噛み合わせ治療

咬み合わせについての新しい考え方

お口や咬み合わせには、食べるという咀嚼の機能だけでなく、体勢を保持するための器官、ストレスを発散するための器官、呼吸器補助器官など、とても大切な役割があることが分かってきました。

咬み合わせについての新しい考え方2

咬み合わせがズレルと顎が歪みます。顎が歪むと体の歪みに繋がり、肩こり・頸のコリ・頭痛・自律神経の失調へと悪化していきます。

咬み合わせについての新しい考え方パート2(つづき)

噛み合わせ治療でからだ全身をサポート

噛み合わせ治療

虫歯や歯周病の患者さまの中には、頭痛や肩こり、顎関節症、不定愁訴(原因が分からない不調)を訴える方がいらっしゃいます。

これらの方の口腔内の状態を調べると、上下の歯がうまく噛み合わず、口を閉じたとき奥歯に隙間が出来たり、前歯が開いてしまっていることが多いのです。

実は、頭痛や肩こり、顎関節症、不定愁訴などのからだの不調は不正咬合(噛み合せが合っていないこと) が原因になっている可能性があります。

私たちのあごの筋肉は首や脊柱などを支えています。ところがあごの位置がズレると噛み合せが合わなくなり、体の重心がズレ、頭痛や肩こり、顎関節症、不定愁訴などを引き起こすのです。

また逆に、姿勢が悪かったり、背中や腰などが曲がっていたりすると、あごがズレてしまいます。つまり、私たちのからだにとって、噛み合せは重要な働きをしているのです。

当院では患者さまの健康を考慮した噛み合せを重視し、一人ひとりに適した治療を行っています。正しい噛み合せは虫歯や歯周病のない歯を作り、ひいては健康なからだを作ります。お気軽にご相談ください。

あごを正しい位置に戻す治療方法

あごを正しい位置に戻す治療方法当院では噛み合せを改善することで、肩こり、頭痛、顎関節症、不定愁訴などの治療・改善ができると考えています。そのためにはあごをニュートラルポジション(正しい位置)に戻さなければなりません。

そこでまず、直径0.5mm程度の細いビニールパイプをくわえ、数秒間ぎゅっと噛みしめ、口を弛めます。すると噛み合せが少し変化します。さらにもう一度ぎゅっと噛みしめ、口を弛めると、また噛み合わせが動きます。

この動作を15分ほど続けると、これ以上、噛み合わせが変化しなくなる場所があります。それがニュートラルボジションです。

このニュートラルポジションを決めた後、噛み合せの治療に入ります。
当院の噛み合せの治療には、次の3つがあり、どの治療方法を行うかは、それぞれ患者さまの噛み合わせの状態により決定します。

  1. マウスピースを使った治療
  2. 矯正装置を使った治療
  3. 補綴(ほてつ・かぶせもの)による治療