血圧や糖尿病、

内科的疾患にも複合的に関わっているのは広く知られてきています。

また、口腔内の細菌が出すたんぱく分解酵素などが、ウイルスの感染力を増加させる

報告などもあります。お口を清潔に保ち口腔機能を管理していくには歯科クリニックでの

歯周病やむし歯の治療と定期的なクリーニングが第一選択肢になります。

口腔内に不調を感じた時にお薬の服用だけで状態をコントロールしていくにはむずかしく、

オンライン診療や電話診療で管理するには不向きなのではないかな、と思います。

 

新型コロナウイルス感染よりもずっと以前から、どこの歯科医院でもきちんと感染症対策に

取り組んでいますので安心して治療にいらしてください!

 

なお当院で以前より行っている飛沫対策をご紹介します。

歯を削るときに飛び散る目に見えないほどの細かい粉塵と水分を、強力な吸引力で吸い取る

器機を導入しております。そのほかにも大容量の医療用空気浄化装置を稼働させています。

ウイルスや粉塵、花粉などから患者さんを守り、安心安全な環境を提供できるよう細心の注意を

払い感染予防を心がけています。

 

恐怖や心配な気持ちは信頼できる医院との出合いできっと変わるはずです。ぜひ信頼できる

歯科医院を見つけて、定期的なクリーニングや歯科治療をしていただければと思います。

当院もより一層の安心を提供するにはどうしたらいいのか日々考えていきます。