ワクチン」タグアーカイブ

歯科医師のワクチン接種~筋肉内注射

こんにちは!

船橋市東船橋にあるビバ歯科・矯正小児歯科の武林です。

梅雨真っ只中ということもあり、毎日シトシト雨が降り、湿度も高い日が続きますね。しかしながら確実に夏の足音が近づいてきており、日中は30℃を超える日もでてきました。新型コロナウイルスの影響で例年以上に体調管理が求められる毎日ですが、どうぞみなさん体調には気を付けてお過ごしくださいね。

 

さて本日は一時期報道でも大きく取り上げられていた歯科医師によるワクチン接種についての話題です。

ビバ歯科・矯正小児歯科のブログでも過去に何度か取り上げたかとおもいます。

~過去の投稿~

『歯科医師、いざ出陣!?』

『歯科医師と注射』

 

歯科医師によるワクチン接種の報道直後から、当院院長の関本は

「自治体から要請があれば、僕も助けになりたい」

と、繰り返し話していたのですが、院長がついに動きました!!

 

私たちの知らぬ間に、なんと・・・

コロナワクチン接種のための筋肉内注射の研修(*)を受講、修了していたのです!

*正式名称『歯科医師による新型コロナワクチン接種のための筋肉内注射に係る研修』

 

↓クリックすると別ウィンドウで開きます。

受講修了証『歯科医師による新型コロナワクチン接種のための筋肉内注射に係る研修』

さすが有言実行の院長、すごいなぁと尊敬です。

 

私も興味があり動画を見させていただいたため、少しだけ紹介しますね。

 

研修内容の紹介

◆ワクチン接種に必要な解剖学の基礎知識

 ワクチン接種部位、ワクチン接種に必要な骨・皮下組織・神経等の知識、そして接種時の偶発症(医療上の検査や治療に伴いたまたま生じる不都合な症状)について学びました。普段の歯科治療では口腔内症状がメインではありますが、常日頃から「口腔の健康は全身の健康と密接につながっている」という考えのもと診察に当たっているためリンクすることも多く非常に勉強になりました。

 

◆ワクチンを安全に接種するための注意とポイント

集団接種や個別接種を安全かつ円滑に接種するにあたり、次のような注意点があげられていました。

・プライバシーの保護

・密の回避

・接種者は被接種者ごとに手指消毒をおこない、手袋も交換する

・救急対応に関する物品や対応手順の確認 等

これらの注意事項はビバ歯科での通常の診察とも共通点が多くあります。しかしながら、定期的に診察・治療をさせて頂いている当院の患者さんとは異なり、不特定多数の方と接しワクチンを接種することになるので通常以上の緊張感が求められそうです。

その他、当日の流れとして、「受付→予診→接種」までの細かな流れと動きについても動画を見ながら学ぶことができました。さらに、接種の際の服の袖のめくり方や被接種者の姿勢、穿刺部位へのアルコール消毒の仕方、そしてシリンジ(注射器の筒状の部分)の持ち方などが詳細に説明されていました。

 

◆ワクチンのアナフィラキシーとその対応

 まずはアナフィラキシーが何か説明しますね。アナフィラキシーとはアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が体内に侵入した際に表れる重いアレルギー反応のことで、発症後極めて短時間のうちに全身にあらわれます。体内への侵入経路は様々で、花粉・ダニ・動物の体毛などの吸入性のもの、蕎麦・鶏卵・牛乳などの植物性のもの、金属、ゴムなど接触性のものなどがあります。花粉や蕎麦アレルギーなどはみなさんにも比較的身近で耳にしたことがある方も多いかと思います。更に重症化し、血圧低下を伴う意識障害、失神が伴った場合をアナフィラキシーショックといい、迅速かつ適切な治療が求められます。以前のブログでも詳しく説明しておりますのでぜひご一読ください。

今回の研修では“治療の原則”について細かく明示されておりました。ワクチン接種後のアナフィラキシーには皮膚症状(蕁麻疹、口腔内腫脹など)・消化器症状(腹痛、嘔吐、下痢など)・呼吸器症状(息切れ、鼻水など)など様々な症状があるそうです。また通常、薬物によるアナフィラキシーは薬物の投与後530分以内に症状が出るとのことでした。みなさんも接種の際にはご案内があるかと思いますが、ワクチン接種直後は直ぐに帰宅せずに、しばらくの間背もたれのある椅子などで座って待機していただくことが大切です。

 

普段当院でも患者さんがご来院されてから治療が終わるまでの間、変わったところがないか、表情や会話からヒアリングするようにしていますが、今回のワクチン接種の際にも同様にリスクコミュニケーションが大切だとひしひしと感じました。

この新型コロナウイルスですが、既存株だけではなく現在では変異株の感染拡大も懸念されています。またワクチン接種については供給量不足から1回目もまだままならない自治体がある中で、3回目接種の報道も目に飛び込んできました。実際に、加藤勝信官房長官が71日の記者会見で「3回目接種の必要性を検討する」ことの必要性を述べるなど、まだまだ動きがあるようです。

 

今回の新型コロナウイルスワクチンについてはものすごいスピードで開発され、接種が始まったこともあり私としても接種するにあたり正直多くの不安を抱えていました。先日2回目の接種も無事に終わりましたが、日々変異株の感染拡大のニュース等を目にするとまだまだ不安は払拭できません。そしてこのことはブログをご覧になっているみなさんも同じではないでしょうか。

だからこそ、自分の思い込みや誤った情報に左右されないように毎日の新聞、ニュースから正しい情報を精査し、自分で判断していくことが大切だと本当に感じました。

さて、最後に・・・話は戻りますが、今回当院の院長関本は座学が修了したため、今後は実技研修を経て実際にワクチン接種ができるようになるそうです。こちらも早速申込を済ませたそうですが、定員25名と狭き門のため無事に研修を受講できるかどうか少しドキドキしております。また動きがありましたら紹介させていただきますね。

【予想をはるかに上回る】コロナワクチン2回目接種

こんにちは!

船橋市東船橋にあるビバ歯科・矯正小児歯科の武林です。

 

先月のブログでご紹介したようにブログの主である私も、611日に新型コロナウイルスワクチンの1回目接種に行ってきました。さて、そこからあっと言う間に3週間が経過し、先日72日にワクチン2回目接種の日を迎えました。1回目の時と同様に船橋駅近くにある医療法人弘仁会板倉病院さんでの接種です。

注射が大の苦手であり、かつ2回目の方に副反応が強くでるという話も耳にしていたので若干の不安はありました。しかしながら、1回目の時の看護師さんがとても優しかったこと、そして副反応も患部が少し腫れただけでほとんど出なかったことから、1回目よりもだいぶリラックスした状態でのぞみました。

 

本日は接種当日と接種翌日の副反応の様子についてお知らせしたいと思います。

今後各自治体でのワクチン接種が進むと期待しておりますが、その際の参考になれば幸いです。ただし、副反応の出方は個人差があるものですのでご理解の程よろしくお願いいたします。

 

 

怒涛の2日間

7/2(金)…ワクチン2回目接種の当日

少し早めに着いたもののすぐに処置室に通していただき、看護師さんがやってきました。先日とは異なる看護師さんでしたがニコニコしていて優しそうな方です。そしてその看護師さんはすでに2回目の接種を済ませているとのことでしたので、ついつい気になり色々とお話を伺いました。その時の会話の一部がこちらです。

 

私「副反応どうでしたか?」

看護師さん「少し頭痛や倦怠感はあったけど、熱は出なかったのよ~。発熱したら仕事休めたのにね~ワハハ(笑)」

 

 

あまりに本音で話してくださる看護師さんにびっくりすると共に、思わず笑ってしまいました。医療現場は患者さんの健康、そして時には生死にかかわるピリピリした現場ですが、こういった世間話をできる看護師さんてなんかかっこいいなと思いました。

 

そして、アルコール消毒で拭き拭きしてもらい、注射針をチクリ!!

 

注射が大キライな私ですが、針を刺す瞬間はそれほど痛みを感じず、それよりもワクチンを注入する時にジワリ…と強い痛みを感じました。

その後15分程度座って休ませてもらい、何事もなく東船橋のビバ歯科に戻ってきました。ビバ歯科の仲間たちの心配はよそに元気いっぱいでその日の仕事も無事に終え、帰宅。当日の夜もぐっすり眠ることができました。

 

7/3(土)…夜が明けて翌日の朝

もともと朝は強い方なのですが、珍しく身体がかったるく、吐き気。念のため熱を計ると37.3℃。「これが副反応なのかな」と少し憂うつになりながらも、気持ち的には元気なので普段通りビバ歯科へ出勤しました。

ところが、朝→昼間→夕方と時間を追うごとに全身の関節痛と寒気がひどく、椅子に座っていることも苦痛に。

半べそになりながら帰宅し、熱を計ると39℃近くにまで上昇しておりました。もともと我慢強い性格なこともあり、39℃くらいまででしたら動ける狂人、、いえ、強靭な肉体の私でありますが、めずらしく食欲も減退し、

そのまま布団に倒れこみました。

その後夜に何度か目を覚ますたびに、パジャマがぐっしょりになるほど汗をかいていたこともあり、翌日には平熱にもどり食欲も回復しました!

 

 

ワクチン接種後のたった2日間の出来事でしたが、体温が3℃近く上がったり下がったりと、なかなか体力を奪われた週末でした。しかしながら、副反応が強くでたので、きっと抗体がたくさんできているんだろうと前向きに考えて今日に至ります。

今回私は医療従事者として優先的にワクチンを接種するに至りました。しかし、日々の報道をみていると国からのワクチン供給は不安定なようで、その影響からワクチンの予約停止や予約キャンセルをせざるを得ない自治体も出てきているようです。一方で、その裏では東京オリンピック開催が近付いており、感染力の強い変異株の感染への不安は増える一方です。ワクチンを打ったからといって、新型コロナウイルスに絶対に感染しないというわけではないとのことですので、引き続きマスク着用、アルコール消毒の徹底、そして不要不急の外出は避けるなど感染対策を行って生活していきたいと思います。

2回目の新型コロナワクチン接種に行ってきました

ビバ歯科・矯正小児歯科の関本です。

丁度、1週間前の530日(日)、再度、市川真間駅前にある市川市医師会館に分院のビバファミリー歯科・矯正歯科のスタッフと連れ立って、2回目の新型コロナワクチン接種に行ってきました。

スタッフ全員、体調も崩さずに無事、2回目の新型コロナワクチン接種を終えることができました。

また、本院のビバ歯科・矯正小児歯科のスタッフたちの新型コロナワクチン接種も順次進んでおり、約4週後には全員が2回目の新型コロナワクチン接種を終了する予定です。そうすれば、本院・分院ともに新型コロナワクチンのバリアに包まれることになり、感染拡大防止対策が更に強いものになると思います。

 

医療従事者として高齢者や一般の方たちに先立って新型コロナワクチン接種ができること、本当に有難いことだと思います。心から感謝しています。それは医療従事者が皆さんの健康を守るという任務を担っているから許されていることだと思うので、この優遇措置を無駄にしないように地域の歯科保健向上に努めるとともに、感染拡大防止に一層の努力を惜しまずに進んで行こうと思います。また、今回も日曜日返上でワクチン接種に臨んでくださった市川市医師会の先生方や職員の皆様に心から感謝申し上げます。

 

さて、僕の今回の新型コロナワクチン接種後の副反応ですが、マスメディアで報道されているように1回目の時より強い反応が出ました。1回目も2回目も接種部位が腫れたのですが、2回目は1回目よりも3倍くらい腫れました。それに伴い痛みも強く寝返りを打つのにためらうほどでした。また、おそらく腫脹からくるものと思われる軽微なしびれ感もあり、これは1回目の接種後には見られなかった反応でした。加えて平熱は36.3℃程度ですが、接種後2日間は36.7℃程度に若干の体温の上昇も見られました。それらの副反応も接種後4 日目にはほぼ消失し、すっかり元通りになりました。

そうとは言え2回目の副反応は1回目の接種により生産された抗体が多いほど強いということなので、僕としてはむしろ副反応が1回目よりも2回目の方が強かったことで、かえって安心しました。むしろもっと強い副反応が出てほしかったくらいです。

 

僕と同じタイミングで新型コロナワクチン接種を受けたスタッフの中には38℃以上の発熱があった者もいて、彼女は数日仕事を休みました。また、そこまででは無かったものの、37.3℃程度の発熱が出た者もいしました。それぞれに発熱に比例して接種部の腫れや痛みも強かったようです。

 

最近のマスメディアの報道では、

  • より若い人の方が
  • 男性よりも女性の方が
  • 日常的にお酒を飲む人よりは飲まない人の方が

抗体ができやすいとのことです。

彼女たちは僕よりも①と②に当てはまるので、きっと沢山抗体ができたのでしょう。

 

新型コロナワクチン接種後の副反応は人それぞれのようですが、これから接種を受けられる方は抗体を作るためには多少の副反応は致し方ないと思い受けられることをお勧めします。

 一人でも多くの方のワクチン接種が進み、1日も早く日本が以前のような安心な世の中に戻れますように祈っています。

ついに新型コロナワクチン接種

ビバ歯科・矯正小児歯科の関本浩貴です。

59日の日曜日、分院・ビバファミリー歯科・矯正歯科のスタッフたちと連れ立って、新型コロナワクチン1回目の接種に行ってきました。会場は市川真間駅前にある市川市歯科医師会館です。午前10時からの回だったので余裕をもって、20分前に医師会館門前に集合しました。

 

市川市では医師会・歯科医師会・薬剤師会(三師会と呼ばれています)の連携が強いためか、三師会の医療従事者の中の接種希望者全員を医師会館に集めて医師会の先生方が接種を担当してくださっています。市川市医師会の先生方や職員の皆様には、心よりに感謝申し上げます。

 

医療従事者への新型コロナワクチン優先接種の方法は各市町村で方式が違うらしく、本院のある船橋市では千葉県から送られてくる接種券にすでに接種を受ける医療機関が記載されていて、各自がその医療機関に予約を入れるという方式です。

本院・ビバ歯科・矯正小児歯科のスタッフたちも、随時、予約を入れており少しずつワクチン接種が進んでいく模様です。

 

医師会館での接種ですがシステムがよく練られていて、流れ作業のようにスムースにワクチン接種を終えることができました。

かつて僕も歯科医師会で口腔がんの集団検診を指揮した経験などがあるため、様々な集団を対象にしたイベントを見るにつけ、つい自分が主催者側にたったらどのようなシステムにするだろうかと穿った見方をするような癖が身についてしまっています。素直じゃないのかもしれません。そのような目線で見ても、医師会のワクチン接種はスムースに流れていました。

 

さて、皆さんが気になるであろう接種後の副反応ですが、結論から申し上げますと僕の場合はほとんど問題にならない程度でした。当日の夜から接種部位の軽微な痛みと腫れがありましたが三日目にはほぼ忘れている程度に改善し、四日目には通常に戻りました。仕事への影響は無きに等しかったです。さらに僕だけでなく一緒に受けたスタッフたち全員が、僕と同様の反応でした。以上のことから、これからワクチン接種を控えている人たちは、安心してワクチン接種をうけてください。

 

最も副反応は1回目接種よりも抗体ができた2回目の接種の方が強くなるということですので、2回目の接種後の反応もご報告しますね。また、噂では若い人の方が副反応が強くなるとの話もあるので、僕のような若くない者には副反応も現れてくれないのかもしれません。

 

当日はくしくも母の日でしたが、ふと見ると市川真間駅が素敵な計らいを見せていました。京成の市川真間駅は母の時期シーズンだけは「市川ママ駅」になるそうです。語呂合わせが息ですね。ここしばらくコロナ自粛のために外に出る機会が激減していますが、たまの散歩のようで新鮮な体験でした。