マスク生活と口腔内環境

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。
新型コロナウイルスの感染予防の為、日常生活において必要不可欠になったマスク。歯科医療に従事している当院スタッフたちは以前から業務中にマスク着用が習慣的になっているのですが、ウィズ・コロナ後からマスクを着用するようになった大半の方にとって、長期間かつ長時間のマスク生活はナーバスになるときもありますよね。
マスク着用時に口腔内トラブルのきっかけになったり、今まで自覚していなかった口腔内環境への関心の変化をもたらしていることが分かってきました。

そこでマスク生活になって気をつけたいことをいくつかご紹介します。

 

1.以前より口臭が気になる

マスク生活でまず気づくのは口臭ではないでしょうか。口臭にも一時的なものから慢性的なものまでありますが、多くは歯周病菌やむし歯菌によるものが関係しています。特に歯周病菌が放出する口臭は「病的口臭」と呼ばれるほど深刻です。この臭いの元は揮発性硫化合物というガスで硫黄のような臭いを伴います。うがいや歯みがきだけでは歯周病菌の臭いをなくすことはできません。歯周病は痛みもなく長い期間をかけて静かに進行していくため、歯科医や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで歯周ポケットに潜む細菌を根こそぎ取り除き、細菌の繁殖を抑えることが必要不可欠になります。

 

2.マスク着用による口呼吸の習慣

鼻呼吸には埃や花粉、ウイルスなどの異物を通さないフィルターの役割があり、同時に気道を乾燥から守って加温・加湿して肺に空気を送ります。しかし長時間のマスク着用で無意識のうちに口呼吸が習慣になっていくと口腔内は乾燥していきます。乾燥すると唾液の分泌量も減ってしまうため、唾液による口腔内の自浄作用も期待できなくなります。すると歯周病の悪化や睡眠時無呼吸症候群、誤嚥性肺炎、口腔機能低下症、慢性の扁桃炎…etc.etc。口呼吸は口腔内にとどまらず、身体の様々な疾患を悪化させる原因にもなります。

 

3、水分不足

マスクをしていると水分を摂るのを忘れがち。水分は喉を潤すだけでなく、唾液の分泌も促します。唾液は天然の抗菌薬とも天然の口臭抑制薬とも呼ばれることもあるほど、自浄作用に優れています。口の中の殺菌、抗菌、洗浄、粘膜の保護、食べ物を飲み込みやすくする働き、むし歯や歯周病や口臭予防の働きがあり、1日に約1.5ℓの大量の唾液を分泌します。
特に年齢を重ねていくと加齢などで唾液量がだんだん少なくなっていくので、意識的に水分を摂取するよう心掛けてください。また顎の下あたりにある唾液腺を指でマッサージすると刺激になり唾液が出やすくなります。ぜひお試しください。

 

4、表情に出さなくなる表情筋の衰え

マスクを着用していると笑顔などの感情を出すことが極端に減っていくため、表情筋が衰え、顔がたるんでいきます。お口のまわりの筋肉がたるんでくると口や舌の筋肉も緩みやすくなり、より一層お口を開くようになります。そして舌の位置が少しずつ沈下していきます。舌の位置が下がると睡眠中にも口呼吸になりやすく、イビキをかいたり呼吸が浅くなっていき、睡眠時無呼吸症候群に進行していきます。表情筋を衰えさせないよう、常日頃からマスク着用している時も舌を歯の表面をなぞるようグルグルまわしたり、左右にゆっくり回転させる運動などを行って口呼吸を予防するとよいかと思います。

 

口呼吸にならないよう意識的に気を付けて、マスクと付き合っていきたいですね!