8020運動」タグアーカイブ

いい歯の日

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科スタッフの後藤です。

 

11月8日は語呂合わせで「いい歯の日」です。

ところでいい歯っていったいどんな歯を思い浮かべますか?白くかがやく歯、

むし歯のない歯、歯並びの良い歯、噛み合わせの正しい歯。

いい歯の定義は一人ひとり違うかもしれませんが、どれも正解だと思います。

もっとざっくり大まかに考えると、いい歯の絶対条件には丈夫で健康な歯が必要不可欠で

それがいい歯になります。

なぜならいい歯は全身の健康を守ってくれる役割を担っていて、生涯自分の歯で硬いものや

歯ごたえのあるものなどの食べる喜びを与えてくれるからです。

そしてその延長線上には、口から食べたものが全身に栄養を運び、健康に導いてくれます。

健康でいること=生活の質を高める=QOLの向上につながると思うからです。

 

そもそも「いい歯の日」ができた発端は、1989年(平成元年)に日本歯科医師会と

厚生省(当時)が【80歳になっても20本の健康な歯を残そう!】をスローガンに始まった

「8020(はちまるにいまる)運動」にさかのぼります。この啓発活動も30年を過ぎ、

少しずつですが着実に成果が見てきていています。

 

毎日患者さんの歯と向き合っているので感覚的な部分でもそれは感じていますが、

ハッキリした数字では平成28年に厚生労働省が発表した歯科疾患実態調査の結果(概要版)

わかります。平成28年の調査では80歳で20本の歯がある8020を達成した方の割合が平成23年の

調査時よりも11%アップしており、8020達成者は2人に1人で”過去最高となっています。

20本以上の歯を有する者の割合の年次推移

厚生労働省WEBサイトより

1人平均現在歯数(本)

厚生労働省WEBサイト資料/報道発表資料より

 

現在歯の状況(8020達成者等)/平成28年

  • 60代: 60~64歳…85.2%  65~69歳…73.0% 
  • 70代: 70~74歳…63.4%   75~79歳…56.1%
  • 80代: 80~84歳…44.2%   85歳~ …25.7%

 1人平均の現在歯数/平成28年

  • 60代: 60~64歳…23.9本  65~69歳…21.6本
  • 70代: 70~74歳…19.7本   75~79歳…18.0本
  • 80代: 80~84歳…15.3本   85歳~ …10.7本

 

■8020達成者は年々増加

平成28年の調査では80歳で20本以上の歯が残っている人の割合は51.2%(75歳以上85歳

未満の数値から推計)。85歳以上の方も25.7%の方が20本以上の歯をキープしています。

またこの結果では、80~84歳の平均歯数は15本、85歳以上の平均歯数では10.7本と発表

されています。この結果を見て「歯がこれしか残っていない。少ない…」と捉えるか、

「20本達成までもうひと踏ん張り!!」と捉えるか。あなたはどう感じましたか?

 

8020達成者は「いい歯」を生まれ持っている人とは限りません。

乳歯から永久歯に生え変わった成人の歯は全て揃った状態で28本(親知らずを除く)です。

私たちの歯は持って生まれた歯の質、歯の強度、歯並び、口腔内の細菌などそれぞれ異なり、

一人として同じ口腔環境を持つ人はいません。さらに食習慣や生活習慣、歯みがきのクセ、

喫煙の有無、年齢など様々な要素が重なりあい、長い年月をかけて歯に影響を与えています。

元々持って生まれた歯の質よりも、その後の生活習慣や歯のメンテナンスの習慣などで

大きく変わっていきます。

 

■歯が失われ始めるのは40代頃から

調査結果にもあるように、40歳を過ぎた頃から歯周病やむし歯などで失う歯が少しずつ

増えていきます。将来の自分の歯を少しでも失わないために、かかりつけの歯医者さんを

「治療」をしに訪れる場所から、歯に不具合がなくても定期的なメンテナンスをする場所

として活用していただければと思います。

定期的なメンテナンスでは普段の歯みがきでは取りきれない歯の汚れをお掃除し、正しい

ブラッシングやデンタルフロスなどを学ぶプロケアを年に3~4回行います。

それと並行してご自宅では普段の歯みがきやデンタルフロスなどのセルフケアをしっかり

行っていただく。毎日のホームケアもプロケアと同じぐらい大切です。

ご自身の健康のために日々の積み重ねを続けていってほしいと思います。そしていずれは

1本も歯を失うことなくすべての歯を残す「80歳で28本」が本当の目標なりますように!

 

障害者白書に歯科医療サービスが追加されました

こんにちは、スタッフの後藤です。

年にいちど政府が障害者のために講じた施策の概況について取りまとめている

障害者白書」の令和元年版が、6月21日より内閣府のWEBサイトで公表されました。

この白書のうち「第3章 日々の暮らしの基盤づくり・第2節 保健・医療施策」内に

医療サービスの充実の段落(P139)口腔の健康づくりの項目が、そして

「専門職種の養成」の段落(P148)歯科医師という項目が追加されていました。

昨年度の障害者白書には歯科医療についての記述は入っていなかった項目です。

この中から「口腔の健康づくり」を抜粋しますと、生涯を通じた歯科保健医療の

充実の重要性と、障害者支援施設および障害児入所施設での定期的な歯科検診

実施率の増加を目標に掲げていること。

そのなかで「8020運動・口腔保健推進事業」では口腔の健康の保持・増進を

図ることを目的に、定期的に歯科医療を受けることが困難な障害のある方に

対しての歯科医療サービスの提供および、施設の職員スタッフに対する

口腔ケアや予防の指導支援を都道府県が実施することが記述されています。

 

また歯科医師に関しての項目では、障害をもった方のおかれている状況に応じた

歯科医療が行えるよう、資質向上の対策を講じています。そのうえで

「8020運動・口腔保健推進事業」では口腔の健康の保持・増進を図ることを

目的として、都道府県が実施する障害の状況に応じた知識や技術を有する

歯科専門職を育成するための研修などの支援を行っている、といった内容が

盛り込まれていました。

実際の記述内容を含めた保健・医療施策についての全文をご覧いただく場合は

内閣府が公開しているPDFファイルをご確認ください。(※別ウインドウで開きます。)

ちなみに「8020運動・口腔保健推進事業」で掲げられている

8020(ハチマルニイマル)運動とは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」

というスローガンで厚生労働省(当時は厚生省)と日本歯科医師会が推進して

行っている啓発運動です。

年齢や障害の有無など関係なく、いつまでも自分の歯でおいしく楽しく食べる

喜びを味わえたら、大袈裟な言い方かもしれませんが人生が豊かになりますよね!

そのために私たちビバ歯科スタッフも、より良い歯科医療サービスを提供できるよう

切磋琢磨していきたいと思います。

 

東船橋のビバ歯科・矯正小児歯科 TEL.017-421-0118