歯の移植」タグアーカイブ

自分の歯を再生医療に!ティースバンクとは?

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

みなさんは歯の銀行があるのをご存じですか?

歯の銀行=ティースバンクとは、親知らずや歯列矯正、思いがけない事故などで損傷した健康な歯を抜歯して長期間お預かりする、歯の冷凍保存・歯の再生医療です。

将来なんらかの理由で歯を失った時に、お預かりしていた歯を使って移植し、新たな歯として再生させることが可能になる歯科医療となります。「抜く歯」も「使う歯」も「歯根膜」と呼ばれる組織も全て自分自身のものですから、親和性の高い医療として少しずつ注目されてきています。

今回はそんな【歯の銀行=ティースバンク】についてご紹介いたします。

 

再生医療・歯の移植とは?

歯の移植とは、歯の根っこに付いている「歯根膜」という組織を損なわないように抜歯し、別の歯が抜けたところに植え替える再生医療です。「歯根膜」には歯根周囲のセメント質や歯槽骨、歯肉などの歯周組織を再生させる能力があるため、歯を別の場所に植え替えることが可能です。

 

ビバ歯科・矯正小児歯科では、以前より歯の移植治療にも取り組んでいます。

歯の移植は異物を体の中に移植するインプラントとは異なり、自分自身の「歯」を移植に利用しているため、拒絶反応やアレルギーの心配が無く安全性の高い治療方法です。なにより素晴らしいのは、自分の歯を移植に使っているので、歯を失う前と同じような噛み心地、噛むときの力のコントロールなどがしっくりと馴染みやすくなり、移植前と変わらないお口の状態を保つことが可能になることです。さらに移植後に歯根膜が定着すれば、歯列矯正治療を行うことも可能です。これは歯根膜細胞が活性化している部位での歯槽骨の再生が期待できるからで、利点に富んだ治療方法と言えます。

 

歯の冷凍保存 ティースバンクとは?
利点の多い歯の移植治療ではありますが、移植に利用できる損傷のない歯(親知らずなど)を持っていることが前提の治療方法です。移植に利用したいと考えてた歯が中等度以上のむし歯になっていたり、進行した歯周病にかかってしまって場合は、残念ながら移植歯として利用するのはむずかしいでしょう。
そこで登場するのが歯の冷凍保存です。
歯の冷凍保存を行うにはご本人の親知らずや歯列矯正治療などで抜歯した歯が損傷のない状態であれば、将来の歯の喪失時の再植術、自家移植術に使うことが可能になります。

実際に歯の冷凍保存をする際には抜歯前に血液検査や不適合疾患などの有無などをご確認させていただき抜歯手術を行います。そして抜歯後すぐに歯の冷凍保存を行っている広島大学病院内の有限会社スリーブラケッツ社に歯を送り、数十年単位の長期保管を委託していきます。

 

親不知などの抜歯のタイミングについて

親知らずなどを「将来の移植医療に活用できるかもしれないのであれば、今すぐに抜歯しないで温存しておきたい。」と考える方がいらっしゃいますが、その方法はあまりおすすめできません。

なぜなら将来、歯の移植の選択肢となる歯は損傷のない健康な状態が絶対条件だからです。特に親知らずはお口の一番奥にあり、真っすぐに生えてくるとは限りません。むしろ横向きや斜めに生えてくることが多いため汚れが溜まりやすく、将来むし歯や歯周病のリスクが高くなるといえます。

また親知らずが萌出するにつれ手前の歯を干渉するようになり、噛み合わせ不調や歯並びの乱れなどの影響が少なからず口腔内に生じてきます。抜歯が適当と判断された歯は、お口の中に存在することによるデメリットが多い歯であることが多く、歯の生えかたや歯の根の形状などによってはスムーズに抜歯できるとは限りません。将来的な活用を考慮して親知らずは損傷のない状態のうちに抜歯し、良い状態で冷凍保存されることを当院ではおすすめしています。

歯の冷凍保存方法や費用、ティースバンクのしくみなどにご興味がありましたら、お気軽にビバ歯科までお問い合わせください!お待ちしています。

 

東船橋の歯医者さん ビバ歯科・矯正小児歯科TEL.047-421-0118

親知らずのタラレバ話

ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。
タイトルだけ読むとなんのこっちゃと言われてしまいそうですが、たまたま読んだ「親知らず」なぜ生えてくる」という記事が面白かったのでご紹介します。

記事の中で「親知らず」と呼ばれるようになった由来が『分別のつく年頃になってから生えるので、親が生え始めを知らないため』だとか、『平均寿命が40歳前後だった時代には、子どもの親知らずが生えてくる前に親が亡くなってしまっているため』や、『成人して知恵がついてから生える歯なので「知歯(ちし)」とも呼ばれている』など諸説あるようですがご存じでしたか?そういえば私も成人を過ぎてから親知らずが成長してきたので、これらの由来にもピッタリ合ってます。

また驚いたのが、親知らずは硬いものを食べなくなって顎が小さく退化した現代人ならではの歯の生え方だと思っていましたが、実はクロマニョン人の化石や弥生時代の人類の化石からも発見されているそうです。いやぁ~実に驚きました。4万年以上前の人類も親知らずの不快感や痛みを経験していたのかと想像すると、なんだか親近感さえ沸いてきますね。

 

ところで私も20代の前半と後半に2本の親知らずを抜いています。

歯肉を突き破って7番目の歯を圧迫していた為でした。むし歯にはなっていませんでしたが、斜めに突き出た歯は汚れが溜まりやすく将来むし歯になる可能性が高いから抜いたほうがいいよ、とかかりつけ歯科医のアドバイスでした。そのタイミングで抜歯していただいた親知らずはラッキーなことにわりとスムーズに抜けたみたいで(とはいえめちゃめちゃ痛かったですし、抜歯後にはおたふくのように腫れましたよ!)、あまり深く覚えていませんがそのまま処分したのだと思います。

 

今ふと、もし親知らずを抜かずに今も残していたら…と想像してみます。そしてその親知らずが運よくむし歯にならず残っていたなら…、百歩譲ってむし歯になっていたとしても神経が残っていたとしたら…と、そんな都合のいいタラレバ話を想像してみます。

そんな運のいい親知らずが生えていたら、その親知らずに第二の人生を与えてみたいです。というのも、歯の根っこには歯根膜という組織があり、抜歯したばかりであれば、他の歯が使えなくなり抜歯する羽目になった場合に移植につかうことができるからです。

抜歯しなければいけない歯を抜いたタイミングで親知らずも一緒に抜歯し、元の歯があった位置に移植すれば自分の歯根膜なので適合しますし、神経はそのまま再生します。親知らずにとっては第二の人生の始まりですね。結局のところ他の歯のために親知らずは抜歯する運命にありますが、他の歯になって活用できるなんて素晴らしいです。

まぁでもこのタラレバ話は、親知らずが隣の7番の歯を圧迫することなく上向きに生えてきてくれて、なおかつ、むし歯などにならないことが大前提なのですが。。。

歯を失わないよう日々の歯みがきをしっかりして治療しなくてもいいように心掛けていただきつつ、それでも歯を抜くことがあった場合や親知らずでお困りの際はお声がけください。

またそのほかにも、今すぐに移植を希望しない場合には、状態の良い親知らずに限り抜歯後に冷凍保存することも可能です。そういったご提案もできますので、ビバ歯科・矯正小児歯科までお気軽にご相談ください。

患者様のお口の状態にあわせて最善の治療をご提案していきたいと思います。