グリュック保育園さんの歯科健診に行ってきました

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科院長の関本です。

 

62日水曜日、歯科衛生士の田畑と共に当院から徒歩30秒のグリュック保育園に、例年の歯科健診に行ってきました。この日は1年の中でも最も楽しい日の一つです。僕は結構、歯科健診が好きで公的な1歳半健診、3歳児健診、小学校の健診、そして保育園の健診、どれも好きです。いずれも健診が終わった後には妙な充足感に満たされています。

集団検診は短時間で口腔内全体の診査をしなくてはならず、むし歯や歯肉炎は元より粘膜の状態、顎関節の状態、咬み合わせや骨格にも目を配らなくてはなりません。特に幼い子の場合は、先天的な疾患や重篤な疾患の兆候がないかにも目配りしなくてはなりません。それこそ全集中・水の呼吸?で務めるように努力するのですが、それだけにやりがいのあるお仕事だと思っています。毎年、一緒にサポートしてくれている歯科衛生士の田畑も全集中・炎の呼吸?で、頑張ってくれています。

 

グリュック保育園さんの園長先生のご家族は保育園創立以前から存じ上げており、そのご縁から保育園創立当初から歯科園医をさせていただいています。ビバ歯科・矯正小児歯科に歯科園医をご依頼いただいたこと、本当に有難いと思っています。

園の子供たちは、本当に元気で園内に入ったとたんエネルギーのシャワーに洗われます。園の先生方がいつも明るく元気なのは、日頃、そのシャワーを浴びているからに違いありません。子供たちの様子は、健診をものともせずに平然としている子や笑っている子もいれば、駄々をこねる子もいますし、中には泣いている子もいて、本当に十人十色です。本来、人とはこれほどまでに多様な個性なのだと思いながら検診しています。

今年も無事に健診を終えることができましたが、来年もまたよろしくお願いいたします。グリュック保育園の子供たちや親御さんの、少しでもお役に立てればと思っています。