がん治療中の患者さんの口内炎の痛みを和らげる口腔保護剤が保険適用に!

がん治療中で口内炎にお悩みの患者さんに朗報です!

がん治療の化学療法や放射線療法にともなう口内炎で生じる口腔内の痛みの緩和に用いる

エピシル口腔用液(医療機器)をビバ歯科でも取り扱うことになりました。保険適用です。

 

エピシル口腔用液

エピシル口腔用液

 

抗がん剤治療や放射線治療などを受けている患者さんの中には口腔内の自浄作用の低下による

口腔粘膜の変化、また、白血球減少による免疫力低下などにより口内炎の違和感や痛みに

悩まれている方が多くいらしゃいます。

そのようながん治療時に発症する口内炎の保護剤が健康保険でも処方できるようになりました。

なお、調剤薬局では保険算定できませんのでご注意ください。

 

■エピシル口腔用液の特徴■

(1)化学療法や放射線療法に伴う口内炎で生じる口腔内疼痛の管理及び緩和を物理的作用により行う口腔粘膜保護材

(2)口腔内の水分を吸収してゲル状の保護膜を形成し、化学療法や放射線療法による口内炎の痛みを軽減

(3)適用5分後から効果を発揮し、8時間効果が持続

(4)薬理作用を示す成分を含まない創傷被覆・保護材に区分される製品

(5)持ち運び可能な携帯型

(6)本品の使用による有害事象:嘔吐、悪心、適用部位不快感など

 

その他の詳細情報はエピシル口腔用液のWebサイトからご確認ください。

 

 

化学療法による口内炎に悩まれている方は、千葉県がん診療連携登録歯科医の

ビバ歯科までご相談くださいね。