口の渇き」タグアーカイブ

歯ぎしり・食いしばりに気づいていますか?

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

皆さんは寝ている時に歯ぎしりをしているか気になったことはありませんか?

しっかり寝ているはずなのになんだか疲れが残っているような気がする…と感じている場合、ひょっとしたらその原因は歯ぎしりや食いしばりがクセになっているかもしれません。

 

ご自身の歯ぎしりを自覚している場合もありますが、たいていの人は自分では全く気づいていない事も多く、起床時に同居する家族などの指摘で初めて自覚する方も多くいらっしゃいます。睡眠中の呼吸などを管理するのはなかなかむずかしいですが、そのまま放置すると様々なトラブルの原因になることもありますので、把握して欲しいなと思います。

スマートフォンをお持ちでしたら就寝中のイビキや歯ぎしりなどを録音するアプリを活用して、ご自身の睡眠状態を把握して対策することができます。これならひとり暮らしをされている方の場合でも自分の睡眠状態を継続して管理できますし、いびき外来などの病院を受診する際にも役立ちますのでおすすめです。

 

歯ぎしりには色んなタイプがある!?

歯ぎしりというと歯をギリギリこすり合わせて音を立てるイメージが強いかと思いますが、音の種類もいくつかあり、周囲の人には音が聞こえないタイプの歯ぎしりもあります。

主な歯ぎしりのタイプを4つご紹介します。

 

●グラインディング(音:ギシギシ)

上下の歯をギシギシとこすり合わせるタイプ。

 

●クレンチング(音がしない歯ぎしり)

無意識に歯を強くかみしめるタイプ。くいしばりタイプ。

 

●タッピング(音:カチカチカンカン)

上下の歯をカチカチとすばやくぶつけ合わせるタイプ。

 

●ナッシング(音:キシキシキリキリ)

一定の場所だけですり合わせるタイプ。

 

ちなみに就寝中の歯ぎしりは誰にでも起こる現象で、ひと晩10~15分程度で収まれば気にすることはありません。しかし毎日長時間の歯ぎしりをしている場合は放っておかずに対応が必要です。

というのも、歯ぎしりはご自身の体重と同程度の力か、それ以上の強い力が歯にかかり続けると言われているからです。

 

なんだかわからない身体の不調も…

長時間の歯ぎしりを毎日続けていると歯が異常にすり減り、歯が欠けたり割れる原因になります。歯に過剰な力がかかることで歯周病を進行させる要因にもなります。また、力がかかった部分の歯の根元がくびれ、過剰な力で歯に亀裂が入った部分が知覚過敏を起こしやすくなります。

食いしばりも同様で、強く噛み続けることで顎の筋肉が緊張状態におちいり、顎関節症のリスクが高くなります。顎関節症の主な症状はアゴが痛い、口を大きく開けられなくなる、口を開けたり閉じたりする時にカクッバキッといった雑音が聞こえてくるようになります。歯ぎしりや食いしばりで顎の筋肉が凝り固まり、顎の周囲の痛みや頭痛が出ることもあります。

そして同時にメンタル面のストレスも、歯ぎしりや食いしばりの原因のひとつと言われています。

ストレスを貯めないようにするのはなかなかむずかしいですが、普段の緊張感を解きほぐすよう1日に何度かは意識して食いしばっているお口の筋肉を緩める「開放タイム」を設けてほしいと思います。もし顎や顔を触っても痛みがなければ、小鼻から顎に向かって頬骨を指の腹で優しく押すようにほぐしてあげると顎関節の痛みが和らぐのでおすすめです。

また日常的にアルコールの摂取を控え、逆流性食道炎などを改善する食生活、さらに軽めのジョギングや心地いいエクササイズなどを普段の生活に取り入れるのも良いと思います。力を入れずにリフレッシュできる時間をつくっていきたいですね。

 

就寝時の歯ぎしり対処法

朝起きた時に顎の周囲がこわばり痛みがある場合には、マウスピースを装着して就寝する習慣をつけることが効果的です。毎日装着すると歯や顎を歯ぎしりや食いしばりなどの強い力から守ることができます。

マウスピース装着のポイントは市販品のものではなく、必ず歯科医院でご自身の歯型や噛み合わせに合った型をとったものを装着することです。自分の歯型に合っていないマウスピースを使うと、かみ合わせや歯並びに悪い影響を及ぼす場合がありますのでご注意くださいね。

ビバ歯科でもマウスピースをお作りしていますのでぜひご相談ください。ほかにも就寝時の呼吸状態やいびきを検査するスクリーニング検査や、顎関節症を和らげる治療としてボツリヌス菌注射なども行っていますので、症状を診察したうえでご提案することも可能です。

歯にくっつきやすいお餅にご用心

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

あと何日寝ると、いよいよお正月ですね!

今年は新型コロナの影響もあって、ご自宅でゆっくりお正月休みを過ごされる方も

多いかと思います。お節やお雑煮など、お正月ならではのご馳走が楽しみですね

お正月の行事の中にはお餅つきをして鏡餅をお供えしたり、お雑煮やきなこ餅などにして

お餅を食べる機会が多く、お餅大好きな私には楽しみで仕方ありません。

 

お餅はモチモチしているから美味しいのですが、歯の治療中の方は

注意が必要です。お正月明けには、お餅を食べていたら仮蓋が取れて

しまった!という患者さんや、歯の詰め物が取れてしまった!という

患者さんがいらっしゃいます。

仮蓋は治療途中に被せる仮の蓋なので、お餅やキャラメルなど

歯にくっつきやすい食べ物で簡単に外れてしまいますので、

治療途中の歯を使わないように注意してください。

くっつきやすい食べ物以外でも、硬い食べ物もなるべく控えてくださいね。

 

歯の詰め物や被せ物につきましては、治療から年数が経つと金属や接着剤などが少しずつ

劣化して弱くなっていきます。経年劣化が進むと詰め物と歯の間に隙間ができ、むし歯に

進行して被せ物が取れてしまう場合もあります。

詰め物や被せ物が取れてしまったら捨てずに流水で洗って清潔な容器で保管し、できるだけ

早くかかりつけの歯医者さんで診てもらってくださいね。

また、詰め物や被せ物が取れてしまった歯は絶対に放置しないでください。

歯の表面は硬いエナメル質が守っているため強いのですが、歯の内部はとても柔らかい成分で

できています。そのため、むき出しの状態が続くと神経まで痛めてしまい、歯が腐って

残せなくなる場合もあります。

 

●食品による摂食嚥下には一工夫で!

詰め物や被せ物の脱離以外にも、お正月シーズンはお餅を喉に詰まらせて窒息死する事故が

多い時季でもあります。消費者庁ではお餅を小さく切り、喉を事前に潤してから食べる工夫を

呼びかけおり、実際にスーパーなどでは喉に詰まりにくいように考えられた形状のお餅商品が

販売されていますので活用したいですね。

唾液を吸収して飲み込みづらいお餅などの食べものに限らず、食品による窒息は珍しいこと

ではありません。食品による窒息は摂食嚥下機能の低下した高齢者と小さなお子さんは

特に気をつける必要があります。

写真:さまざまな形状の餅商品(消費者庁より)

 

気を付けたい点はいくつかありますが、下記の基本項目は食事中の習慣にしてください

  • 食べる前にまずは水分で喉を潤す
  • 食べることに集中し、よく噛んで食べる
  • 一口の量を多くしない
  • 口のなかに食べ物が入っているときはしゃべらない
  • 意識的に水分を摂る

また、ビバ歯科では明海大学歯学部で摂食嚥下リハビリテーション学が専門分野の大岡貴史教授

非常勤で診察していますので、食事や飲み込みのことでお困りの方はお気軽にご相談ください。

食べ方の工夫と食事時の注意で、お正月のご馳走を美味しく楽しく食べましょう!

 

■休診期間に急に歯が痛くなったとき

この休診期間中に歯科の救急処置が必要になりましたら、夜間や休日、年末年始における急病・

応急的な診療を行うかざぐるま休日急患・特殊歯科診療所までお問い合わせください。

住所:船橋市北本町1-16-55(保健福祉センター1階)

電話:047-423-2113(代表)

マスク生活と口腔内環境

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。
新型コロナウイルスの感染予防の為、日常生活において必要不可欠になったマスク。歯科医療に従事している当院スタッフたちは以前から業務中にマスク着用が習慣的になっているのですが、ウィズ・コロナ後からマスクを着用するようになった大半の方にとって、長期間かつ長時間のマスク生活はナーバスになるときもありますよね。
マスク着用時に口腔内トラブルのきっかけになったり、今まで自覚していなかった口腔内環境への関心の変化をもたらしていることが分かってきました。

そこでマスク生活になって気をつけたいことをいくつかご紹介します。

 

1.以前よりも口臭が気になる

マスク生活でまず気づくのは口臭ではないでしょうか。口臭にも一時的なものから慢性的なものまでありますが、多くは歯周病菌やむし歯菌によるものが関係しています。特に歯周病菌が放出する口臭は「病的口臭」と呼ばれるほど深刻です。この臭いの元は揮発性硫化合物というガスで硫黄のような臭いを伴います。うがいや歯みがきだけでは歯周病菌の臭いをなくすことはできません。歯周病は痛みもなく長い期間をかけて静かに進行していくため、歯科医や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアで歯周ポケットに潜む細菌を根こそぎ取り除き、細菌の繁殖を抑えることが必要不可欠になります。

 

2.マスク着用による口呼吸の習慣

鼻呼吸には埃や花粉、ウイルスなどの異物を通さないフィルターの役割があり、同時に気道を乾燥から守って加温・加湿して肺に空気を送ります。しかし長時間のマスク着用で無意識のうちに口呼吸が習慣になっていくと口腔内は乾燥していきます。乾燥すると唾液の分泌量も減ってしまうため、唾液による口腔内の自浄作用も期待できなくなります。すると歯周病の悪化や睡眠時無呼吸症候群、誤嚥性肺炎、口腔機能低下症、慢性の扁桃炎…etc.etc。口呼吸は口腔内にとどまらず、身体の様々な疾患を悪化させる原因にもなります。

 

3、水分不足

マスクをしていると水分を摂るのを忘れがち。水分は喉を潤すだけでなく、唾液の分泌も促します。唾液は天然の抗菌薬とも天然の口臭抑制薬とも呼ばれることもあるほど、自浄作用に優れています。口の中の殺菌、抗菌、洗浄、粘膜の保護、食べ物を飲み込みやすくする働き、むし歯や歯周病や口臭予防の働きがあり、1日に約1.5ℓの大量の唾液を分泌します。
特に年齢を重ねていくと加齢などで唾液量がだんだん少なくなっていくので、意識的に水分を摂取するよう心掛けてください。また顎の下あたりにある唾液腺を指でマッサージすると刺激になり唾液が出やすくなります。ぜひお試しください。

 

4、表情に出さなくなる表情筋の衰え

マスクを着用していると笑顔などの感情を出すことが極端に減っていくため、表情筋が衰え、顔がたるんでいきます。お口のまわりの筋肉がたるんでくると口や舌の筋肉も緩みやすくなり、より一層お口を開くようになります。そして舌の位置が少しずつ沈下していきます。舌の位置が下がると睡眠中にも口呼吸になりやすく、イビキをかいたり呼吸が浅くなっていき、睡眠時無呼吸症候群に進行していきます。表情筋を衰えさせないよう、常日頃からマスク着用している時も舌を歯の表面をなぞるようグルグルまわしたり、左右にゆっくり回転させる運動などを行って口呼吸を予防するとよいかと思います。

 

口呼吸にならないよう意識的に気を付けて、マスクと付き合っていきたいですね!

夏のマスク着用と口呼吸

こんにちは、スタッフの後藤です。

最近は雨が多いせいか気温の上昇も穏やかで、涼しい日が続いていますね。

私は暑い夏が嫌いではありませんが梅雨が明けたら40℃近い猛暑な日々が

やってくるのかと思うと…今からクラクラしそうです。

 

そんな暑い夏でもマスクが生活の必需品の今。

暑い日に長時間マスクを着用して動いていると息が苦しくなり熱中症が心配ですね。

特に小さなお子様は遊びに夢中になっているとマスクの息苦しさに気づきにくく、

水分補給も少なくなりがちなので注意が必要です。

さらにマスクをしていると無意識のうちに口で呼吸していることがあります。

自分自身も鼻呼吸で息をするのがシンドイ時には口呼吸になっている時があります。

鼻呼吸は口呼吸よりも多くの排気量が要るのですが、マスクで覆われていると

充分な空気を取り込むことができず口で息をしてしまうのかもしれませんが

本当はよくありません。

 

呼吸とは本来、鼻で吸って鼻で吐くものです。

空気を肺や身体中に送り込むという目的は同じでも、鼻から入った空気と

口から入った空気では別々のルート(気道と食道のこと)をたどり、

途中で合流して肺に届きます。

鼻から送り込まれた空気には鼻毛や粘膜がフィルターとなり、ウイルスや花粉、

埃、有毒な排気ガスなどが入りにくい構造をしていますが、口から送り込まれた

空気はのどからダイレクトに病原菌が入ってきます。

さらに口呼吸しているとお口の中や喉が乾燥して唾液の量が減っていきます。

唾液は天然の抗菌薬のような役割をしているので、乾燥すると口腔内を守る力が

弱まっていき、細菌がどんどん増えていきます。

結果的に、むし歯・歯周病・口臭・イビキ・リンパ腺の炎症・免疫力の低下など、

一見すると関連性がなさそうなところまで不調になることもあります。

要するに口呼吸はデメリットだらけです。

夏のマスク着用時には息苦しくならないよう、ハッカ油を水で希釈したもの

スプレーしたり(フジテレビで詳しく紹介されていましたのでリンクしました)、

小さな保冷剤を入れられるマスク(洋服の青山が抽選販売中)を活用してみたり。

冷感効果のある生地で作れらたマスクなどを活用してみても良いですね。

少しでも苦しくならないように工夫しながら過ごしていきたいですね。

 

姿勢、気にしていますか?

スタッフの後藤です。

皆さんはなにかの拍子に自分の歩き姿が目に入ってきたことはありませんか?

私事ですが、先日ビルのガラスに反射して映る自分の歩き姿が目に入った瞬間に、

猫背で歩く自分の姿にショックを受けてしまいました。

自分の意志で鏡を見るのとは違い、無防備な素の自分の姿を見ることは滅多にないので

他人から見られている自分の姿がこれじゃあマズイ!!!と気づき、

最近は猫背にならないように意識をするようにしています。が………

へんなチカラが入ってしまい、姿勢良く歩くってむずかしいと感じる今日この頃です。

 

姿勢イメージイラスト

 

自分の姿勢を意識するようなってから街中を見渡してみると、

ゲームやスマートフォンなどに日常的に触れている時間が長いことも関係しているのか

猫背で歩いている人を見かけることがけっこうあります。

姿勢が悪いのは見た目の印象が良くないだけでなく、身体の不調の兆候に関わっているのは

想像がつくかと思います。また歯科領域においても、実は姿勢と歯のかみ合わせが密接に

関係していることがわかっています。

 

たとえば猫背で胸が縮こまっていると深い呼吸がしずらくなり、日常的に口が開くように

なってきます。口が開いていると舌と下あごが徐々に前に出て口呼吸の兆候が出てきます。

そうするとお口の中を守ってくれていた唾液が蒸発し免疫力が低下し、口腔内の雑菌が

繁殖しやすくなりますし、それが口臭の原因にもなります。

 

また胸が縮こまった姿勢をとっているうちに、だんだん首が前のめりになっていき

下あごが前に突き出てきます。そうすると上あごと下あごの噛み合わせが少しずつ

ずれて合わなくなってくることも。正しい噛み合わせでなくなると、全身のバランスも

崩れてきて、肩こりや頭痛、顎関節症などの兆候が表れる場合もあります。

噛み合わせを正しい位置に修正することで肩こりなどの不調は改善していくと思いますので、

日常的に姿勢や歩き姿をチェックする習慣をつけて健やかに過ごしましょう!

 

不調がなかなか改善しない場合は、かかりつけの医療機関にも相談してみてください。

噛み合わせ治療として、当院では自分の歯型に合わせたマウスピースや矯正装置、

咬筋へのボツリヌス菌注射による緩和などを行っておりますので、気になることがあれば

ご相談くださいね。

 

東船橋のビバ歯科・矯正小児歯科 TEL:047-421-0118

 

寝ている時に意外と口は乾いている

睡眠時の口の渇き「夜間口腔乾燥症」について読売新聞に掲載されていましたのでご紹介します。

 

口を開けて寝ている、歯ぎしりしている、大きなイビキ、無呼吸の時がある…など

寝ている時に多くの方が経験している行為ですが、自分では自覚がないため身体からのサインに

なかなか気づけません。ですので、普段から一緒に生活しているご家族やパートナーに

少しだけ気に留めてもらうことで、お口の健康をはじめ全身の健康状態に気づけるヒントが

見つかることも。たかが口の乾燥…と気に留めないでいたら実は身体からのサインだった

ということもありますので、ぜひご家族にチェックしてもらうように習慣をつけて欲しいです。

 

 

例えば睡眠時の口呼吸

唾液が渇いて蒸発することで雑菌が繁殖し、口臭として表れることもあります。

そして口呼吸にはドライマウスのリスクがあります。

特にご年配の方の場合は筋肉の低下だけでなく、ストレス性のものや飲んでいる薬が関係

していることもありますので、複数の薬を服用していてあきらかに薬の副作用だとわかったら、

かかりつけの医療機関に相談してみてください。

またお子さんの場合は、普段からやわらかいものばかりを食べているとアゴや舌の筋肉が衰え

唾液が出にくくなります。唾液量が少ないと口腔内で細菌が繁殖しやすくなり、免疫力も低下

していきます。普段の食事で唾液がしっかり分泌されるように噛む習慣をつけていきましょう。

 

歯ぎしりに関しては、自分の体重以上の力で上下の歯を噛んでいるため少しずつ歯が

擦り減って削れていきます。弱くなった歯はある日突然割れるリスクがあり、激痛を伴うことも。

痛みを感じなくとも割れたりヒビの入った歯をそのまま放っておくと、むし歯や知覚過敏へと

移行していきます。そして口腔内のみならず頭痛や腰痛などの全身に症状が出る場合もあります。

こちらもマウスピースで軽減できますので、気になっている方はご相談ください。

 

大きなイビキは無呼吸を伴うことが多く、無呼吸になる回数が多ければ多いほど、心臓、脳、血管

などに負担をかけています。またイビキは「睡眠時無呼吸症候群」という病気が隠れていて、

前兆となっている可能性があります。

歯科医院では呼吸による空気の気道が物理的に狭くなり呼吸が止まってしまう無呼吸の症状

(閉塞性睡眠時無呼吸症候群など)に対しての歯科矯正やマウスピースなどで、歯や舌の位置や

下顎と上顎の位置関係などを正しく戻し、気道を広げて症状を改善していきます。

歯科領域外では、鼻づまりや耳が聞こえにくくなるなどの耳鼻咽喉に不調を感じることが

ありますので、症状に合わせて医療機関を受診することをおすすめします。

 

少しでも気になることがあったら身体からの小さなサインとおもってください。

そして医療機関などで相談するキッカケにしてくださいね。

2019年6月14日 読売新聞

2019年6月14日 読売新聞 からだの質問箱