新着情報

歯にも住所があるんです

こんにちは。ビバ歯科・矯正小児歯科です。

みなさん、下の数字をご覧ください。これらは何を表すと思いますか?

 

実はこれらの数字は私たちの歯の一部を表しています。しかも、全て同じ箇所の歯を表しているんです。

正確には「左下第一小臼歯」、「左下第二小臼歯」、「左下第一大臼歯」、「左下第二大臼歯」の4本を表しています(下図青丸の部位)。でも歯の同じ部位を表すのにどうしてこんなにも数字が異なるのか不思議ではないですか?今日は歯医者さんで毎日のように飛び交っている“歯式”のご紹介です。これがわかるとあなたも歯医者さんの言っている暗号が解読できるようになるかも?ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

そもそも歯式って何?

歯式と言ってもなかなか聞きなれない言葉ですよね。

歯式というのは歯の構成をあらわしたものです。もっと簡単に言えば「歯のはえている場所」を表している言葉です。いわゆる歯の住所ですね。歯医者さんに定期検診にいくと、「右上の3番ですね~」と言っているのを聞いたことがありませんか?これは上顎右側の前から3番目の歯、すなわち犬歯(下の図の赤丸)のことを指しています。

 

でもちょっと「アレ??」って思いませんか?何か違和感がありますよね。

そうです。上顎“”側と言っているのに、歯式の上顎“”側にありますね。実は歯式というのは通常と左右逆転しているのです。どうしてこんなややこしいことになるのでしょうか。

 

それは、歯式が患者様と対面して記入することを前提にしているからです。

歯医者さんから見て向かって右側の歯は、「患者様にとっては左側の歯」ですね。同様に歯医者さんから見て向かって左側の歯は、「患者様にとっては右側の歯」です。直観的に見て書きやすいこともあり、対面して見たままを記すようになっています。そのため、左右の逆転が起こるのですね。

 

私自身歯科業界に足を踏み入れるまでは歯式というものを詳しく知る由もなく、入社した当初は左右が逆なことに戸惑いました・・・。今では毎日目にするので慣れてはいますが、それでも患者様にとってそれが「右」か「左」かはとても重要なこと、しっかり指さし確認しています。

 

歯式の様々な表示方法

さて、歯式についてわかったところでそろそろ冒頭の数字についてお話したいところですが、あと少しだけ引っ張りますね(笑)

みなさん、下のような案内板見たことはありませんか?

そうです。動物園などで檻の前にある説明看板ですね。

 

よく見るとライオンには別名があることがわかります。日本では「ライオン」と呼びますが、英語圏では「Lion」、そして学術名称(世界共通の動物種名)では「Panthera leo:パンテラ レオ」と呼ばれています。もちろんこれらは、すべてあの百獣の王であるライオンを指します。

この動物名と同じように、歯式も国によって様々な表記の仕方があるのです。

 

それでは冒頭でお見せした数字を1つひとつ見ていきましょう!!

 

 

FDI方式

2桁の数字を用いて歯の位置を表しています。具体的には下の図のように顔を正面から見た状態で上下左右に1から4の数字を振って十の位とします。一の位には、歯の位置を前歯から順番に数えた数字を置いて1つひとつの歯の位置を表しています。つまり34,35,36,37というのは「3のグループ」ですから、向かって右下のグループです。これは患者さんにとっての「左下の前から数えて4番目、5番目、6番目、7番目の歯」を表しているのです。

このFDI方式は電子化にも便利なためドイツやイギリスなどヨーロッパを中心に使われてきました。

 

Universal方式

アメリカで使われている表記です。先のFDI方式とは異なる順に歯に番号を付けています。具体的には、右上の第三大臼歯(親知らず)から時計回りに番号を振り上の歯で1から16まで、そしてそのまま時計回りに左下の第三大臼歯(親知らず)から時計回りに17から32までを番号を振る方式です。

 

 

Zsigmondy – Palmer方式

日本をはじめ、韓国、中国など東アジアで使われている表記です。先述のFDI方式やUniversal方式では数字のみの表記だったのに対し、このZsigmondy – Palmer方式では縦線と横線も用いています。これは上下左右の位置を表すもので、視覚的に一目で歯の位置が判別できるのが利点です。しかし上下左右を4つのグループにわけてそれぞれ前から数えて1から8の番号を振っているため、単なる数字だけではその部位か不明確です。そのため縦線・横線の存在がとても重要になってきます。なお今回は左下の4番から7番までの歯を表していました。

今ご紹介したFDI方式、Universal方式、Zsigmondy – Palmer方式の歯式の黄色で塗りつぶした箇所をご覧ください。番号は違えどこれらは全て同じ歯を表しています。いずれも左下の前から4番目~7番目の歯を指しており、正式名称は前歯に近い方から「第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯」です。

 

いかがでしたか?国や地域によって様々な表記の仕方があり興味深いですよね。これを知っていると皆さんが歯医者さんに行ったときに、『あ、自分はここの歯が悪いのか~』などわかるので自分の体の状態を知るきっかけになるかもしれません。

ただ、どの表記方法なのかにより、全く違う部位を表すことになってしまいます。私たちは患者様の大切な歯を診る以上、「どの歯の」「何を」「どのように」治療していくのかがとても重要です。ビバ歯科スタッフ全員が声掛け確認をしながら治療に臨んでまいります。