ついに新型コロナワクチン接種

ビバ歯科・矯正小児歯科の関本浩貴です。

59日の日曜日、分院・ビバファミリー歯科・矯正歯科のスタッフたちと連れ立って、新型コロナワクチン1回目の接種に行ってきました。会場は市川真間駅前にある市川市歯科医師会館です。午前10時からの回だったので余裕をもって、20分前に医師会館門前に集合しました。

 

市川市では医師会・歯科医師会・薬剤師会(三師会と呼ばれています)の連携が強いためか、三師会の医療従事者の中の接種希望者全員を医師会館に集めて医師会の先生方が接種を担当してくださっています。市川市医師会の先生方や職員の皆様には、心よりに感謝申し上げます。

 

医療従事者への新型コロナワクチン優先接種の方法は各市町村で方式が違うらしく、本院のある船橋市では千葉県から送られてくる接種券にすでに接種を受ける医療機関が記載されていて、各自がその医療機関に予約を入れるという方式です。

本院・ビバ歯科・矯正小児歯科のスタッフたちも、随時、予約を入れており少しずつワクチン接種が進んでいく模様です。

 

医師会館での接種ですがシステムがよく練られていて、流れ作業のようにスムースにワクチン接種を終えることができました。

かつて僕も歯科医師会で口腔がんの集団検診を指揮した経験などがあるため、様々な集団を対象にしたイベントを見るにつけ、つい自分が主催者側にたったらどのようなシステムにするだろうかと穿った見方をするような癖が身についてしまっています。素直じゃないのかもしれません。そのような目線で見ても、医師会のワクチン接種はスムースに流れていました。

 

さて、皆さんが気になるであろう接種後の副反応ですが、結論から申し上げますと僕の場合はほとんど問題にならない程度でした。当日の夜から接種部位の軽微な痛みと腫れがありましたが三日目にはほぼ忘れている程度に改善し、四日目には通常に戻りました。仕事への影響は無きに等しかったです。さらに僕だけでなく一緒に受けたスタッフたち全員が、僕と同様の反応でした。以上のことから、これからワクチン接種を控えている人たちは、安心してワクチン接種をうけてください。

 

最も副反応は1回目接種よりも抗体ができた2回目の接種の方が強くなるということですので、2回目の接種後の反応もご報告しますね。また、噂では若い人の方が副反応が強くなるとの話もあるので、僕のような若くない者には副反応も現れてくれないのかもしれません。

 

当日はくしくも母の日でしたが、ふと見ると市川真間駅が素敵な計らいを見せていました。京成の市川真間駅は母の時期シーズンだけは「市川ママ駅」になるそうです。語呂合わせが息ですね。ここしばらくコロナ自粛のために外に出る機会が激減していますが、たまの散歩のようで新鮮な体験でした。