歯周病」タグアーカイブ

生活歯と失活歯

こんにちは。スタッフの後藤です。

むし歯などで歯の治療をしたときに歯医者さんから「この歯は神経までむし歯が

進行しているから、神経を抜きましょう。」と言われたことはありませんか?

神経を抜くとは根管治療のことであり、歯の中にある歯髄という組織を失うことです。

根管治療を行うと一時的に痛みは和らぎ、ある程度の年数はさほどの違和感もなく

噛める場合が多いのと、歯の神経を失うと痛みや不具合にも気づきにくいため、

歯のことを気にかけずに日々を過ごしている方も多いかもしれません。

しかし歯の神経の有無で歯の寿命は大きく変わっていきます。

 

★歯の寿命を左右する歯髄

歯の神経=歯髄が生きている状態の歯は「生活歯(せいかつし)」と呼びます。

反対に歯髄を失った歯のことを「失活歯(しっかつし)」と呼びます。

歯を樹木に例えるなら神経のある生活歯は「樹」で神経を取った失活歯は「木」になります。

「樹」は生きた樹木に対して使う漢字ですが、切り落とされた場合この漢字は使われません。

樹は生きているので大地からの栄養と水分がいきわたり枝は強くしなやか。弾力があるため

簡単には折れないでしょう。

 

逆に伐採された木には、切られた時点で死んだ木となります。栄養も水分も失われて変色し、

枯れ木になっていきます。弾力を失った枝は非常にもろく簡単に折れてしまいます。

これと同じようなことが歯にも当てはまるのですが、神経を失うことで歯は弱く折れやすくなり

白の色調も徐々にグレーがかった茶色っぽい色に変わっていきます。

神経を失うと歯そのものの抵抗力も低下していき、むし歯菌がとどまりやすくなります。

神経がないということはむし歯や歯周病などの痛みを感じるという「歯が出すサイン」にも

気づきにくくなるため、違和感が出たときにはすでに重症化しているケースも少なくありません。

強い痛みを感じる頃には根尖病変(歯の根っこの先端部分が腫れたり、歯の根の部分が割れたり、

細菌が増殖して膿んでしまうなど)が起こっていることも…。

神経を失った歯の寿命は10年以上短くなるとも言われています。

 

ビバ歯科ではできるだけ歯の神経をとらずにご自身の歯を多く残す治療を心がけています。

また神経を失った歯であっても定期的な検診でメンテナンスをしていけば、将来的に

自分の歯を抜かずに長く使っていけるケースも多くあります。

あきらめずに頑張っていきましょう!

むし歯で突然死?!そうならないために

こんにちは、スタッフの後藤です。

読売新聞のヨミドクター(医療関連のページ)に、

むし歯に関する面白い記事が掲載されていましたのでご紹介します。

 

虫歯で突然死?! あのアメリカ大統領も…

1本のむし歯の下に潜む虫歯菌が血流に乗って身体中をめぐり、

自分でも予想もしていなかった病気に発展することもあります。

最近では新型コロナウイルス感染症予防に口腔環境を改善することが

予防につながるとも言われていますね!

お口の健康は健康の第一歩。歯が痛くなくても3ヶ月おきにクリーニングして

病気やウイルス感染から自分を守りましょう。口腔内に溜まった歯垢や歯石汚れ、

茶シブやタバコのヤニなどのステイン汚れ、歯の表面のくすみなどが清潔になると

自然と笑顔がこぼれます♪ なによりも歯がツルツルして気持ちいいですよ!

クリーニングすることで自分では気づかなかったむし歯やその他のお口のトラブルが

見つかることもありますので、お気軽に歯のメンテナンスを受けてくださいね。

ご予約はビバ歯科(TEL.047-421-0118)までお気軽に。

お待ちしています!

いい歯の日

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

 

11月8日は語呂合わせで「いい歯の日」です。

ところでいい歯っていったいどんな歯を思い浮かべますか?白くかがやく歯、

むし歯のない歯、歯並びの良い歯、噛み合わせの正しい歯。

いい歯の定義は一人ひとり違うかもしれませんが、どれも正解だと思います。

もっとざっくり大まかに考えると、いい歯の絶対条件には丈夫で健康な歯が必要不可欠で

それがいい歯になります。

なぜならいい歯は全身の健康を守ってくれる役割を担っていて、生涯自分の歯で硬いものや

歯ごたえのあるものなどの食べる喜びを与えてくれるからです。

そしてその延長線上には、口から食べたものが全身に栄養を運び、健康に導いてくれます。

健康でいること=生活の質を高める=QOLの向上につながると思うからです。

 

そもそも「いい歯の日」ができた発端は、1989年(平成元年)に日本歯科医師会と

厚生省(当時)が【80歳になっても20本の健康な歯を残そう!】をスローガンに始まった

「8020(はちまるにいまる)運動」にさかのぼります。この啓発活動も30年を過ぎ、

少しずつですが着実に成果が見てきていています。

 

毎日患者さんの歯と向き合っているので感覚的な部分でもそれは感じていますが、

ハッキリした数字では平成28年に厚生労働省が発表した歯科疾患実態調査の結果(概要版)

わかります。平成28年の調査では80歳で20本の歯がある8020を達成した方の割合が平成23年の

調査時よりも11%アップしており、8020達成者は2人に1人で”過去最高となっています。

20本以上の歯を有する者の割合の年次推移

厚生労働省WEBサイトより

1人平均現在歯数(本)

厚生労働省WEBサイト資料/報道発表資料より

 

現在歯の状況(8020達成者等)/平成28年

  • 60代: 60~64歳…85.2%  65~69歳…73.0% 
  • 70代: 70~74歳…63.4%   75~79歳…56.1%
  • 80代: 80~84歳…44.2%   85歳~ …25.7%

 1人平均の現在歯数/平成28年

  • 60代: 60~64歳…23.9本  65~69歳…21.6本
  • 70代: 70~74歳…19.7本   75~79歳…18.0本
  • 80代: 80~84歳…15.3本   85歳~ …10.7本

 

■8020達成者は年々増加

平成28年の調査では80歳で20本以上の歯が残っている人の割合は51.2%(75歳以上85歳

未満の数値から推計)。85歳以上の方も25.7%の方が20本以上の歯をキープしています。

またこの結果では、80~84歳の平均歯数は15本、85歳以上の平均歯数では10.7本と発表

されています。この結果を見て「歯がこれしか残っていない。少ない…」と捉えるか、

「20本達成までもうひと踏ん張り!!」と捉えるか。あなたはどう感じましたか?

 

8020達成者は「いい歯」を生まれ持っている人とは限りません。

乳歯から永久歯に生え変わった成人の歯は全て揃った状態で28本(親知らずを除く)です。

私たちの歯は持って生まれた歯の質、歯の強度、歯並び、口腔内の細菌などそれぞれ異なり、

一人として同じ口腔環境を持つ人はいません。さらに食習慣や生活習慣、歯みがきのクセ、

喫煙の有無、年齢など様々な要素が重なりあい、長い年月をかけて歯に影響を与えています。

元々持って生まれた歯の質よりも、その後の生活習慣や歯のメンテナンスの習慣などで

大きく変わっていきます。

 

■歯が失われ始めるのは40代頃から

調査結果にもあるように、40歳を過ぎた頃から歯周病やむし歯などで失う歯が少しずつ

増えていきます。将来の自分の歯を少しでも失わないために、かかりつけの歯医者さんを

「治療」をしに訪れる場所から、歯に不具合がなくても定期的なメンテナンスをする場所

として活用していただければと思います。

定期的なメンテナンスでは普段の歯みがきでは取りきれない歯の汚れをお掃除し、正しい

ブラッシングやデンタルフロスなどを学ぶプロケアを年に3~4回行います。

それと並行してご自宅では普段の歯みがきやデンタルフロスなどのセルフケアをしっかり

行っていただく。毎日のホームケアもプロケアと同じぐらい大切です。

ご自身の健康のために日々の積み重ねを続けていってほしいと思います。そしていずれは

1本も歯を失うことなくすべての歯を残す「80歳で28本」が本当の目標なりますように!

 

歯の健診・治療を先延ばししがちな日本人

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

2018年11月8日(いい歯の日ですね!)に日本歯科医師会が発表した

歯に関する調査が一般公開されていましたのでご紹介します!

 

15〜79歳の男女10,000人に聞く、「歯科医療に関する生活者調査」 Part2

※別ウインドウでPDFファイルが開きます。

 

  • 歯の健診・治療を先延ばししがちな日本人、4人に3人は後悔している
  • 歯の健診・治療をギリギリまで対応しない「先延ばし派」が6割と最も多い20代
  • 先延ばし派は歯の健康に自信がなく、歯のトラブルをあれこれ抱え、かかりつけ歯科医がいる率も低い

 

もっと早く歯医者に行っておけばよかった…と日本人の4人に3人が後悔しているようです。

ブログ担当者も他人事ではなく、この統計の結果と同様に後悔の気持ちでいっぱいです。(苦笑)

歯周病などの口腔トラブルは口腔内にとどまらず、全身のあらゆる病気のキッカケになったり

様々な疾患のリスクをより一層高めると言われています。

でもケアの大切さに気づいた今からでも遅くないハズ!今からがんばろう!と、

気持ちを新たにするのでした。

 

そしてこの調査が新聞記事でも取り上げられていましたので、それも一緒にご紹介しますね。

 

「先延ばし派」の方はそろそろ卒業して、痛みや違和感がなくても定期的に歯医者さんへ行きましょう!

 

東船橋駅前のビバ歯科・矯正小児歯科  TEL:047-421-0118

 

歯周病と糖尿病はなかよし

2ヶ月前にもビバ歯科ブログで「歯周病と糖尿病の密接な関係」というタイトルで

読売新聞の記事を紹介させていただきましたが、ここ数年の間に歯周病と糖尿病が

相互に影響しあう関係性だとわかってきました。

ここ最近ではテレビの健康番組などでも取り上げられる機会が増えてきましたので

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

糖尿病患者は平成26年度で316万6000人(厚生労働省・平成26年患者調査の概況より)

いると言われています。

糖尿病と診断されてない方でも血糖が高めの、いわゆる「糖尿病予備軍」にあたる方も

含めると1000万人(平成28年度国民健康・栄養調査より)の方が該当しています。

予備軍ならまだ大丈夫!ではなく、糖尿病予備軍の段階では症状が出ないので

気づきにくいだけで、多くの方が自覚のないままゆっくり時間をかけて糖尿病へ

移行していきます。

 

歯周病は糖尿病の第6番目の合併症

そして糖尿病の合併症といえば、代表的なのが「網膜症」「腎症」「神経障害」が

三大合併症といわれています。これらのほかにも「心筋梗塞」「脳梗塞」、

そしてなんと6番目の合併症として「歯周病」が認められています。

 

そこでビバ歯科では歯周病の治療と定期的な健診やケアを行うことで、

歯周病の改善はもとより血糖コントロールの改善を目指していきたいと考えています。

糖尿病の患者さんは血糖値を下げるお薬を飲んでいる場合も多く、お薬によってお口の中の

唾液量が減ってしまうことも。唾液量の低下はもちろん歯周病にも悪影響を及ぼします。

口腔内の乾燥が気になる等のお悩みを歯科衛生士にも共有していただき、

一緒に歯周病を改善していきましょう!

そして毎日行っている歯みがきも自分のクセが出やすいもの。

今さら歯みがきのやり方まで…?と思わずに、正しい磨き方やコツを聞いてみてくださいね。

 

何度も書きますが、歯周病が改善すれば相互に影響しあっている糖尿病も改善が期待できます。

それにはまずは治療を行うこと。そして継続的な口腔ケアがとても大切です。

疑問点や不明な点がありましたら診察の時に気軽に聞いてくださいね。

歯周病も糖尿病も改善するべく、一緒に頑張りましょう!

歯周病と糖尿病の密接な関係

7月6日の読売新聞に歯周病と糖尿病の関係について、気になる記事が掲載されていました。

新聞記事

2018.7.6 読売新聞 医療ルネサンス 歯周病治し糖尿病改善

記事を引用しますと、

『歯ぐきで起きた炎症から有害物質が血管内に放出され、ブドウ糖を分解するインスリンの

機能を妨害するのではないか、と考えられている。日本糖尿病学会や日本歯周病学会の

治療指針でも糖尿病患者への歯周病治療の推奨が盛り込まれている。』

と書かれており、歯周病菌がさまざまな病気の要因と密接に関係していると

着目され始めています。やはり口腔環境を整えることは健康への第一歩!なんですね。

意外とみんな気にしてる「歯周病」

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの石橋です。

年が明けて初のブログになるので、まずは歯に関する内容で書こうと思います!

私は年末年始と実家へ帰っていたのですが、なぜか会う人会う人みんな歯の相談をしてきました。
なんだかんだ、みんな歯のこと気になっているんだなーとしみじみ・・・

驚くことに兄弟、友達から相談された内容で共通していたのが「歯を磨いてると歯ぐきから血が出るんだけどこれって歯周病?」でした!!

普段歯のことなんてほとんど興味なさそうな人たちでしたが、CMとかでかなり目にするので”歯ぐきから血が出たら歯周病”というイメージはしっかりとついていたようです。

そうです。高確率で歯周病です。歯ぐきが腫れて、歯肉炎という状態になっていると思われます。
(歯ブラシを強く当てすぎている、など別の原因も考えられますが・・・)

とはいえ、今は成人の8割が歯周病とまで言われるほどですから特に珍しい症状ではありません。
歯ぐきから血が出る、というのは歯周病の初期の症状で、この時点で適切に対応すれば十分に改善できます。

しかし、痛くもないし・・・と歯医者にも行かずそのままのセルフケアを続けていると、どんどん悪くなる恐ろしい病気であることを知っていただきたいと思います!

歯ぐきから血が出る!を放置すると・・・歯周病イメージ
・口臭が酷くなる
・膿が出るようになる
・噛むと痛む
・歯がグラグラ、最悪抜ける
・全身性疾患との合併症を引き起こす

ちなみに相談してきた人たちに今はどういった対策をしてるのか確認したところ、とりあえず歯周病に効くと書いてある歯磨き粉を使っているとのこと。
風邪ひいたっぽいから市販の薬と栄養ドリンク飲んどこう、と同じ感覚ですよね・・・

歯周病は細菌感染症なので、たしかに抗菌・抗炎症・止血効果のあるものは有効ですが、歯周病菌を完全に除菌することはできませんし、それを使えばそのうち治るというものでもありません。
まずは腫れの原因となっている汚れ(歯垢、歯石)を取ることが重要だと思います。

汚れを取るセルフケアとしては、デンタルフロスなどがとても有効です。
めんどくさいと言われがちですが、習慣化して少しでもできるようになると全然違いますよ!

ケア用品

よくオススメするケア用品です

ただ、そもそもセルフケアが苦手で歯周病になった方が自力で良いケアを身につけるというのは相当大変なんじゃないかなと思います・・・
そんな方こそぜひ歯医者に行ってほしいものです。

汚れをきれいに取ってもらえますし、歯磨きのやり方やフロスの使い方を教わることが出来ます。

また、市販の歯磨き粉で歯周病菌を除菌することはできないという話ですが、歯医者ではお薬を用いて歯周病菌の除菌を行っているところもあります。

当院の「歯周内科」のメニューでもあります。

歯ぐきの腫れ、血が出るといった症状は主に汚れ・菌が原因です。
生活習慣、体調やホルモンバランスによっても左右されますので一概にこうすれば治る!と言えないのですが、やっぱり最終的には「とりあえず歯医者行ってみなよ」の一言に尽きます。

おそらく相談してきた人たちは「そんなの大したことないよ~大丈夫!」みたいなコメントを期待しているのかもしれないとは思いましたが、これは歯医者に行かせるチャンス!ということで神妙な感じで答えてきました(笑)

最近はネットに情報が溢れていますし、見たところ歯周病、歯ぐきからの出血に関しての対策もたくさんあるようなのであえてそこまで詳しくは触れません!

忙しかったりちょっと怖いイメージがあったりと行きづらい状態もとてもよくわかりますが、とりあえず歯医者、行きませんか?

丈夫な体でむし歯・歯周病予防!「ラクデント」

こんにちは!ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの石橋です。

台風が過ぎてから一気に秋らしく、朝晩冷えるようになってきましたね。

風邪やインフルエンザが流行りだす時期ですし、体調管理をしっかりしなければ・・・ とは思うものの、生活習慣はなかなか簡単には改善できません!

そこで、今回は院長も普段から愛飲されているサプリメント「ラクデント」をご紹介します。

78.jpg

このラクデントはHK L-137という加熱処理をした乳酸菌を主成分とした健康補助食品で、 免疫力を高めて体を丈夫にする効果が期待できます!

ラクデントの開発、販売元はこちら→オーラルケア/ラクデントの商品情報 以下 引用です。

免疫細胞を直接刺激する「HK L-137」! 「免疫」とは「疫病を免れる」こと。
私たちの体を病気から守るために備わってるたいせつな機能です。 ヨーグルトの乳酸菌は、大腸菌のビフィズス菌を増やし、悪玉菌を抑制。 つまり、腸内バランスを整える(整腸)「プロバイオティクス」です。 「HK L-137」は多くの免疫細胞に集まる小腸まで到達。 組織内に集まる免疫細胞に取り込まれ、免疫細胞を直接刺激・強化します。 それが「バイオジェニック」!! HK L-137の働きは免疫を直接高めること。 腸の調子を整えるヨーグルトとはまったく違います!
加熱で高い能力をキープ。 「HK L-137」のHKは「加熱死菌化した(heat-killed)」 という意味です。
乳酸菌は生き物であるため、一定の能力をずっと保つことができません。 初めは能力が高くても、時間がたつと下がってしまうことがあります。 しかし、HK L-137は加熱処理することでそれを克服! さらに能力が上がることもわかっています。
免疫UPを促す物質が明らかに!
「HK L-137」はなぜ、他の乳酸菌よりも免疫力を高める力が強いのか? そのヒミツは、菌体から出ている」「リポテイコ酸」という物質にあります。 これはちょうど頭皮から生えている毛のような物質。 免疫細胞を活性化する役割を果たしています。 「HK L-137」はそのリポテイコ酸をたくさん出しているのです。
他の乳酸菌食品とは違う!ラクデントをお勧めします。
引用元:「お口の専門店 楽天市場」ラクデント商品説明

 

オーラルケアという歯科関連の商品を開発・販売している会社の製品なので 普通のドラッグストアなどでは扱っておらず、少々マイナーなこのサプリメント・・・ 日々の診療や歯科医師会のお仕事、学会などで多忙な院長の支えとなっています!!

お世辞にも健康的とは言えない生活習慣のなか、院長が毎日しっかりと診療に臨めるのは ラクデントのおかげかも知れません!

ビバ歯科でも販売しているのですが、あまり宣伝していないために患者さんのほとんどは 存在を知らないのではないでしょうか。 (申し訳ありません・・・ 今後どんどん改善していきます)

ビバ歯科では1箱3,780円(税別)で販売しています。

これは約1か月分です。

ネットでレビューを見ると、少しお値段高めだけど効果を感じる!

となかなか高評価です。 ちなみに、なぜ歯医者でサプリ?

と思われる方も多いかと思います。

お口の健康と体全体の健康は別のことではなく、体調が優れないと歯ぐきが弱ったり、 歯周病菌が原因で動脈硬化や糖尿病などの合併症を引き起こしたりと、 相互に影響しあうものです。

歯周病やむし歯は菌が原因ですから、免疫力を高めて菌への抵抗力をつけることは、 歯周病やむし歯の進行を防ぐことに繋がります!

歯周病の気になる方や歯周内科治療を受けられている方、むし歯になりやすい方には 「ラクデント」特におすすめです。

ただ、サプリメントや乳酸菌は人によって合う、合わないといったことがあったり 効果を確実に保証できるものではありません・・・ 試してみる価値はあります!

ご興味のある方はお気軽にお尋ねくださいね。

お問い合わせ 047-421-0118