定期検診」タグアーカイブ

インプラントのメンテナンス

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

 

突然ですが、ちょっと怖いことを言います。

『一度失われた歯は二度と取り戻すことはできません』

 

 

歯科医院に勤めている人、一度自分の歯を失ったことがある患者様ならこのことは痛いほど身に染みている事実です。とは言え、近年様々な治療法が発達し、歯を失う前の健康的な状態に近づけるようになりました。

 

さて、みなさん歯を失った場合にどんな治療法があるかご存じですか。

主に以下の3つがあげられます。

 

1.ブリッジ…歯を失った部位の両隣の歯を削って人工歯のキャップを作り、連結したキャップを被せる方法

 

2.入れ歯…金属製のバネを既存の歯に引っかけて人工歯を固定する、取り外しが可能な治療方法

 

3.インプラント…歯を失った部位に人工の歯根(インプラント)を埋入し、更にその上に歯(歯冠)を取り付ける方法

 

 

 

ここでクイズです。実はこの3つの中で1つだけ仲間はずれがあるのですが、わかりますか?

 

 

はい、そうです。インプラントですね。

インプラントはこの中で唯一“健康保険の対象外”なのです。つまり、他と比較して費用が高額になります。しかし、それでも最近はインプラントを選択する患者様が増えているのです。なぜでしょうか。

 

最大の理由は「自然な見た目」と「快適さ」です。

天然歯(自分の歯)と同様に歯ぐきの内側から歯が出ている状態のため自然な見た目が蘇ります。さらに、骨に植立しているため違和感が少なく安定した嚙み合わせが期待できるため、食事の際にも快適です。

 

ところで、先月のブログで歯科衛生士の田畑がインプラント手術を受けたというお話を紹介しました。手術からまだ1ヶ月ちょっとですが経過は順調なようで、昼休みにはお弁当をモリモリ、お菓子もムシャムシャ召し上がっています。私自身今のところは自分の歯のオールスターズなのですが、将来のことを考えるとちょっぴりインプラントが気になっています。ということで、色々とお話を聞いてみました。

 

そこで、驚いたのが、「インプラントもメンテナンスが必須だ」ということです。少なくとも年に1回はメンテナンスが必要とのこと。みなさん、ご存知でしたか??

歯科医院スタッフ歴が1ヶ月の私は恥ずかしながらこのことを知らなくて、“インプラントは永遠に不滅だ”と勘違いをしていました。でも逆に言えば、年に1回だけのメンテナンスで快適な歯を維持できるのですからインプラントってすごいですよね!

 

さて、ビバ歯科・矯正小児歯科ではインプラント治療を開始する際に、患者様お一人お一人にメンテナンス及び様々なリスクについてご説明しております。ただ、時間の経過とともに忘れてしまう方や新型コロナウイルスによる外出自粛等で中断されてしまう患者様が多いのも事実です。そこで改めてインプラントメンテナンスの重要性についてご案内差し上げたいと思います。

 

~インプラントを放置すると危険~

インプラントは天然歯と同様に歯周病菌に感染します。メンテナンスを怠り、放置した場合、歯ぐきや支える骨などに炎症が起こり、インプラント周囲炎を発症し骨吸収が起こります。その結果インプラントが脱落するのです。そしてさらに重症化すると、顎骨髄炎など恐ろしい病気になることもあります。

 

 

 

 

 

 

~ビバ歯科・矯正小児歯科でのメンテナンス~

当院では下記の内容でメンテナンスをおこなっております。

1.レントゲン撮影

 インプラント周囲の骨の状態や天然歯、周囲の骨の状態を確認します。

2.嚙み合わせのチェック

 色のついた紙を噛んで、歯全体の嚙み合わせのバランスを確認します。不具合がある場合には調 

整を行います。

3.口腔内全体のチェック

 歯・歯ぐき・粘膜の状態を確認し、汚れや炎症がないか確認します。

 さらに、インプラント自体に破損がないか調べます。

4.歯のクリーニング

 特別な器械をつかって、歯についた汚れや歯石を落とし、インプラント周囲炎や歯周病を予防します。インプラントの被せ物(上部構造)を外してクリーニングをしたり、時に被せ物を止めているスクリューの交換なども行います。

5.ブラッシング指導

 普段の歯の磨き方について患者様からヒアリングさせていただき、改善点があれば歯科衛生士より提案させていただきます。

 

 

いかがでしょうか。年に1回のメンテナンスです。自身のお誕生日だと思えば、すごく待ち遠しくなりませんか?もしインプラントのメンテナンスを中断している方がいらっしゃいましたらぜひ当院にご相談下さいね。

ご自身の健康はもちろんですが、せっかく費用をかけて整えた新しい歯(インプラント)ですから、大事につかっていきましょう!

隠されたチカラ

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

タイトルをみて何か神々しい雰囲気がありますが、今回も真面目な歯のお話ですのでぜひご覧くださいね!

さて、みなさんは歯が痛い、冷水で歯がしみるなどといった症状で歯医者さんに駆け込んだご経験はありませんか?そして、「あぁ、やっとこの痛みから解放される。先生おねがいね!!」と思ったにもかかわらず、診断結果は“特に問題なし“なんてことありませんか?

 

心当たりがある方も少なくないと思いますが(実際にわたしも経験があります)、このような症状がある場合、そこには力(チカラ)が隠れている可能性が高いです。今日はその隠されたチカラについてお話していきます。

 

***

TCHという言葉をご存じでしょうか。TCHは、Tooth Contacting Habitの略で日本語では上下歯列接触癖といいます。つまり上の歯と下の歯を無意識に接触させる癖のことです。上下の歯は常に接触していると思われがちですが、実際には接触していません。平常時には上下の歯列間に13㎜の隙間があり、接触するのは食事中や会話中のみで1日に17分程度しかないと言われています。弱い力が働いているだけなので歯自体に大きな影響があるわけではありませんが、長時間働き続けることによって様々な不調を引き起こします。具体的には、顎関節症・歯の破損・知覚過敏・歯周病などです。

 

そしてこのTCHというのは“無意識”に食いしばってしまうという点も厄介です。多くの場合、以下にあげるような緊張状態・集中状態の時にやりがちです。

  • パソコンやスマホの使用時
  • テレビを見ている時
  • 車の運転中
  • ストレスを感じている時 等々

 

これらを予防するためにはセルフコントロールがとても大切です。アナログ的な手法にはなりますが、『歯を離す!』といったメモを、パソコンやテレビなど目につくところに貼るのも1つです。わたしもパソコンに夢中になるとクッと食いしばる癖があるので、常にパソコン周りに貼っています。おかげで、液晶周りが付箋だらけで大変なことになっていますが・・・。

 

今回は隠されたチカラということで、TCHについてのお話でした。お口の中の不調に心当たりがある方はぜひ試してみてくださいね。それと並行して、早期発見のためにも一度歯医者さんで検診を受けていただくことをおすすめします。ビバ歯科・矯正小児歯科でも定期検診をおこなっておりますので、気になる方はぜひお電話でご予約ください。お待ちしております!

お口の中の微生物たち

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

今回のブログのタイトルを見て、「ギャーーー!!」と思った方いませんか?実際に書いている私自身、口の中がザワザワしてきます…泣

 

微生物なんて聞くと、小中学校の理科の時間に習った、“ミジンコ”、“アメーバ”、“ゾウリムシ”という名前を思い出しますが、この子たちが本当に自分のお口の中にいるのでしょうか?

まずは微生物という言葉の定義から確認しましょう。

私たちが住んでいる地球には多種多様な生物がいて一緒に暮らしています。クジラのような大きな生き物もいればアリンコのような小さな生き物もいます。その中でも微生物と呼ばれるのは目に見えないくらい微小な生物全体の総称です。特定の生き物を指すのではなく、細菌、菌類(酵母、カビ、キノコなど)、原生動物(アメーバやゾウリムシなど)など、いろいろな微生物が存在します。

 

お口の中は細菌だらけ!

実は私たちのお口の中にも、300700種類の微生物が存在していて、歯みがきが上手な人でも10002000億個、ほとんど歯を磨かない人にいたっては1兆個もの細菌が住み着いているといわれています。

いわゆるむし歯菌、歯周病原性菌の他に、カンジダ菌などの真菌、アメーバのような微生物が含まれることもあります。

 そして、実はこの微生物たちはとってもコミュニケーション上手!互いに増殖を調整し強固な生物膜(バイオフィルム)を形成していきます。お風呂場や台所の排水口を触ってヌルヌルと嫌な思いをしたことがありませんか?あれもバイオフィルムです。また歯の表面や歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に付着している白いネバネバしたかたまり、すなわち歯垢(プラーク)もこのバイオフィルムの一種です。

 

このバイオフィルムは、細菌が塊をつくってバリアとなるため抗菌剤や体内の免疫系が効きにくく、様々な場面で病気を誘発します。特に代表的なものとして、当院のブログでもたびたび取り上げている歯周病があげられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯周病は悪の親玉

歯周病というと歯肉や歯を支える骨が溶けてしまう病気で、進行すると膿が出たり、歯がユラユラしたりして最後には歯を抜かなくてはいけないもの、という認識の人がほとんどだと思います。確かにその通りです。しかし、この歯周病の一番怖いところはそれだけではありません。これはお口の中の炎症にとどまらず全身疾患を引き起こしたり悪化させたりする原因となるのです。以下に歯周病が関わるとされる全身疾患の例をあげます。

  • 血管の動脈硬化(心筋梗塞・脳梗塞)
  • 早産、低体重児出産
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗鬆症
  • 認知症 等々

その他癌も例外ではなく、歯周病が癌の発症リスクに関与している可能性があるという研究もあります。

 

定期健診で自分のカラダを守りましょう

さて、ここまで少しコワイお話をしましたが、どんな病気であれ病気にならないために普段から未然に防ぐ努力をしていきたいですね。ありきたりですが、栄養のある食事、軽い運動、適度な睡眠、そしてストレス発散などシンプルですが人間らしい日々の習慣が大切ですね。

そしてもう1つ、歯科検診です。もちろん毎日の歯みがきは自分でできますが、歯科医・歯科衛生士などのプロによる定期的なメンテナンスでしか発見できない病気もあります。

 

先日の読売新聞にも『歯周病予防 検診を』という記事が掲載されており、千葉県歯科医師会からメンテナンスの大切さが語られておりました。

 

繰り返しになりますが、大切なのは予防、診断そして適切な治療です。

お口の中を清潔に保てば、痛い思いをすることはありません。さらに、未来の自分の医療費も抑えられ良いこと尽くしです。

まずは気軽に歯科医院で自分の口腔内の状態を把握してみませんか?ビバ歯科・矯正小児歯科でも予防歯科をおこなっておりますのでまずはお電話でご予約を!

親子の口の中はそっくり

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

ゴールデンウイークが近づき、子どもの日がもうすぐですね。当院でもこの端午の節句を前に待合室に鯉のぼりのタペストリーを飾り付けました。

ちなみにこの鯉ですが、すごく生命力の強い魚で、中国では『鯉が竜門の滝を登ると竜となって天をかける」という故事があるそうです。そしてこのことが登竜門という言葉の生まれとも言われています。元々は「立身出世や成功のための関門を通ること」を指した言葉でしたが、現在では「関門そのもの」を指す言い方が一般的になっています。例えば芥川賞は小説家の登竜門だ、というように使われますよね。

 

さて、今回はこの子どもの日にちなみ、親子のお口の中の話をしたいと思います。

 

~母親似?父親似?~

よく子どもが生まれると、ご両親のどちらに似ているかという話になりますよね。みなさんはどちらに似ていますか?単純にお顔が似ていたり、もしくは少し成長していくと口癖やしぐさが似ていたりしますが、実は歯科治療をしていると口腔内環境がそっくりな親子に出会います。同じ場所にむし歯があったり、歯並びが似ていたりといった具合にです。『子は親映す鏡』とも言いますが、お口の中の写真で神経衰弱をやったらピッタリあてる自信があります笑。

 

 

 

 

 

 

ただ、この話をすると

 

「まぁ、遺伝だもんね」

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かにその通りです。しかし、実はそれだけではないんですよ。親子や兄弟で口腔内環境が似ているのは遺伝もそうですが、衣食住が同じ生活環境であることも大きな要因の1つとも考えられています。

 

例えば食事はご家族で同じものを食べることが多いでしょうし嗜好品も似てきます。即席めん中心の食事スタイルが肥満やメタボを増やすという調査結果がありますが、親子で肥満の場合、先の生活環境が大きく影響していると考えられます。お口の中の例でいえば、親御さんが歯ブラシを苦手にしている場合、お子様の仕上げ磨きも不十分になり同じような歯のトラブルを抱えるということも少なくありません。もっと言うと、親御さんのお口の中を診察することによりお子様の口腔内状況、更には将来起こるであろう歯のトラブルを予測できることもあります。

 

******

そこで当院では親子検診を推奨しています。親子で一緒に歯科検診を受診していただくのです。まだ小さなお子様で歯医者さんが苦手という子にはママ・パパが近くにいることで安心して歯科治療を受けられます。さらに先述の通り親御さんの歯の状態を診てお子様の歯の状態を予測できることから予防歯科の一助となります。例えばお父さんの歯並びが悪くそれが幼い頃の指しゃぶりが原因だった場合、お子様にもその癖が出る可能性があります。そう言ったことに気が付いて先回りして治療できるのもこの親子検診の良いところです。

実際にビバ歯科・矯正小児歯科では親子・ご家族で通院いただいていることも多いので、一緒に診察を受けられるよう、下の写真のようにユニットの前にもう一席ご用意しております。お子様の診察中に対面で親御さんが見守ってくださることでお子様の安心につながるからです。

今年のゴールデンウイークは新型コロナウイルスの影響もあり遠出もなかなか難しいと思います。おうち時間がある今だからこそ親子検診を受診し、ご家族で健康について考える時間を作るのも素敵ですよね。歯医者さんに通うのは久々という方はぜひゴールデンウイーク前にご予約下さい!鯉のぼりと一緒にお待ちしております。

 

 

お口クチュクチュ♪!

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

突然ですが、皆さんお口クチュクチュしていますか?

 

「え、ナニソレ?」と思った方のために少しだけ…

このお口クチュクチュというのはかの有名なアース製薬株式会社モンダミンのキャッチフレーズです。

「お口に含んで、すすいで吐き出す」という洗口液の使い方をとてもわかりやすく表現していますよね。

 

今回はこの洗口液についてのお話です。

 

******

洗口液とは書いて字のごとく口を洗う液体です。具体的には、口臭を抑えたり、むし歯や歯周病を予防したりするためのもので一般にはマウスウォッシュとも呼ばれています。お口にトラブルを抱えている患者さんはもちろんのこと、健康な方でもむし歯や歯周病の予防に最適です。

 

実は先日のお昼休みにモンダミンさんをお招きし、洗口液の勉強会が開かれました。

お昼時ということでお弁当を食べながらの勉強会でしたが、モンダミンさんの魅力に手を止めて思わず聞き入ってしまいました。多くの商品がある中でも、モンダミンさん一押しの商品がありましたのでご紹介しますね。その名もずばり『モンダミンハビットプロ』!

◆モンダミンハビットプロ◆

歯科医院専売の洗口液~3つの薬用成分で歯ぐきを守り、口臭を防ぐ。

  • CPC;塩化セチルピリジニウム」殺菌成分。原因菌を殺菌し、歯垢の付着を防ぐ。
  • GK2;グリチルリチン酸ジカリウム」抗炎症成分。歯ぐきのハレと炎症を防ぐ。
  • TXA;トラネキサム酸」出血予防成分。歯肉炎による歯ぐきからの出血を防ぐ。

当院のスタッフもお土産に1つずついただきましたので(モンダミンさんありがとうございます!)早速私も試してみました。

 

 

クチュクチュクチュクチュ・・・・・

 

2030秒経過)

 

ペッ!!

・・・・感動しました!!

 

ほのかなミントの香りはするものの洗口液特有のアルコールによる刺激は全くありません。そのためアルコールに過敏な方も安心して使うことができそうです。また何といっても希釈の必要がないため、そのまま使えて楽チンです!キャップが計量カップになっているのも至れり尽くせりで、さすがモンダミンさんだなぁと思いました。当院でも受付にて販売をおこなっております。ぜひ一家に1本、こちらの『モンダミンハビットプロ』をお試しください。

 

 

なおこちらは歯科専売のため、一般のドラッグストアでは決して手に入りません。当院でも勉強会当日から患者さんにご案内しており、ありがたいことにご好評いただいております。使用方法についてはスタッフからご説明さしあげますのでぜひお気軽にお声がけください。

(下の写真:左が歯科衛生士の田畑、右が院長の関本です)

ただ、洗口液について注意していただきたいことが1つあります。洗口液はあくまで歯ブラシによるブラッシングの補助的な役割のものです。「クチュクチュして、はい終わり!」というのは絶対にNGです。必ず毎食後の歯みがきをしたうえでご利用くださいね。そして、3ヶ月に1度の歯科医院での定期検診もお忘れなく☆

メール相談やっています!

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

 

4月も残すところあと1週間ですね。そして気がつけばゴールデンウィークの足音が聞こえてきます。

ただ、去年に続き今年も新型コロナウイルスの影響により思い切っての遠出がしづらいのが本音かと思います。さらに、感染リスクを考えると旅行などの遠出だけではなく、近場に出掛けることさえも迷ってしまいますよね。

 

そして、このように不要不急の外出を控えている皆さんの中には

「歯医者さんに行くのはもう少し落ち着いてから」

「治療の時にコロナ感染のリスクが怖い」

「定期健診だから行かなくてもいいのでは」

と考え、

歯科診療の自粛を希望される患者様が少なくないようです。

 

しかし、ここで1つお願いです。

新型コロナウイルス感染への恐怖心で歯科診療を自粛しないでください。

受診を控えることで口腔内の健康を保てなくなり、むし歯や歯周病をはじめとした症状の悪化につながってしまいます。さらに口腔内の衛生状態が悪くなると、心臓病、高血圧、糖尿病などの全身疾患のリスクを高める可能性があります。歯科医院での治療や定期健診は、決して「不要不急の外出」ではないのです。

 

そして21日のブログ『コロナ禍の歯科診療』でも取り上げたように、

当院では新型コロナウイルス流行以前から感染症対策を徹底しております。歯科医院では口腔内を診るため感染やクラスターが起きやすいと思われがちですが、以前からグローブやマスクの着用、患者様ごとの器具の滅菌、ディスポーザブル(使い捨て)器具の使用などを当然のこととしておこなってきました。そのため治療行為自体では心配されるような感染リスクは少ないと言えます。現に歯科医院でのクラスターというニュースはほとんど聞きませんよね?それほど、歯科医院というのは従来から感染症対策に相当な力を入れてきたのです。

 

*******

ただそれでも、

「歯医者はイヤ!」(この場合のイヤは、上記のようなコロナ感染よりも、歯科治療自体がコワイという人が多いですが)という人もいますよね。

そんなあなたに朗報です!!

 

当院では院長によるメール相談を受け付けております。こちらはホームページのお問い合わせ欄より、どなたでも無料でご利用頂けるものです。歯の痛み嚙み合わせのこと歯並びのこと入れ歯のことなかなか治らない口内炎のことなどなど、何かお口の中のことで気になることがありましたらぜひご相談ください。その際はできる限り細かく症状を教えていただけますとより明確な回答ができるかとおもいます。ただし、やはり繊細なお口の中のことでありますので実際の診断は直接ご来院頂いてからになりますのでそこはご了承ください。

 

先日もお子様をもつ保護者様から反対咬合(下前歯が上前歯よりも前に飛び出している、いわゆる受け口)のメール相談をいただきました。お子様の場合は乳歯から永久歯への生え変わりも考え治療のタイミング等がとても大切になります。

しかし、むし歯を治すことなどのいわゆる“治療”は歯科医でしかできないことですが、普段の生活の中で気を付ける“予防”については患者様ご自身の意識1つでできることです上記の件でも院長から保護者様に日常生活でできる反対咬合の予防方法についてお話させていただきました。

 

 

いかがですか?

「いきなり歯医者に行くのはちょっと怖い。でもお口の中のことが気になる…」

という方に当院のメール相談はオススメです!!いつでもお待ちしております!

 

 

スポーツの強い味方

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

 

新型コロナウイルスの影響により開催が危ぶまれてはいますが、東京オリンピックを前にスポーツニュースが話題ですね。

 

最近では競泳の池江璃花子選手が急性リンパ性白血病という大病から回復し、東京五輪の代表に内定しました。また、男子ゴルフの松山英樹選手が米ジョージア州オーガスタで開催された男子ゴルフのメジャー大会、マスターズ・トーナメントで優勝し、日本の男子選手で初めて海外メジャー大会制覇を達成しましたね。グリーンジャケットを着て喜びを爆発させる松山選手の笑顔がとても印象的でした。

さらに、先月にはサッカー日本代表の国際親善試合があり韓国代表相手に3-0と快勝しました!しかし…、サッカー好きの私としてはすごく心配になるシーンがあったのです。

(ここだけの話ですが、私、実は…Jリーグ某チームの熱狂的サポーターです)

 

覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、韓国の選手が振り上げた手が日本の選手の顔面を直撃し、口付近から血を流す様子が映ったのです!(ひぇぇぇぇ、痛そう泣)

後日の取材で、この負傷した選手は「歯が半分折れちゃったという感じです。応急処置をして見た目は戻りました。」と語りました。さらに「この出来事は故意的なことではなく試合中には起こりうること」というメッセージを発信し、彼のスポーツマンシップに惚れ惚れとしました。

 

 

とは言え、歯科医院に勤める身としては歯の状態が気になってしかたないというのも本音です。

そこで今回は『歯科治療とスポーツ』をテーマにお話ししていきたいと思います。

 

 

歯が折れてしまったら…

スポーツ中のアクシデントや日常生活での怪我など、歯を破損した場合どうすればいいのか、応急処置の方法について紹介します。ちょっとした行動で歯を元に戻せることもありますのでぜひご覧ください。

 

  • 歯が折れた、欠けた場合

 まずは、慌てず落ち着いて破折片(折れてしまった歯の一部)を探しましょう。その破折片を再び装着して戻すことができれば機能回復が期待できます。その際、患部には絶対に触れないようにして下さい。ついつい気になって手で触れたくなりますが、雑菌が繁殖し症状を悪化させる恐れがありますので我慢しましょう。そしてできるだけ早めに歯医者さんに相談してください。くれぐれも放置をしてはダメですよ!

なお、万が一破折片が無い場合はコンポジットレジン修復という治療があります。これは歯科用樹脂コンポジットレジンを用いて折れたり、欠けたりした歯の部分を埋める治療法です。治療回数が1度で済み、健康保険適用なので治療費が安価です。ただし、接着面積が小さいため強度がなく、さらに経年劣化により変色することがあります。

 

  • 歯が抜けてしまった場合

緊急事態です。元通りにするには、抜けてしまった歯を一刻も早く再植する必要があります。ただし、これが上手くいくかどうかは、抜け落ちた歯の状況や再植するまでの経過時間に大きく左右されます。前述の歯が折れてしまった時同様に、抜けてしまった歯を持ち、早急に歯科医院で治療を受けましょう。なお、ここで注意してほしいのが抜け落ちた歯の保存方法です。歯根膜(歯と骨との間にある厚さ0.2㎜ほどの薄い膜)の乾燥は大敵ですので、歯科医院に到着するまでは生理食塩水や牛乳につけたり、それらが無い場合には口の中に入れたりして保管してください。ただしお子様の場合には誤飲・誤嚥の危険がありますのでくれぐれもご注意ください。

 

スポーツ選手の強い味方~マウスガード

みなさんは、“マウスガード”というものを知っていますか?

その名の通り、マウス(口)をガード(守る)するためのものです。スポーツ選手を目で追っていてお顔がアップになった際に「あれ?なんか歯がカラフルだぞ?」なんて思ったことありませんか。アレです。私も初めて見たときはびっくりしたものですが、スポーツ中に起こりうる口や歯の怪我を未然に防止し、大切な歯を守ってくれる強い味方ですね。強い衝撃から選手の歯を守るために高性能な衝撃吸収材で作られていて、一般的には上顎に装着します。接触のあるコンタクトスポーツ以外でも積極的に使われるようになるとよいなと思います。

 

 

 

** おまけ **

ちなみに似たようなもので“マウスピース”というのがあります。前述の“マウスガード”とよく似た名称ですが、用途は全く異なります。

例えば夜間マウスピース(ナイトガード)は睡眠時に装着し歯のすり減りを防止します。歯ぎしりの力を全体に分散させることで1本の歯にかかる負担を減らし歯の破折や歯根破折を防止する効果があります。ちなみに私もこのマウスピースの愛用者です。長年原因不明の片頭痛に悩まされており脳神経外科まで通院しましたが、実は夜間の食いしばりが原因ということが判明しました。まさか頭痛に歯が関係しているとは考えていなかったので当時はびっくりしました。しかし、これも3ヶ月に1度の定期健診を受診している中で歯医者さんに指摘され気が付いたものだったので、つくづく歯科健診の大切さを感じました。他にも歯科矯正用のマウスピースがあります。当院で取り扱っているインビザラインもこれにあたります。従来の金属製の矯正装置のような痛みは少なく、自身で取り外しが可能なため、歯みがきやフロスも普段通りおこなえて快適です。さらにプラスティック製のため金属アレルギーを引き起こす心配はなく、なんといっても透明のため口元を気にせず笑顔でいられることができます!特に今はマスクが欠かせない生活で口元がみえないため、この1年で歯科矯正治療を受けられる患者様が増えています。歯並びが気になっている方は今だからこそ矯正治療をしてみませんか?審美的な目的だけではなく、咬み合わせを整えることで顔のゆがみ防止や顎関節症予防にもなりますよ。

お薬手帳持っていますか?

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

 

突然ですが皆さんは『お薬手帳』を持っていますか?

初めて聞いた方のために少しだけ紹介しますね。

 

*お薬手帳…いつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったか記録する手帳。

        さらに服用方法や服用時の注意点等も書かれており、医師・歯科医師・薬剤師はこれを見て患者の薬歴を把握する。

 

実は私も病院に行くときは必ず持参しており、現在2冊目に突入しています。こちらの写真は現在愛用中のもので、ピンク色で可愛くお気に入りです☆お薬の飲み方なども記載してあるためとても重宝しています!

 

********

ちなみにこのお薬手帳について、実はたくさんのメリットがあるのですがご存じですか?

少しだけ紹介しますね。

 

【お薬手帳をつかうメリット】

  • 複数の医療機関に通院している場合、薬の飲み合わせの確認ができる
  • 副作用歴、アレルギー、既往症などの情報を正確に伝えることができる
  • 薬剤服用歴管理指導料が安くなることがある(※お薬手帳を持参し、同じ薬局に原則3ヶ月以内に行った場合)
  • 旅先で急に具合が悪くなった時や災害時に迅速に処置を受けることができる 等々

2011年の東日本大震災の際には普段服用している薬が津波で流され紛失し、高台などで機能している病院へ多くの患者様が来院、薬を求めて56時間待ちの行列が発生したそうです。そんな中、お薬手帳を持っている方にはスムーズにお薬を処方でき、逆にお薬手帳を持っておらず、薬の情報が曖昧な方にはすぐにお薬を渡すことができなかったという事例が多くあったそうです。災害関連死という言葉も注目をされましたが、まさしくお薬手帳が命を救うこともあったという事例ではないでしょうか。→参考記事

 

そして、このような未曽有の事態の時だけではなく、通常の診察の際にもこのお薬手帳は患者様の命を守ってくれるんです。実際に当院では、患者様に必ず持病や服用薬の確認を細かくしています。

 

なぜか。

 

答えは簡単です。

歯科の治療は患者さんの健康状態や服用薬によって大きく左右されるからなんです。

具体的に見ていきましょう。

 

例えば、歯の治療の最終段階として保存ができなくなった歯に対して抜歯処置を行います。その際に脳梗塞の予防薬として抗凝固薬を服用している患者さんには注意が必要です。なぜならこの薬は血栓(血の塊)をできにくくする、すなわち血液をサラサラにする効果があるため、抜歯の際に止血が困難になるからです。

 他に高血圧の方も注意が必要です。処置中の痛みや緊張により血圧が上昇したり、また麻酔薬に含まれる血管収縮剤という成分によっても血圧が上昇したりする可能性があり大変危険です。

=その他注意が必要な疾患=

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 先天性の心疾患
  • 不整脈  等々

 

いかがでしょうか。

この記事をご覧いただき少しでも歯科治療と持病・投薬との関係が深いことを知っていただければ幸いです。

 

そして、最後に当院にお越しいただく患者様方にお願いです。治療において安心・安全は何よりも優先されます。ぜひご来院の際にはお薬手帳をご持参し、情報共有にご協力をお願いいたします。

歯科検診のすゝめ

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの武林です。

新年度がスタートして早くも1週間が過ぎましたね。

春といえば就職や進学・進級などで生活に大きな変化がある時期ですが、皆さん体調はいかがでしょうか?ちなみに私は、朝昼晩の食事に加え(それと3時のおやつ…)、睡眠もたっぷりととっているので健康です☆

 

さて、今日は自身の健康と向かい合うきっかけになる「健康診断」についてお話したいと思います。この時期に会社や学校で健康診断を受けている方は多いのではないでしょうか。

 

ところで皆さん、健康診断には大きく分けて2種類あることをご存じですか?

1つは「一般健康診断」、もう1つは「特殊健康診断」です。

それぞれ簡単に説明しますね。

  • 一般健康診断…職種に関係なく実施する健康診断
  • 特殊健康診断…法定の有害業務に従事する労働者が受ける健康診断 例)診療放射線技師(病院でレントゲンを撮影するひと)

 

******

 

ここで、皆さんに質問です。

毎年の健康診断について少し思い出してみてください。どんな検査をしていますか?

 

いかがでしょうか。

多くの方が以下のような項目をあげたのではないでしょうか。

  • 身長(背伸びをしていたら看護師さんに叱られた苦い思い出があります;汗 )
  • 体重
  • 腹囲
  • 視力検査
  • 聴力検査
  • 尿検査 などなど

ここで何か違和感を覚えませんか? 

そう!そうなんです!!!

歯科検診がないんですね。これって変だと思いませんか?

歯科検診については自ら歯医者に行くことでしか受ける機会がないんです!!

 

このことが口腔や歯の病気に気付くのを遅らせている原因なんですね。

「歯医者さんはむし歯になってから行くところ」というのは古い考え方なんです。

 

******

 

そこで、ビバ歯科・矯正小児歯科の患者様には【3ヶ月ごとに定期健診】にご案内しております。これは、当院で推奨している“予防歯科”の考えからきています。「痛くなってから歯医者さんに駆け込む」のではなく、「痛くならないように口の中を健康に保つための歯科スタイル」です。

 

(当院での予防歯科プログラム)

  • むし歯リスクテスト…むし歯や歯周病の検査
  • 3DS;Dental Drug Delivery System …むし歯菌の除去
  • PMTC;Professional Mechanical Tooth Cleaning …専門家による歯のクリーニング

⇒詳しくはこちら

******

いかがでしょうか?

今は痛くなくても、将来のために一度お口の中の健康チェックをすることをお勧めします!

⇒初診の患者様はこちらもご覧ください

歯周病ケアで新型コロナウイルスに負けない!

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

新型コロナウイルス感染症“第三波”と呼ばれる感染拡大が11月中旬頃から、ものすごい

スピードで増えていますね。この勢いは衰えることなく私たちの生活を脅かし続けていて

不安な日々が続いています。

感染拡大の一方で、重症化リスクを高める要因や重症化を予防する対処の手だてが

少しずつわかってきました。感染拡大防止の基本となる3つの蜜(密閉・密集・密接)の回避、

マスクの着用(できれば不織布マスク)、手洗い、うがい、消毒。そこにさらに加えたいのが、

口腔内の健康維持がとても大切だということがわかってきました。

 

この夏ごろからは世界各国でも新型コロナウイルスと歯周病の因果関係について研究結果が

報告されるようになり、なかでも7月に英国の医学雑誌「ランセット」オンラインで

「The role of oral bacteria in COVID-19(COVID-19での口腔内細菌の役割)」という

英国リーズ大学歯学部などの研究チームの報告を読むと、コロナウイルスの重症化リスクを

高める要因に、歯周病菌などの口腔内細菌がおおきく関係していることがわかりました。

こちらの研究チームの調査で新型コロナウイルスで亡くなった人の口腔内環境を調べると

歯周病菌が大量に見つかったそうです。

この結果から、歯周病菌が出す毒素や酵素が身体の中で粘膜を傷つけてウイルスが侵入

しやすくなっていたり、歯茎の炎症そのものがウイルス感染を促進する要因になると

言われています。そのため新型コロナウイルスに感染した場合、重症化リスクが高まる

可能性があるようです。

 

歯周病やむし歯は「細菌」が原因です。

これらの口腔内細菌は放っておいても自分自身の免疫力で自然治癒することはありません。

だから早期発見と早期治療で予防していくがとても重要になってきます。

また、コロナの重症化だけでなく、アルツハイマー型認知症、誤嚥性肺炎、脳梗塞や心筋梗塞、

骨粗しょう症、糖尿病、早産や低体重出産のリスクなどなど、数えきれないほど全身への

影響があることもわかってきています。歯周病菌をはじめとする口腔細菌は、私たちの健康生活、

すなわち生活の質を下げる要因しかありません。

 

歯周病は中年以降の感染症だと思われがちですが、症状が表に出てくるのが40代以降に多い

だけで、実は20代でも歯周病になっている人は少なくありません。無症状で進行する歯周病には

若いうちから定期的なプロフェッショナルケアを続けていくに越したことはないのです。

プロフェッショナルケアとは歯科医院で専用の細い機械を使って歯周ポケットに溜まった汚れ

(プラーク)を掻き出したり、歯の表面などについた汚れを定期的におそうじしていくことです。

それと並行して自宅では毎食後の正しいブラッシングでの歯みがき(歯みがき・歯間ブラシ・

デンタルフロス等)をして日々清潔に保つことが大切です。

 

プロフェッショナルケアとセルフケアのダブルケアで、コロナウイルス感染症に負けない

身体をつくっていきましょう!