参考記事の紹介」タグアーカイブ

お口の中の微生物たち

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

今回のブログのタイトルを見て、「ギャーーー!!」と思った方いませんか?実際に書いている私自身、口の中がザワザワしてきます…泣

 

微生物なんて聞くと、小中学校の理科の時間に習った、“ミジンコ”、“アメーバ”、“ゾウリムシ”という名前を思い出しますが、この子たちが本当に自分のお口の中にいるのでしょうか?

まずは微生物という言葉の定義から確認しましょう。

私たちが住んでいる地球には多種多様な生物がいて一緒に暮らしています。クジラのような大きな生き物もいればアリンコのような小さな生き物もいます。その中でも微生物と呼ばれるのは目に見えないくらい微小な生物全体の総称です。特定の生き物を指すのではなく、細菌、菌類(酵母、カビ、キノコなど)、原生動物(アメーバやゾウリムシなど)など、いろいろな微生物が存在します。

 

お口の中は細菌だらけ!

実は私たちのお口の中にも、300700種類の微生物が存在していて、歯みがきが上手な人でも10002000億個、ほとんど歯を磨かない人にいたっては1兆個もの細菌が住み着いているといわれています。

いわゆるむし歯菌、歯周病原性菌の他に、カンジダ菌などの真菌、アメーバのような微生物が含まれることもあります。

 そして、実はこの微生物たちはとってもコミュニケーション上手!互いに増殖を調整し強固な生物膜(バイオフィルム)を形成していきます。お風呂場や台所の排水口を触ってヌルヌルと嫌な思いをしたことがありませんか?あれもバイオフィルムです。また歯の表面や歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に付着している白いネバネバしたかたまり、すなわち歯垢(プラーク)もこのバイオフィルムの一種です。

 

このバイオフィルムは、細菌が塊をつくってバリアとなるため抗菌剤や体内の免疫系が効きにくく、様々な場面で病気を誘発します。特に代表的なものとして、当院のブログでもたびたび取り上げている歯周病があげられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯周病は悪の親玉

歯周病というと歯肉や歯を支える骨が溶けてしまう病気で、進行すると膿が出たり、歯がユラユラしたりして最後には歯を抜かなくてはいけないもの、という認識の人がほとんどだと思います。確かにその通りです。しかし、この歯周病の一番怖いところはそれだけではありません。これはお口の中の炎症にとどまらず全身疾患を引き起こしたり悪化させたりする原因となるのです。以下に歯周病が関わるとされる全身疾患の例をあげます。

  • 血管の動脈硬化(心筋梗塞・脳梗塞)
  • 早産、低体重児出産
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗鬆症
  • 認知症 等々

その他癌も例外ではなく、歯周病が癌の発症リスクに関与している可能性があるという研究もあります。

 

定期健診で自分のカラダを守りましょう

さて、ここまで少しコワイお話をしましたが、どんな病気であれ病気にならないために普段から未然に防ぐ努力をしていきたいですね。ありきたりですが、栄養のある食事、軽い運動、適度な睡眠、そしてストレス発散などシンプルですが人間らしい日々の習慣が大切ですね。

そしてもう1つ、歯科検診です。もちろん毎日の歯みがきは自分でできますが、歯科医・歯科衛生士などのプロによる定期的なメンテナンスでしか発見できない病気もあります。

 

先日の読売新聞にも『歯周病予防 検診を』という記事が掲載されており、千葉県歯科医師会からメンテナンスの大切さが語られておりました。

 

繰り返しになりますが、大切なのは予防、診断そして適切な治療です。

お口の中を清潔に保てば、痛い思いをすることはありません。さらに、未来の自分の医療費も抑えられ良いこと尽くしです。

まずは気軽に歯科医院で自分の口腔内の状態を把握してみませんか?ビバ歯科・矯正小児歯科でも予防歯科をおこなっておりますのでまずはお電話でご予約を!

歯科医師、いざ出陣!?

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

ついに、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県を対象に3度目の緊急事態宣言が発令されました。ビバ歯科・矯正小児歯科のある千葉県は対象外ではありましたが、東京都と隣接しているためやはり気が抜けません。例年であればゴールデンウイークを前に、「温泉旅行に行こう!」、「BBQをしよう!」、「里帰りしよう!」などとイベントの計画をたてワクワクしながら過ごすのですが、去年に引き続きそうもいかないのが現状です。

1年前は新型コロナウイルスの感染が本格的に拡大し、人生で初めての緊急事態宣言ということもあり、「感染が拡大しているし仕方ないか、お金の節約にもなるし!」とポジティブに考えていたものの、さすがに2年連続ともなるとフラストレーションを感じてしまう方も多いのではないのでしょうか?しかしながら、今月13日には大阪ではじめて感染者数が1000人を超えそれが連日続くなどといった報道をみていると、再度気持ちを引き締めなくてはいけないなと感じています。

 

ワクチン接種~深刻な人材不足~

新型コロナウイルスのワクチン接種は医療従事者を皮切りに、今月12日からは65歳以上の高齢者にも接種がスタートしましたね。(ビバ歯科・矯正小児歯科にもワクチン接種の案内がきておりました)

副反応の心配が完全には拭えないものの感染爆発を抑えるためにその効果が期待されているところです。しかしながらワクチンそのものの供給不足に加えて、ワクチンを打つ側、すなわち医師・看護師の人手不足が深刻です。それを裏付けるものとして、以前の厚労省の調査で全国およそ2割の自治体が「接種する医療従事者が不足」と回答しているなど人材の確保が問題となっていました。

そんな中、このような記事を目にしました。

 

一言で言うと、『歯科医師もワクチン接種という医療行為を行えるようになる』ということです。本来、接種に関しては法律上、医師や看護師などに限って認められているものですが、先述の通り人材確保が困難な地域を対象に一定条件のもとで接種をすることが認められる方針です。

 

******

このニュースが報じられた直後、当院院長も「自治体から要請があれば助けになりたい」と熱く語っておりました。本来であればこのような特例が発令されることは望ましくないことではありますが、当院もできるところは協力し、一刻も早くこの新型コロナウイルスから解放されるよう願ってやみません。

人間も毒をもつようになる!?

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科の武林です。

突然ですが、みなさん梅干しは好きですか?私はおにぎりの具材としてよく食べます。

あの酸っぱさがたまりません!!思わず口を窄めてしまうくらいの酸っぱい梅干しが大好きです。

 

 

 

 

 

…あれ?あれあれ?

今このブログをご覧になっている方は、お口の中に“じゅわわわ~”と唾液(ツバ)
が出てきませんでしたか?出ましたよね!!

学生時代に学校で習った方もいらっしゃるかもしれませんがこれを『条件反射』といいます。梅干しをたべて酸っぱさを感じ唾液が出る、という経験を何度もしたことで、梅干しのことを考えだだけで唾液が出るようになってしまっているんです。

1902年に生理学者イワン・パブロフが発見した『パブロフの犬』というのが有名ですね。

 

******

 

さて、この唾液ですが、一体私たちの体のどこからあらわれるかご存じですか。

ちなみに、この質問を友人にしたところ「口に決まってるじゃん」と一蹴されました…。(まぁそうなのですが;汗)

 

もう少し医学的にいうと、唾液は唾液腺というところから分泌されています。

この唾液腺には大唾液腺と小唾液腺があります。まず、大唾液腺は3つ(耳下腺・顎下腺・舌下腺)からなり、ここで作られた唾液は管を通じて口腔内に分泌されます。次に小唾液腺ですが、こちらは口腔、咽頭粘膜表面に多数散在していて直接口腔内に唾液を分泌しています。

 

 

 

 

 

~ここから本題です~

さて、このように実は身近な唾液腺ですが、これについて驚くべき研究結果が発表されました。

『ネズミもヘビのように毒をもつ可能性があることが明らかに』

 

簡単に言うと、『必要な条件さえ整えば哺乳類の唾液腺が毒性の機能をもつようになる可能性がある』ということです。

つまり…、将来的に私たち人間の唾液にもヘビのように毒が含まれる可能性があると!

 

 

まだ可能性は低いようですが、ちょっと衝撃的ですよね。

歯科医院の立場としては患者さんの腔内治療をする際に、毒が漏れ出ていることを想像して震えてきますが…(ブルブル

 

 

 

 

さて、これを読んで改めて感じたのが、生き物のカラダって本当に不思議だなぁということです。今回は歯科情報とは少し違いますが興味深い記事なので紹介させていただきました!ぜひご家族やご友人とも一緒に読んでみてください☆

口が開けにくいと感じたら

ふと気づくと歯を食いしばっていた…、という経験はありませんか?

人は日常生活において、上下の歯に2mm程度の隙間があるそうです。

しかし、歯を食いしばる癖がある人は案外多く、日常的に緊張が続いていたり、

食べ物を片方の歯で食べているなど、日常のちょっとしたことが要因となり

徐々に食いしばる癖がついていくことがあります。

 

やっかいなのは、寝ている間に無意識に食いしばっている癖がついてしまった時です。

睡眠中の歯ぎしりは食いしばりの要因のひとつになっていると言われていますが、

寝ている状態だと特に気づきにくいので、ご家族に歯ぎしりチェックをしてもらったり、

定期的に鏡で上下の歯の当たる面が水平にすり減っていないか確認してみてください。

 

無意識とはいえ、食いしばりは自分の体重の約3倍の強さの負荷をかけていることになり、

それが長期に及ぶと将来的に歯が割れる要因にもなりますし、あごの筋肉の緊張から

口が開きづらくなる【顎関節症】を引き起こす要因にもなり、治療が必要になる場合もあります。

 

口をあけようとしたときに、

あごが痛い・口が開かない(自分の指3本が縦に入らない)・あごが鳴る

などの症状を感じましたら顎関節症の主な症状になりますので

思い当たるようでしたら、いちど医療機関にご相談してみてください。

 

***

ご参考までに、読売新聞で顎関節症について掲載されていましたのでご紹介します。

5回シリーズの1回目になります。)

記事には

「上下の歯は本来、接触していてはいけないが、知らない人は多い。

顎関節症を見逃したまま他の治療をしても、顎関節症は治らないことが多い」

と書かれています。よかったらご参考までにお読みいただければと思います。

※クリックすると別ウインドウで開きます。

読売新聞 医療ルネサンス 顎関節症の治療(2019年4月17日)

 

 

 

 

 

歯の健診・治療を先延ばししがちな日本人

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

2018年11月8日(いい歯の日ですね!)に日本歯科医師会が発表した

歯に関する調査が一般公開されていましたのでご紹介します!

 

15〜79歳の男女10,000人に聞く、「歯科医療に関する生活者調査」 Part2

※別ウインドウでPDFファイルが開きます。

 

  • 歯の健診・治療を先延ばししがちな日本人、4人に3人は後悔している
  • 歯の健診・治療をギリギリまで対応しない「先延ばし派」が6割と最も多い20代
  • 先延ばし派は歯の健康に自信がなく、歯のトラブルをあれこれ抱え、かかりつけ歯科医がいる率も低い

 

もっと早く歯医者に行っておけばよかった…と日本人の4人に3人が後悔しているようです。

ブログ担当者も他人事ではなく、この統計の結果と同様に後悔の気持ちでいっぱいです。(苦笑)

歯周病などの口腔トラブルは口腔内にとどまらず、全身のあらゆる病気のキッカケになったり

様々な疾患のリスクをより一層高めると言われています。

でもケアの大切さに気づいた今からでも遅くないハズ!今からがんばろう!と、

気持ちを新たにするのでした。

 

そしてこの調査が新聞記事でも取り上げられていましたので、それも一緒にご紹介しますね。

 

「先延ばし派」の方はそろそろ卒業して、痛みや違和感がなくても定期的に歯医者さんへ行きましょう!

 

東船橋駅前のビバ歯科・矯正小児歯科  TEL:047-421-0118