スタッフの日常」カテゴリーアーカイブ

メタルコアの除去

こんにちは、スタッフの後藤です。

雨が続いていた頃は太陽が恋しかったのですが、梅雨が明けたら猛暑が厳しいですね。

外を歩くだけで、まるでアスファルトは熱した鉄板のようです。

今年の夏はマスク着用がエチケットとなっていますが、息苦しさを感じたらマスクを外して

深呼吸を!こまめな水分補給と塩分補給をして熱中症に気をつけてお過ごしくださいね。

 

 

さて、先月のことになります。

私事で恐縮ですが、以前から歯の内側に違和感があり、歯をコンコンと叩くと鈍く響くような

感触が気になっていたので、院長先生に上顎の第一大臼歯(正面から6番目の歯)の

根管治療をしていただきました。(現在も治療は続いています。)

 

根管治療とは

そもそも根管治療とは、歯の根っこ(=根管)がむし歯菌などで細菌感染した神経(=歯髄)と

細菌の酸で溶けて軟らかくなった周囲の歯(=感染歯質・感染象牙質)を完全に除去して

殺菌・防腐剤の充填を行って修復する治療のことです。修復した土台は最終的には被せ物

(=人工歯冠)を取り付け、自分の歯に近づけた成形に整えるのが治療のゴールになります。

 

再根管治療を繰り返すと破折するリスクも高まる

今回治療していただいた歯は実は20年近く前に他院にて根管治療を行った歯でしたので

「再根管治療」となります。通常であれば神経を抜いた歯は痛みを感じません。それなのに

違和感や痛みが出るのは、むし歯そのものの痛みではなく歯の根の先端が細菌によって炎症して

いる状態ということです。私の場合、治療に入るまで痛みがあったので痛み止めの薬を飲んで

いましたが、歯の内側をたたくと鈍く響くような感覚がずっとありました。

このとき歯の中の状態を確認するためにレントゲン写真を撮るのですが、金属の被せ物の場合

レントゲンには写らないので、実際に外してみないと状態が確認できません。

そのため実際の治療に入るまでの間はけっこう進行しているのではないかと不安でした。

根管治療を何度も繰り返すことで歯はどんどんもろくなっていきます。例えば、歯の根が膿んで

歯根端切除術を行う、とか、すでに深くまで歯を削って失っていたら残せる歯がないかも、とか。

歯を残せた場合でも、もろくなった歯が破折してしまったら抜歯、などなど。損傷の程度にも

よりますが再根管治療は歯を失うリスクが前回の治療時よりも格段に高くなるのです。

 

メタルコアの特徴

ちなみに20年前の治療時では、神経を抜いた歯の土台にはメタルコアポスト(=銀の土台)を

被せ物にはメタリッククラウン(=銀の被せ物)を入れていました。どちらも保険適用の素材で、

皆さんがイメージする「銀歯」と呼ばれているものです。

メタルなので非常に硬く頑丈ではあるものの、その硬すぎる性質ゆえに土台に使用すると

強い力がかかった時や食いしばりが強い方の場合、歯が割れてしまうこともあると言われます。

診療台に座るまでは抜歯になったらどうしよう抜歯したらインプラント?それともブリッジ?

など頭のなかをグルグル状態でしたが、ようやく治療開始です。

 

長くて太いメタルコア

レントゲン写真を見ていただくとわかるかと思いますが、私の歯に入っていたメタルコアは

根管の奥深くにまで入っています。しかも太くて長い!ちょっとやそっとじゃビクとも

しないであろう頑丈な土台を安全に除去するのは結構難しいかもしれません。

メタルコアポストを除去する場合、色々な方法があるかと思いますが、今回の私の治療では

わりとワイルドなやり方で、まるで土から大根をズボッと抜くように?!で除去しました。

(こんな例えでスミマセン 🙄 )おかげさまで本当に立派なメタルコアが抜けました。

このコアの写真を見て思うのは、複数根のある巨大なメタルコアを除去するのは困難!!

ですが接着面の歯をほとんど削らずに、そっくり除去していただけたのは長年の経験と技術を

もつ院長のおかげです。

 

メタルコアが深くまで埋まっていたということは残存歯質が少ない状態であるとも言えるのですが

リスクのある歯を出来るだけ削らず、最小限のダメージで済むように除去するのはとても技術が

要ること。加減が狂って強い力が加われば、クサビを打ち込むこととなり残された歯が割れます。

ですが接着面の歯をほとんど削らずにそっくり除去していただけたのは、無理な力が加わって

いないか細心の注意を払いながら行っていただけたからだと思います。長年の経験と技術をもつ

院長に感謝しつつ、失うリスクが歯の大切さを教えてくれたのでした。

 

こんなドキドキ&ヒヤヒヤ体験をしなくて済むように、これからは残された歯を大事にして

歯の寿命を延ばしていきたいです。

このコアを除去した後は時間をかけて再根管治療を行っていきます。

現在も次のステップへと進んでいて、治療していただいて本当に良かったと思いました!

神経を抜いた歯は痛みを感じにくいため、痛みが出た時にはかなり進行していることもあります

ので、皆さんも歯に違和感をもった時はかかりつけの歯科医院で早めに診てもらってくださいね。

『第8回顎顔面口腔育成研究会 学術大会』に参加させていただきました

こんにちは、歯科衛生士の田畑です。

2019年11月3.4日の2日間[ランパ]の学術大会に参加させて頂きました。

今回のテーマは『顎顔面と全身の関わりについて』でした。

私も含め、現代人はどんどんスマホ姿勢になってきていると思います。

スマホ姿勢=前傾姿勢のことです。

私は昭和生まれなので途中からのスマホデビューなのですが、現代の子供たちは

産まれた時から傍らにスマホがある状況です。

前傾姿勢になる→頭が下がる→気道が狭くなる→舌が後ろに下がる→

さらに姿勢が悪くなる→顔にも変化(二重顎など)の悪いサイクルが起こります。

 

これを断ち切るのが「ランパ」なのですが、悪い姿勢等が続けばせっかく

頭・顔・口を治しても元に戻る可能性もあるし、治らない部分も出てくるかもしれません。

 

今まではどうしても歯科という専門分野で働いているので首から上だけに意識がいきがち

でしたが、体はひとつで全てつながっているのでひとつ治せば他に影響を与えるし逆もある。

全身の筋肉や筋膜のつながりを知って(アナトミートレインという考え方)今後に役立て

ましょうというテーマでした。

講師の先生方の講演は私には難しかったのですが、とても勉強になりました!

 

解らないなりにざっくり勝手にまとめてみると・・・

・頭を体の上に乗せるのが正しい姿勢。

・ランパはドクターが主に行う。バイオブロック(口腔内の装置)は患者さんが行う。

・口唇は閉じて舌は正しい位置に。正しい姿勢での3つが矯正を行う上でとても大事。

・歯科で頭・顔・顎・歯の並びやバランスを治したら、他の業種の人達とも連携して

  身体全体のバランスを整えるようにすると後戻りしにくくなり本当の意味で治ったと言える。

・人間は楽をしすぎてしまっている。ジムに行って運動するのもいいが、日常で工夫し

  トレーニングすることも出来る。それを考えるのも大事。(ドキッ・・・)

 

トーマスマイヤー先生が仰っていた「ランパはとてもいい装置だが、この先の世代でこの装置を

使わなくてよくなるにはどうしたらよいのかを考えていくのが大切。」という言葉がとても

心に響きました。

本当にそうだと思います。ランパはとても素晴らしい治療法だとは思いますが、1日12時間以上

顔の周りに大きな装置を着けなければならないし、大変なのも事実です。

いずれランパが必要なくなるようにするのが最終目標なんだな~と思いました。

 

 

1日目の講習会が終わった後、院長にディナーをご馳走していただきました。

上品なお店で料理もお酒もとてもおいしくてとっても嬉しかったのですが、1番うれしかったのは

院長とゆっくり色々な事が話せたことです。忙しい日々の中でゆっくり話すことができなかった

ので、仕事の事やプライベートの悩みなど話せて本当に良かったです!!

私はビバ歯科が好きです☆彡

少しでもビバ歯科に来られる患者さんの助けになれるようにこれからも頑張ります!

 

ひがふなフェスタ、ありがとうございました!

ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

お礼が遅くなりましたが今年もひがふなフェスタを無事に終えることができました。

ビバ歯科ブースに立ち寄ってくださった多くの皆様、楽しい時間をありがとうございました!

そしてこの日のために準備してくださったひがふなフェスタ運営スタッフの皆様と

東船橋を発展させるために活気ある街づくりに取り組んでいる地域の皆さんにも

感謝の気持ちでいっぱいです。重ねてお礼申し上げます。

 

今年のビバ歯科ブースでは、フランクフルト、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、

12名様限定の口腔がん・口腔粘膜検診を出しものとして用意いたしました。

ふだん小児矯正に通ってくれているお子さんたちをはじめ定期検診でいつもお世話になっている

患者さんファミリーや、とにかく元気でイキのいいキッズたち、真剣にスーパーボールすくい

ヨーヨー釣りにチャレンジしている小さいお子さんを囲んでご家族で応援しながら楽しんでいる

ファミリー、etc、etc…たくさんの笑顔があふれた1日でした。

地域の方々と交流する機会をいただけ、普段の歯科業務とは違ったコミュニケーションが

新鮮でとっても楽しかったです!

 

ひがふなフェスタ当日の朝はどんよりとした曇り空でしたが、時間が経つにつれ晴れ間が

みえてきましたし、暑くも寒くもないちょうどいい気候。

駅前ロータリーは朝からたくさんの人で賑わっていて、ワクワクするような素敵な

お祭りのスタートとなりました。

とはいえ、お昼前頃にゲリラ的な大雨がザーッと降ってきた瞬間があり、その時ばかりは

このまま雨天中止になっちゃうのかな…と、一瞬ヒヤヒヤする場面もありましたが。

テントがひとつしかなかったビバ歯科ブース、しかもテントの中心には風通しが良くなるよう

設計されたスリット?があり、容赦なく大雨が入り込みビバスタッフ全員アタフタ!(汗)

雨というピンチに見舞われましたが、院長がダッシュで追加のテントを買いに走ってくれたので

大事にいたらずに済みました。(ホッ)

午後には雨も止み、穏やかなお天気に♪

小さいハプニングもちょこちょこありました(ハプニングさえも楽しい♪)が、みんな笑顔で

概ねスムーズに終えられました。

今年の反省点はフランクフルトが予想をはるかに上回る人気で、夕方前には売り切れてしまった

ことです。来年の出しものはまだ決めていませんが、何をするにせよ少し多めに準備することを

肝に銘じました。経験を重ねてさらに充実したビバ歯科ブースになるよう、ブラッシュアップ

していければと思います!

happy☆

こんにちは!田畑です。

雪が降ったりもしましたが、ようやくTHE春!になってきましたね。

私はガサツな性格&見た目とは裏腹に草花が好きなので、

春から初夏にかけてのこの季節が大好きです☆

なんだかhappyが多い気がします🎶

中でも、最近ものすごくhappyなことがありました!

 

私ごとですが、去年結婚して堤から田畑に変わりました。恥ずかしいのでスタッフ以外には

あまり自らお伝えしてなかったのですが、長く担当させて頂いている患者さんが

名前が変わった事に気付いてくれました。

そしてとっても素敵なプレゼントをくださいました☆☆

私のことを気にかけてくれたことや、何気ない会話からお花が好きな事を

覚えててくださったことが本当に本当に嬉しかったです!!ありがとうございます🎶

 

忙しくてイライラしてキーってなる事も多々ありますが(笑)

気にかけてくださる方がいたり、笑ったり泣いたり怒ったりと

自然と喜怒哀楽が出せる職場で働けて最高にhappyだな〜と思います☆

人生の門出

こんにちは!

ビバ歯科の歯科衛生士として4年間、一緒に切磋琢磨してきた若手ホープの増田さんが

3月いっぱいで退社し、ビバ歯科は今までとは少し違った変化を感じる春を迎えています。

***

 

先日、ビバ歯科本院の歯科衛生士だった増田さんと、

市川市にある分院のビバファミリー歯科で8年間、歯科助手を務め

寿退社した田村さんの送別会が行われました。

 

院長先生お気に入りの船橋駅近くの焼肉 琉宮苑さんのコース料理♪

お肉がとろけるほど柔らかく、とっても美味しかったです!

増田さん、今までお疲れ様でした!

田村さん、ご結婚おめでとうございます!

送別会は焼肉~♪

増田さん、田村さんの人生の門出を祝って。これからのおふたりの人生に乾杯!

 

ご結婚おめでとう♪

この春、ビバ歯科の分院で市川市にありますビバファミリー歯科にて

歯科助手として長く勤めてくださっていた田村さんがご結婚され、

ご主人様の転勤に伴って退職することになりました。

 

元々は東船橋のビバ歯科の歯科助手として勤めてくださっていて、そして市川の

ファミリー歯科に勤務になった後もちょくちょく顔を見せてくれたりヘルプに来てくれたりで

本院・分院関係なくスタッフみんなが家族のような関係でした。

 

仲間になってくれてありがとう。

そして8年間本当にお疲れ様でした!

いつも笑顔でファミリー歯科を支えてくれ、感謝しかありません。

院長&スタッフで寄せ書きをプレゼント★

スタッフみんなでパチリ

ますますお幸せになってね。新しい土地で第二の人生も楽しみながら頑張って。

ずーっと応援しています。 ビバ歯科スタッフ一同より★

平成最後のバレンタインデー★

今年は平成最後のバレンタインデー。

ビバ歯科でもスタッフより感謝の気持ち&愛?!を込めて院長先生にチョコレートを贈りました!

普段の感謝の気持ちを込めて

そういえば今年はルビーチョコレートがメディアでフューチャーされていましたね。

着色料を一切使わないカカオ由来の鮮やかなピンク色とベリーのようなフルーティーな

酸味が特徴で、ダーク、ミルク、ホワイトに次ぐ第4のチョコレートとして

約80年ぶりに開発されたピンク色のチョコなんだとか。

皆さんはもう召し上がりましたか?

ビバスタッフは残念ながらまだ誰も食べてません~(涙)

機会をみつけて買ってみたいと思います★

 

そうそう。

チョコレートを食べた後の歯みがきもお忘れなく!笑

 

節分2019

今年も節分の時季がやってきました。

ビバ歯科では毎年欠かさずにスタッフみんなで豆まきをして、

無病息災を願って恵方巻をほうばりました!

そしてランチ後のお楽しみに、シュガージャックさんのケーキ♪♪♪

恵方巻もケーキも院長先生がご用意してくださいました!ありがとうございます!

 

今年の恵方の方角は東北東!

院長もスタッフもよそ見せず、おしゃべりもせず、一心不乱に(?!)いただきましたよ。

ビバ歯科は季節のイベント事をスタッフみんなで楽しめる職場です。しあわせで~す!

第七回 顎顔面口腔育成研究会 学術大会に参加させて頂きました!

今年も11月3.4日の二日間『第七回 顎顔面口腔育成研究会 学術大会』に参加させて頂きました。

ビバ歯科も”第3世代の矯正(歯だけではなく骨から治す矯正)を始めて4年半が経ち、

ランパをされている患者さんもだいぶ増えました!

とは言えまだまだ知らない方の方が多く、他の矯正と勘違いされている方もいたり、

日々進化しているので私ももっともっと勉強しないと追いつけない方法です。

 

この学術大会に参加させて頂くようになり3年になります。

正直‼︎秋の貴重な連休!遊びに行きたい!海に行きたい!(私は趣味でボディーボード

をしています🎶) 行く前はこういう気持ちが70%を占めます。

ですが、不思議と大会が終わると本当参加出来て良かった!が100%になります。

それだけ毎回とても勉強になり、面白いのです。

 

講演の内容はハイレベルで難しいのですが、解りやすく説明してくださるので

とても勉強になりました。間違っているかもしれませんが私なりにまとめてみると、

ランパ.バイオブロック療法というのはお口の内外の装置を使って行う矯正ですが、

その装置に頼りっきりでは100%治すことは出来ません。

顔.頬.唇の筋肉のトレーニング、適度な全身運動や全身のバランスも関係してきます。

きちんと筋肉や骨のつき方、ご家庭でできるトレーニング方法を知り、医療人側と患者さん、

ご家族の方が協力してはじめて100%治すことができるというものでした。

 

ものすごくはしょって書きましたが、詳しい説明や方法をたくさん聞いてきましたので

今後ビバ歯科でお伝えできたらと思います!

 

そして、今回院長先生がポスター発表(ビバ歯科のランパの症例を報告するもの)をしました。

他の先生方から「すごいですね!治ってますね」と院長先生に話している声が聞こえてきて

私もとても嬉しくなりました!

 

矯正は費用も時間もかかり大変です。

中でもランパ.バイオブロック療法は特に大変だと思います。

ですが、治った時得られるもの(歯並びはもちろん、体の病気が楽になったり

痛みがとれたり…)はとても大きいです。

 

現在の子供は体が弱かったり、疲れやすかったり、アレルギー等、私達が考えてるより

もっと深刻な問題を抱えています。ランパ.バイオブロック療法をたくさんの人に知ってもらい、

子供達の笑顔がもっともっと増えるように頑張っていきたいと思います‼︎

 

田畑

素敵な演奏にうっとり・楽しいダンスにワクワク♪

皆さんこんにちは!歯科衛生士の田畑(堤)です。

先日9月14日に患者様のお姉さまが代表をされている「多摩アフリカセンター(NGO)」主催の

「アフリカを知るー音楽の交流と支援の輪 第16回チャリティーコンサート」に

院長先生の代理として(院長先生がその日インプラント学会で残念ながら参加できなかったので)

出席させていただきました。

私はクラシック音楽の生演奏を聴くことが初めてだったのでとても楽しみにしていました。

 

どうしよ~何着ていこう?一人だし席は空いてるかな、と前日から緊張していたのですが、

当日は会場に入ると患者さんがこっちこっち~と隣の席に案内してくれたので

とても安心して聴くことができました☆彡

 

初めに歌手の「カズン」の漆戸 啓さんのご挨拶がありました。

ウガンダ共和国の親善大使をされているということでとてもビックリしました!

最近はボランティアや支援が広がってきてはいるけれど、まだまだアフリカや

様々な国では勉強したくても貧しさから学校に通えない子供たちが沢山いるそうです。

このチャリティーコンサートの収益金はそのような貧しい子供たちを救うために

使われているとの事でした。

 

プログラムは一部がピアノやバイオリン・マリンバ等のクラシック中心の演奏で

二部がアフリカバンドでダンス音楽等のノリノリな演奏でした。

クラシック音楽の演奏はとても素晴らしくて曲に引き込まれる感覚を初めて体験しました!

お休みの日にまた行きたいなと思いました☆

アフリカバンドはガラッと雰囲気が180度変わってノリノリの踊りだしたくなるような

陽気な感じでした!踊っている方もたくさんいて「いいな~楽しそうだな~」と

思ったのですが照れが勝って踊れずでした。

次回は踊れるかな・・・

 

とってもとっても貴重で楽しく素敵な経験ができました♪

また来年もぜひチャリティーコンサートに参加させていただきたいなと思いました☆彡

 

ありがとうございました!!