唾液」タグアーカイブ

脱ストレスのために

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

 

昨日は千葉県内でも雨が降り、梅雨の足音が近づいてきましたね。この時期はジメジメな上にちょっと蒸し暑くなんとなく不快に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。外出時に靴が濡れてしまう心配に加えて、お洗濯物が乾かないなど、物理的なストレスも多いですよね。

 

そして、この時期注意したいのが気分の落ち込みです。曇りの日は晴れの日と比べて昼間に気温が上がらないことが多く、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり自律神経失調症や、偏頭痛、鬱など心身のバランスを崩しやすくなります。特に現在は先の見えない新型コロナウイルス感染症の流行が続き、「運動量が減ったのにいつも疲れていて体が重だるい」、「やる気がでない」、「気分が落ち込み鬱っぽい」などといった症状を訴えている人が増えているそうです。このようにコロナ禍により不安や不調を感じることは『不安疲労』と呼ばれています。20211月にパラミロン研究会が名付けました。

 

少し前に女優の深田恭子さんが適応障害を理由に休養を発表されました。中にはコロナ禍が一因では?という記事も出ていて、昨今の未曾有の事態の中では心身のバランスを保つことは本当に大変なことなんだと考えさせられました。

 

このように、ストレスと病気は非常に密接な関係があり、ストレスが病気をつくり、その病気がまたストレスとなりさらに別の病気を発症させるなど悪循環に陥ります。どういうことか例でみていきますね。

 

💧大きなストレスによって、胃潰瘍になり更に悪化して胃に穴があく

💧病気がなかなか完治せず不快な気分が続き、憂うつな気持ちになりがちになる

💧このうつ状態の症状に対して向精神薬や睡眠導入剤を服用するようになる

💧薬の副作用で口が乾き(いわゆるドライマウス)、唾液の分泌量が減少する

💧口腔内環境が悪化し、以下のような症状を発症する

 ・むし歯が増える

  唾液には、むし歯菌が出す酸を中和させたり、酸で溶かされた歯を再生させたりする働きがあります。

 ・歯周病が進行しやすくなる

  唾液の中の成分である白血球、リンパ球、貪食細胞によって歯周病菌の活動を抑える働きがあります。唾液の分泌量が減るとこれらの免疫細胞が歯茎を守れなくなり歯茎が炎症を起こし腫れます。そして毒性の強い歯周病菌が繁殖し歯周病がどんどん進行してしまうのです。

 ・口内炎ができやすくなる

  口腔内は唾液の自浄作用によって保護・殺菌されているのですが、唾液の分泌量が減少すると粘膜が傷つきやすくなりそれにより口内炎ができやすくなります。

・口臭が強くなる

  唾液の分泌量が減少し口腔内の細菌を洗い流すことができなくなると、細菌が増え続け臭いの元になります。

 

いかがでしょうか?

薬の副作用でドライマウス(唾液の分泌量が減少)になったことが原因で口腔内だけでもこれだけの症状が出る可能性があるのです。特に現在は新型コロナウイルス感染対策のためにマスク着用が欠かせません。以前当院のブログでも書きましたが、マスク着用により口呼吸となりこれもドライマウスの一因となっているのです。

 

ビバ歯科・矯正小児歯科のミッション3つ目に『口腔の健康は、全身の健康と密接につながっています』と掲げておりますがまさしくその通りですよね。

 

 

心の疲れ度チェック診断

さて、このブログをご覧になっている皆様の健康状態はいかがでしょうか?

当院(=歯科医院)のHPをお読みいただいているということは、やはりどこか健康面に不安を抱えている方も少なくないことと思います。(もちろん『いやいや、単に当ブログの熱狂的ファンなんです!』という方もいらっしゃったら大歓迎ですが)

 

こちらの元気通信というサイトに“心の疲れ度チェック診断”というのがあります。6個の質問に答えるだけでご自身の心の状態がわかる簡易なものですが、疲れの対処法などもありオススメです。1分もかからず出来るものですのでぜひ一度お試しになってはいかがでしょうか。

ちなみに私のチェック数は0個(ゼロ)でした。つまりストレスフリーです☆自由人としての人生を謳歌しているのが良いのかもしれません(笑)

 

最後になりましたが、歯周病やむし歯などの発見は自分ではなかなか難しいことだと思います。もちろん症状が進行し強い痛みを伴えば別ですが、そうなってからでは治療に痛みを伴い苦痛ですよね。よって予防、もしくは症状が小さなうちに治療をおこなうために、歯科医院での定期的な検診をうけることをおすすめします。「あら~もう何年も歯医者さんには行ってないわ」という方は、ぜひこれを機に足を運んでくださいね。ビバ歯科・矯正小児歯科では新型コロナウイルス感染対策を兼ねて事前予約制となっております。ぜひご来院前にお電話(047-421-0118)にてご予約下さい。お待ちしております。

女王☆卑弥呼

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

 

みなさんお魚は好きですか?実は昨晩スーパーで夕飯のお買い物をしていたら、美味しそうなアジを発見しました。新鮮な魚の見分けポイントは「目」と言いますが、まさしく目が澄んでいて、目玉が盛り上がっていて新鮮そのものでした。そして、急いで帰宅し我が家全員の大好物であるアジフライに!

 

・・・と、ここまでだったらいつもの家族団らんの風景なのですが、食事をはじめて数分後に大事件が勃発したのです。

 

隣から

「イタっ!!!」

という声が!

 

何事かと横をみると、なんと「アジの骨がノドに刺さってしまった」とのこと。

ただ幸いなことにお水を飲んだら痛みもなく大ごとにはならなかったのですが、万が一刺さったままになったらとても怖いなと不安になりました。 

みなさんはこういったご経験はございませんか?少しずつ食文化に変化はあれど、やはり日本では魚を食べる習慣があるので万が一に備えたいですよね。春ですとメバル、サワラ、夏にかけてはアジやアユなど旬を迎えるお魚たちが勢ぞろいです。そこで今日は、毎日の食卓を安心して囲むために魚の骨がノドに刺さった時の対処法についてご紹介したいと思います。

 

それって本当に正しいの??

みなさんは魚の骨が刺さってしまったことはありますか。そしてもしそうなったらどうしますか?

私は子どもの頃に“ご飯を丸のみするといい”と祖母から聞いた覚えがあります。(言われた時には「なるほど」と思う反面、「いつもは『よく噛んで食べなさい』っていうのにな~」と心の中でつぶやいた記憶があります。)ちなみにこちらの対処法、刺さった場所がノドの入口付近であれば有効なこともあるようですが、扁桃腺や食道の奥の方に刺さっている場合は丸のみしたご飯が骨を押し込んでしまうことがあり危険です。さらに、太い骨が刺さっている場合にはそれが丸のみしたご飯に引きずられ粘膜を裂いてしまうことも。(イタイイタイ!)食道の粘膜に刺さり炎症を起こすと他の臓器にもダメージを与え、最悪死に至る恐れもあるとのことです。こう考えると、たかが骨1本、されど骨1本ですね。

 

 また、“のどに指やお箸、ピンセットを入れて抜く”という方法も聞いたことがあります。もちろん自身で目視確認ができて確実に取れるという場合には問題ないですが、誤ってさらに骨を押し込んでしまったり、途中で骨が折れて埋もれた部分は粘膜の下に刺さったままになってしまったりとリスクが大きいです。そのため、ご自身で判断はせずに早急に耳鼻咽喉科の医師にご相談するのがベストです。なお、口腔内から目視確認できる位置の場合には歯科医院でも処置が可能です。ビバ歯科・矯正小児歯科でも診察できますのでご相談ください。

 

 

よく噛んで食べることが大切

今回骨を取り除くための対処法をご紹介しましたが、それでもやはり1番大切なことは、こういった心配がないように未然に防ぐことですよね。そしてそれは、いつでも、誰でも、簡単にできる方法なんです。何だと思いますか?

ズバリ、“よく噛んで食べること”これにつきます。

魚などの骨が含まれている可能性がある食べ物は一口の量を少なめにし、よく咀嚼することで、事前に異物(骨等)の存在に気が付くことができます。また、実はよく噛んで食べることは歯の病気予防にもつながります。よく噛むことにより唾液の分泌が促されます。この唾液は食べ物のカスや口内細菌を洗い流してくれるためむし歯や歯肉炎の予防になるんですよ!

 

最後に、噛むことの8大効用とも呼ばれる『卑弥呼の歯がいーぜ』についてご紹介しますね。卑弥呼というと、「あぁ、邪馬台国の。歴史で習ったな」と思う方も多いかと思います。これは日本咀嚼学会が提案する標語で、噛むことの効用を咀嚼回数の多かった時代の卑弥呼にかけて表したものです。卑弥呼の時代は1回の食事で噛む回数はおよそ3990回、比べて現代は約620回と言われています。つまり現代の6倍以上ともいうのですから驚きです!

 

 

🦷ひ:肥満予防

   よく噛むことにより満腹感で食べ過ぎ防止になる

🦷み:味覚の発達

   よく噛んでいろいろな食べ物を味わうことで味覚が発達する

🦷こ:言葉の発達

   口の周りの筋肉が発達し、発音が良くなる。

   また顔の筋肉の70%は口回りに集中しているので リフトアップ、小顔効果に期待も!

🦷の:脳の発達

   噛む刺激で、脳の働きが活発になる

🦷は:歯の病気予防

   噛むと唾液が分泌され、むし歯の予防になる

🦷が:がん予防

   唾液が抗ガン性物質の毒性を抑える

🦷いー:胃腸快調

   噛むと消化酵素がたくさん出て、消化が促進される。便秘解消にも!

🦷ぜ:全力投球

   奥歯で嚙みしめられることで体に力が入る

 

 

「医食同源」と言う言葉がありますが、良く噛むことは健康への第一歩ですね。ぜひ今日から試してみてください。

人間も毒をもつようになる!?

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科の武林です。

突然ですが、みなさん梅干しは好きですか?私はおにぎりの具材としてよく食べます。

あの酸っぱさがたまりません!!思わず口を窄めてしまうくらいの酸っぱい梅干しが大好きです。

 

 

 

 

 

…あれ?あれあれ?

今このブログをご覧になっている方は、お口の中に“じゅわわわ~”と唾液(ツバ)
が出てきませんでしたか?出ましたよね!!

学生時代に学校で習った方もいらっしゃるかもしれませんがこれを『条件反射』といいます。梅干しをたべて酸っぱさを感じ唾液が出る、という経験を何度もしたことで、梅干しのことを考えだだけで唾液が出るようになってしまっているんです。

1902年に生理学者イワン・パブロフが発見した『パブロフの犬』というのが有名ですね。

 

******

 

さて、この唾液ですが、一体私たちの体のどこからあらわれるかご存じですか。

ちなみに、この質問を友人にしたところ「口に決まってるじゃん」と一蹴されました…。(まぁそうなのですが;汗)

 

もう少し医学的にいうと、唾液は唾液腺というところから分泌されています。

この唾液腺には大唾液腺と小唾液腺があります。まず、大唾液腺は3つ(耳下腺・顎下腺・舌下腺)からなり、ここで作られた唾液は管を通じて口腔内に分泌されます。次に小唾液腺ですが、こちらは口腔、咽頭粘膜表面に多数散在していて直接口腔内に唾液を分泌しています。

 

 

 

 

 

~ここから本題です~

さて、このように実は身近な唾液腺ですが、これについて驚くべき研究結果が発表されました。

『ネズミもヘビのように毒をもつ可能性があることが明らかに』

 

簡単に言うと、『必要な条件さえ整えば哺乳類の唾液腺が毒性の機能をもつようになる可能性がある』ということです。

つまり…、将来的に私たち人間の唾液にもヘビのように毒が含まれる可能性があると!

 

 

まだ可能性は低いようですが、ちょっと衝撃的ですよね。

歯科医院の立場としては患者さんの腔内治療をする際に、毒が漏れ出ていることを想像して震えてきますが…(ブルブル

 

 

 

 

さて、これを読んで改めて感じたのが、生き物のカラダって本当に不思議だなぁということです。今回は歯科情報とは少し違いますが興味深い記事なので紹介させていただきました!ぜひご家族やご友人とも一緒に読んでみてください☆