むし歯」タグアーカイブ

歯科心身症とは?

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

私事ですが…姿勢が悪いこともあり20代の就職した頃から肩こりが酷かったのですが、

ここ最近は肩がこわばったりだるくなったり…。肩の違和感で憂うつになることが多く、

1年ほど前から不定期でマッサージを受けたり整形外科にも通っています。さらに

この夏からは月に3回ほど鍼灸診療所にも通って中医師に鍼を打ってもらっています。

鍼治療の際に必ずカウンセリングを行うのですが、症状に対して肩甲骨の機能などは

いたって問題がなく、かと言って四十肩や五十肩といった部類でもないらしく…。

原因が見つからずモヤモヤしていたところ、鍼の先生は更年期の症状なのかもしれないと。

 

更年期症状は、発汗、ほてりやのぼせ(いわゆるホットフラッシュ)、動悸、不安感、

めまい、イライラ感など、そういう症状を指すのだと思っていましたが、これらの症状は

代表的なものに過ぎず、更年期の症状はさまざまで個人差がかなりあると教わりました

中医師の先生の話を聞いているとフムフムなるほどなぁと感じることばかりで、

得体のしれない不安感が少し解消されました。

 

ところで歯科領域において更年期世代の女性が多く占める症状があるのをご存知ですか?

原因のわからない不定愁訴を「歯科心身症」と言い、歯科医療に携わる者には以前から

知られています。患者さんは歯の痛みや噛み合わせが合わないなどの症状を感じて

歯科医院に訪れるのに検査しても異常がないと診断される。治療して治したはずの歯に

違和感や不快感がある。歯だけでなく口腔内全体でも症状が出ることがある。など、

なにかしらの症状を訴えて来院されるのに原因がわからない症状が続くことがあります。

ほかにも、舌がピリピリする、口の中が乾く、口の中がネバネバして不快、食べ物の

味がわからなくなる、口臭が気になって会話ができない…などなど。患者さんによって

多様な症状がみられるのが心身症の特徴です。

 

歯科医院で原因をつきとめるまでに時間がかかることもあり、「気のせいでは?」や

「特に異常ありません」の一言で終わってしまうこともあります。

機能的な異常が見つからずに説明もつかない状態が続くと不安ですよね…。

しかし歯科心身症は歯科治療が引き金となって発症することも多く、歯科患者全体の

10%前後はいると言われています。

 

■歯科心身症は更年期世代の女性が8割。近年は男性も増加傾向にあり

患者さんの8割は女性で、30代後半~60歳代の、いわゆる「更年期世代」に多くみられます。

近頃は真面目で几帳面で神経をつかう仕事をしている男性の患者さんも増加傾向にあるようです。

歯科心身症の定義は時代とともに変わってきていますが、心理と身体のバランスに

脳が影響していると考えられており、心理療法や薬物療法による治療が行われます。

自分の症状はもしかして歯科心身症なのではないか?と不安があれば、まずはかかりつけの

歯科医院に相談していただき、ご自身の症状に合わせた専門医を紹介してもらいましょう。

歯科だけでなく他科との連携をしながら治療の効果を得るよう、焦らずにあきらめずに

じっくり治療に取り組んで解決の糸口を探していきましょう。

日本歯科医師会のウェブサイトでも歯が原因ではない痛み(歯科恐怖症)について

紹介されていますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

いい歯の日

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

 

11月8日は語呂合わせで「いい歯の日」です。

ところでいい歯っていったいどんな歯を思い浮かべますか?白くかがやく歯、

むし歯のない歯、歯並びの良い歯、噛み合わせの正しい歯。

いい歯の定義は一人ひとり違うかもしれませんが、どれも正解だと思います。

もっとざっくり大まかに考えると、いい歯の絶対条件には丈夫で健康な歯が必要不可欠で

それがいい歯になります。

なぜならいい歯は全身の健康を守ってくれる役割を担っていて、生涯自分の歯で硬いものや

歯ごたえのあるものなどの食べる喜びを与えてくれるからです。

そしてその延長線上には、口から食べたものが全身に栄養を運び、健康に導いてくれます。

健康でいること=生活の質を高める=QOLの向上につながると思うからです。

 

そもそも「いい歯の日」ができた発端は、1989年(平成元年)に日本歯科医師会と

厚生省(当時)が【80歳になっても20本の健康な歯を残そう!】をスローガンに始まった

「8020(はちまるにいまる)運動」にさかのぼります。この啓発活動も30年を過ぎ、

少しずつですが着実に成果が見てきていています。

 

毎日患者さんの歯と向き合っているので感覚的な部分でもそれは感じていますが、

ハッキリした数字では平成28年に厚生労働省が発表した歯科疾患実態調査の結果(概要版)

わかります。平成28年の調査では80歳で20本の歯がある8020を達成した方の割合が平成23年の

調査時よりも11%アップしており、8020達成者は2人に1人で”過去最高となっています。

20本以上の歯を有する者の割合の年次推移

厚生労働省WEBサイトより

1人平均現在歯数(本)

厚生労働省WEBサイト資料/報道発表資料より

 

現在歯の状況(8020達成者等)/平成28年

  • 60代: 60~64歳…85.2%  65~69歳…73.0% 
  • 70代: 70~74歳…63.4%   75~79歳…56.1%
  • 80代: 80~84歳…44.2%   85歳~ …25.7%

 1人平均の現在歯数/平成28年

  • 60代: 60~64歳…23.9本  65~69歳…21.6本
  • 70代: 70~74歳…19.7本   75~79歳…18.0本
  • 80代: 80~84歳…15.3本   85歳~ …10.7本

 

■8020達成者は年々増加

平成28年の調査では80歳で20本以上の歯が残っている人の割合は51.2%(75歳以上85歳

未満の数値から推計)。85歳以上の方も25.7%の方が20本以上の歯をキープしています。

またこの結果では、80~84歳の平均歯数は15本、85歳以上の平均歯数では10.7本と発表

されています。この結果を見て「歯がこれしか残っていない。少ない…」と捉えるか、

「20本達成までもうひと踏ん張り!!」と捉えるか。あなたはどう感じましたか?

 

8020達成者は「いい歯」を生まれ持っている人とは限りません。

乳歯から永久歯に生え変わった成人の歯は全て揃った状態で28本(親知らずを除く)です。

私たちの歯は持って生まれた歯の質、歯の強度、歯並び、口腔内の細菌などそれぞれ異なり、

一人として同じ口腔環境を持つ人はいません。さらに食習慣や生活習慣、歯みがきのクセ、

喫煙の有無、年齢など様々な要素が重なりあい、長い年月をかけて歯に影響を与えています。

元々持って生まれた歯の質よりも、その後の生活習慣や歯のメンテナンスの習慣などで

大きく変わっていきます。

 

■歯が失われ始めるのは40代頃から

調査結果にもあるように、40歳を過ぎた頃から歯周病やむし歯などで失う歯が少しずつ

増えていきます。将来の自分の歯を少しでも失わないために、かかりつけの歯医者さんを

「治療」をしに訪れる場所から、歯に不具合がなくても定期的なメンテナンスをする場所

として活用していただければと思います。

定期的なメンテナンスでは普段の歯みがきでは取りきれない歯の汚れをお掃除し、正しい

ブラッシングやデンタルフロスなどを学ぶプロケアを年に3~4回行います。

それと並行してご自宅では普段の歯みがきやデンタルフロスなどのセルフケアをしっかり

行っていただく。毎日のホームケアもプロケアと同じぐらい大切です。

ご自身の健康のために日々の積み重ねを続けていってほしいと思います。そしていずれは

1本も歯を失うことなくすべての歯を残す「80歳で28本」が本当の目標なりますように!

 

丈夫な体でむし歯・歯周病予防!「ラクデント」

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの石橋です。

台風が過ぎてから一気に秋らしく、朝晩冷えるようになってきましたね。

風邪やインフルエンザが流行りだす時期ですし、体調管理をしっかりしなければ・・・ とは思うものの、生活習慣はなかなか簡単には改善できません!

そこで、今回は院長も普段から愛飲されているサプリメント「ラクデント」をご紹介します。

78.jpg

このラクデントはHK L-137という加熱処理をした乳酸菌を主成分とした健康補助食品で、 免疫力を高めて体を丈夫にする効果が期待できます!

ラクデントの開発、販売元はこちら→オーラルケア/ラクデントの商品情報 以下 引用です。

免疫細胞を直接刺激する「HK L-137」! 「免疫」とは「疫病を免れる」こと。
私たちの体を病気から守るために備わってるたいせつな機能です。 ヨーグルトの乳酸菌は、大腸菌のビフィズス菌を増やし、悪玉菌を抑制。 つまり、腸内バランスを整える(整腸)「プロバイオティクス」です。 「HK L-137」は多くの免疫細胞に集まる小腸まで到達。 組織内に集まる免疫細胞に取り込まれ、免疫細胞を直接刺激・強化します。 それが「バイオジェニック」!! HK L-137の働きは免疫を直接高めること。 腸の調子を整えるヨーグルトとはまったく違います!
加熱で高い能力をキープ。 「HK L-137」のHKは「加熱死菌化した(heat-killed)」 という意味です。
乳酸菌は生き物であるため、一定の能力をずっと保つことができません。 初めは能力が高くても、時間がたつと下がってしまうことがあります。 しかし、HK L-137は加熱処理することでそれを克服! さらに能力が上がることもわかっています。
免疫UPを促す物質が明らかに!
「HK L-137」はなぜ、他の乳酸菌よりも免疫力を高める力が強いのか? そのヒミツは、菌体から出ている」「リポテイコ酸」という物質にあります。 これはちょうど頭皮から生えている毛のような物質。 免疫細胞を活性化する役割を果たしています。 「HK L-137」はそのリポテイコ酸をたくさん出しているのです。
他の乳酸菌食品とは違う!ラクデントをお勧めします。
引用元:「お口の専門店 楽天市場」ラクデント商品説明

 

オーラルケアという歯科関連の商品を開発・販売している会社の製品なので 普通のドラッグストアなどでは扱っておらず、少々マイナーなこのサプリメント・・・ 日々の診療や歯科医師会のお仕事、学会などで多忙な院長の支えとなっています!!

お世辞にも健康的とは言えない生活習慣のなか、院長が毎日しっかりと診療に臨めるのは ラクデントのおかげかも知れません!

ビバ歯科でも販売しているのですが、あまり宣伝していないために患者さんのほとんどは 存在を知らないのではないでしょうか。 (申し訳ありません・・・ 今後どんどん改善していきます)

ビバ歯科では1箱3,780円(税別)で販売しています。

これは約1か月分です。

ネットでレビューを見ると、少しお値段高めだけど効果を感じる!

となかなか高評価です。 ちなみに、なぜ歯医者でサプリ?

と思われる方も多いかと思います。

お口の健康と体全体の健康は別のことではなく、体調が優れないと歯ぐきが弱ったり、 歯周病菌が原因で動脈硬化や糖尿病などの合併症を引き起こしたりと、 相互に影響しあうものです。

歯周病やむし歯は菌が原因ですから、免疫力を高めて菌への抵抗力をつけることは、 歯周病やむし歯の進行を防ぐことに繋がります!

歯周病の気になる方や歯周内科治療を受けられている方、むし歯になりやすい方には 「ラクデント」特におすすめです。

ただ、サプリメントや乳酸菌は人によって合う、合わないといったことがあったり 効果を確実に保証できるものではありません・・・ 試してみる価値はあります!

ご興味のある方はお気軽にお尋ねくださいね。

お問い合わせ 047-421-0118